【金券】クレジット決済で買えるもの【一覧】

 

この記事ではクレジット決済で買える金券について紹介しています。

 

商品券やギフト券といったプレゼントなどに最適な「金券」ですが、手持ちの現金が少ない時はクレジット決済で後払い購入できたら楽ですよね。

しかし残念ながら、金券購入時の支払い方法には「現金」が指定されるケースが多いです。

基本的に金券はこの現金払いオンリーであり、金券をクレジット決済で購入できない理由となっている。

クレジット決済で買える金券もありますが、そのような金券は限られており、個人で探すのには限界があるでしょう。

そこで今回まとめて解説するのがクレジット決済で購入できる金券です。

クレジット決済で購入する際の注意点や金券を購入できるカードブランドについても解説していきますので、これから金券をクレジット決済したい方は必見の内容ですよ。

ぜひ最後までお付き合いくださいませ。

クレジットカードで購入できる商品券については以下の記事でも解説しているのでチェック!カード払いに対応するネットショップも紹介しているゾ

クレジット決済で買える金券【一覧】

クレジット決済で買える金券を確認できた分だけすべて紹介していきます。

「売りたい人」向けに金券類の換金率も紹介していくゾ。

お金に困る方はこちらをチェックだ。

スピードワン

換金率は入金ベースで75~83.3%と業界最高水準。
交渉すればするほど高くしてくれるというウワサの業者さんです^^
カード決済は、海外経由なので利用停止の心配もなし。
高換金率、安心、スピードと三拍子そろった業者はいません。ゲンキンマンいちおしです!

エーキャッシュ

「98%!」とか、あり得ない数字でひきつけ、実際の入金額が70%以下、なんていう業者が多い中、はじめから入金ベースの換金率を80%と公言し、その通り実行してくれる現金化業者はすごく好感が持てます。
自力での現金化は利用停止リスクもあり、手間と時間もかかる。換金率が商品によってバラバラ。エーキャッシュなら商品を買う必要もなく即現金化で8割入金。利用停止の心配もなし。これでも自力で現金化しますか?^^

現金化堂

「100%ご成約主義」なので、成約するまで、換金率や送金時間を柔軟に調整してくれる優しい業者。ある意味、わがまま言い放題です!
85%換金率保証、初回利用で現金プレゼントは基本、交渉次第はそれ以上の条件を引き出せるという、ありえないクレカ現金化業者。
他のサイトと比較しても面白いかもしれません!
・名前・フリガナ・携帯番号・利用額、の4項目を入力するだけで申し込みは完了!
どこよりも簡単な申し込みが評価されています。

金券:『JCBギフトカード』

JCBギフトカードとは、JCBグループが発行し、全国のJCB加盟店で利用できる商品券のことです。

利用できる店舗が多く、人気のある商品券となっているよ。

JCBグループのようなカード会社が発行する、いわゆる「信託系商品券」となります。そのためか、クレジットカード決済での支払いにも対応しています

額面の種類 1,000円
5,000円
使えるブランド JCB(次の4ケタから始まるカード番号のもの)
・3540~3543
・3550~3553
・3573
・3580
購入場所 特設購入サイト上
換金率 90~98%

JCBギフトカードの買い方は以下の記事をご覧ください。

金券:『VISA(VJA)ギフトカード』

VISA(VJA)ギフトカードは日本国内におけるVISAブランドのメンバーである「VJA株式会社」が発行する商品券です。

JCBギフトカード同様にカード会社の発行する信託系商品券であり、利用可能店舗が多く人気があります。

額面の種類 1,000円
5,000円
使えるブランド Visa
Mastercard
※一部利用できないものもあるので注意
購入場所 特設購入サイト上
換金率 90~98%
VJA株式会社が2020年にMastercardブランドを展開する「オムニカード協会」の業務を継承したので、現在はMastercardブランドのクレジットカードでも購入が可能です。

金券:『UCギフトカード』

UCギフトカードはユーシーカード株式会社などUCブランド系のカード会社が発行する信託系商品券です。JCB・VISAが発行する商品券と同様に人気のある商品券となります。

額面の種類 500円
1,000円
5,000円
使えるブランド UC
購入場所 特設購入サイト上
換金率 90~98%

金券:『アメックス百貨店ギフトカード』

外資系カードブランド「アメックス」でも信託系商品券が発行されています。こちらは国内の百貨店と提携してアメックス百貨店ギフトカードと呼ばれる特殊な信託系商品券となります。

額面の種類 3,000円
5,000円
10,000円
20,000円
30,000円
50,000円
使えるブランド アメックス
購入場所 特設購入サイト上
換金率 90~98%

額面の種類が豊富であり、どちらかというと額面の金額は高額なのが特徴ですね。

加えて利用できる場所が「百貨店」ですので、百貨店で高価な買い物をされる方へのプレゼントとしても活用できるでしょう。

金券:『Amazonギフト券eメールタイプ』

Amazonが発行する有名な『Amazonギフト券』にもクレジット決済で購入できるものがあります。

それがAmazonギフト券Eメールタイプです。

このタイプはクレジット決済のみで購入できるギフト券タイプであり、デジタルコード部分のみが指定したEメールアドレスに届くといった商品となっています。

コンビニなどで購入できるものとは異なるね。

額面 15円~500,000円の間で自由に指定可能
使えるブランド JCB
Visa
Mastercard
アメックス
ダイナーズクラブ
銀聯
購入場所 Amazon上
PRAmazon
換金率 80~90%

