【クレジットカード現金化】悪質業者?専門家が実態に迫る

この記事ではクレジットカード現金化で悪質業者の存在が気になる方に向けて、クレジットカード現金化の専門家「ゲンキンマン」が悪質業者の実態について解説していています。

ネット上にはクレジットカード現金化を専門とする業者が提供する「クレジットカード現金化サービス」が存在する。こちらはネット上に多数存在し、その実態には「不透明さ」があるな

そのため、中には「悪質業者」の存在を心配したり、悪質業者の「ウワサ」をきいたことがあると思う!そこで今回はみなさんに正しい実態を把握して欲しい!

早急にかつカードを止められることなく現金が欲しい方のニーズに合わせた人気のサービスが「クレジットカード現金化サービス」…。

クレジットカード現金化の申込みから現金支払いまでのステップをひとつの業者で完結させることで、スピーディなクレジットカード現金化を実現したサービスで、カード利用履歴上でも業者とのやり取りしか残らず、クレジットカード現金化を疑われる余地はありません

クレジットカード現金化専門業者が提供するサービスを利用すれば、クレジットカードをすぐに安全にクレジットカード現金化できるということが分かりますが、ひとつ懸念すべきポイントがあります。

クレジットカード現金化業者には「悪質業者」もいるかもしれない・・・

悪質業者の存在は事実です。そのような業者によって被害に遭われる方が存在するのも事実です。

そのため、ここから知って欲しいポイントはそのような「悪質業者に引っかからないための知識」です。

まずは悪質業者の特徴・手口から解説していきます。

詐欺同然?クレジットカード現金化の「悪質業者」の特徴・手口

よくある悪質業者の特徴・手口を3つ紹介します。実態を把握していきましょう。

特徴・手口1:「手数料」が高額

クレジットカード現金化業者はビジネスなので「儲け」を得ようとします。そのため、クレジットカード現金化には必ず「手数料」がかかります。

クレジットカード現金化した際にかかる手数料と手元に戻る現金の総額から「レート」を割り出したものを「換金率」「還元率」と呼びます。

通常の現金化業者であれば換金できるのは額面の8割~9割(換金率・還元率)であり、手数料は1割~2割となります。出資法と呼ばれる法律があり、一度に2割以上の手数料を取ることはできません。

しかし、悪徳業者の場合はクレジットカード現金化したい金額の2割を超える高額な手数料を請求してきます。そのため、詐欺的な手法でカード利用者に大きな負担を強いてしまうきっかけともなるとされています。

例えば、手数料が「5割」と2割を超える悪徳業者の場合、10万円のショッピング枠を利用して5万円の現金を手にできますが、金額の2割である2万円を3万円もオーバした5万円を支払う必要があります。

このような業者は手数料を安く見積もっておき、クレジットカード現金化の契約が成立してから高額な手数料を請求するケースがある。

このような業者を見分けることは難しいけどリピーターがいない「利用者が少ない業者を利用しないこと」を心がけることで回避できるよ

特徴・手口2:入金されなくなったり連絡が取れなくなる

クレジットカードでの決済後に連絡すると言われたのにもかからず現金が振り込まれないなど「詐欺」のようなケースもあります。

また、クレジットカード現金化の契約を解約をしようとすると高額な「キャンセル料」を上乗せされて請求をされた事例やキャンセルをしたのにも関わらず「口座引落」された事例もあるとされています。

このような業者も事前に見分けることが難しいが、リピーターの多さと口コミの低評価などを確認することである程度見分けられるよ。

特徴・手口3:クレジットカードに関する個人情報の取得

クレジットカードで不正に個人情報を取得するような悪質業者も存在します。カード決済には不必要な個人情報も要求してくるので、そのような場合は無視してカード情報を絶対に教えないようにしてください。

特徴・手口4:キャンセル料を請求される

クレジットカード現金化の取引を途中で止めようとキャンセルを連絡するとキャンセル料を請求されることも少なくありません。

悪質業者の特徴としてこのキャンセル料の請求がありますが、実はこのキャンセル料、払わなくてもOKです

キャンセル料は法律で買い手が見つかるまでに時間がかかるようなサービスや、