額面は自由に指定できて、Amazonでの買い物と同様の手続きで購入することができます。

信託系商品券とは異なり、様々なカードブランドでの購入に対応しているのも特徴ですね。

金券:『iTunesギフトコード(Eメールで贈る)』

Amazonギフト券eメールタイプと似ていますが、こちらもクレジット決済で購入後、指定したメールアドレス宛にコードが届くギフト券となっています。

額面 1,000円~50,000円で自由に指定可能
ブランド JCB
Visa
Mastercard
アメックス
ダイナーズクラブ
購入場所 特設購入ページ上
換金率 80~90%

相手がApple製品ユーザーの場合は喜ばれるかも知れませんね。

金券:『JTBトラベルギフト』

JTBトラベルギフトは「JTB」が発行する、額面自由指定式の商品券(旅行券)となっています。

額面 5,000~50万円で額面自由指定
ブランド JCB
Visa
Mastercard
アメックス
購入場所 インターネット上で注文
換金率 90~95%

JTBグループ店舗やJTBの総合提携店などで利用できますので「あの人には旅行を楽しんでもらいたい」といったプレゼントシーンに最適でしょう。

金券:『おこめ券』

おこめ券は全米販が発行する全国の米屋・スーパーなどで米と引き換えできる商品券です。

クレジット決済は他社の「決済代行サービス」を利用しているとのことなので、多様なカードブランドのクレジットカードでクレジット決済できます。

額面 500円
ブランド 株式会社ゼウスの決済代行サービス
を導入しているとのこと
ゼウスの決済代行サービスでは、
VISA
Mastercard
JCB
アメックス
Diners
といったブランドに対応している
購入場所 特設購入サイト上
換金率 90~95%

金券は買いすぎに注意!カード利用停止もあり得る

金券はクレジット決済で容易に購入できるものもあります。

しかしながら「買いすぎ」は注意すべきです。

金券は高く売れやすい商品として有名で、換金率が高い商品であることは分かりました

このような金券の短期大量購入や高額金券の複数回購入は、カード会社に「現金化に繋がる規約違反行為」とみなされるケースが多いです

 

最悪カードを止められてしまう可能性もある。

このように、現金化を疑われるリスクもあるので贈答品の購入を目的としているのであれば一度の購入で必要な金券を購入してしまうことをお勧めします。

また、現金化目的で金券を購入する場合、1種類の金券だけではなく、この記事で紹介した金券を偏りなく複数種、複数回に分けて購入して現金化することで対処できると考えられます。

それほどまでに警戒しなければカードを止められてしまうリスクがある現金化の方法となりますので注意しましょう。

カード会社への言い訳は以下の記事をチェック!

「贈答」以外の使い道も?金券のクレジット決済が金策になるワケ

金券といえば「プレゼント」や「贈答品」といったイメージが強いですが、クレジット決済で購入した金券をそのまま「金券ショップ」などで換金するとショッピング枠を換金できます。

このようにしてショッピング枠を換金することで、お金に困った際の金策とする方法も「クレジットカード現金化」として知られています。

金券は高く売れるので現金化に利用されやすい商品となっているね。

しかしながら、先ほど紹介したようにクレジット決済での金券の購入には「買いすぎ」による利用停止リスクがつきものです。

カード会社は利用履歴から現金化行為を検出するので、履歴上には代行業社名しか残らない「決済代行サービス」を利用した現金化方法などによって対策がとられることもあります。

その方法の1つが「現金化サービス」です。

この現金化サービスはショッピング枠の現金化を専門としたもので「ネット上で手続きして指定口座に現金が振り込まれるのを待つだけ」といった文言でサービスが提供されていることが多いです。

余ったショッピング枠を換金できるので緊急時の金策とする方もいる。困った際の金策が現金化サービスだ。

スピードワン

カード利用停止になりづらいスピードワンの秘密は、カード決済システム。
海外経由での決済、しかも毎月数十億円の決済の中にスピードワン利用分が紛れますので、カード会社も「現金化利用」と判別できません。
実は、自力で現金化するより、現金化業者を利用したほう利用停止になりづらいって知ってましたか!?安心で選ぶなら、スピードワン一択!
換金率も入金ベースで75~83.3%と業界最高水準。
とにかく入金が早いので、一度相談してみてはいかがでしょうか。

エーキャッシュ

エーキャッシュ安心感は、80%の固定換金率制度。
サイトで入金ベースの換金率を80%と公言し、その通り実行してくれる優良業者です。
そしてエーキャッシュの決済システムも俊逸。
数億円単位の決済の中に「現金化利用分」が紛れ込みますので、利用停止事故0を継続中!
商品の納品もメールなので、非常にお手軽♪
主婦など、家族に内緒の利用では「宅配が届かない」というのは非常に安心感があります。

現金化堂

「100%ご成約主義」なので、成約するまで、換金率や送金時間を柔軟に調整してくれる優しい業者。安心感が違います!
・名前・フリガナ・携帯番号・利用額、の4項目を入力するだけで申し込みは完了!
・85%換金率保証
・初回利用で現金プレゼント
など、優良店としてすばらしい運営を行っています。

まとめ

クレジットカード決済で購入できる金券には以下のようなものがありました。
  • 『JCBギフトカード』
  • 『VISA(VJA)ギフトカード』
  • 『UCギフトカード』
  • 『アメックス百貨店ギフトカード』
  • 『Amazonギフト券eメールタイプ』
  • 『iTunesギフトコード(Eメールで贈る)』
  • 『JTBトラベルギフト』
  • 『おこめ券』

信託系商品券の他、eメール発行型のギフト券、旅行券や決済代行サービスを利用した商品券などがカード決済購入できる金券の特徴であることが分かりました。

今回紹介した内容がみなさまのお役に立てれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました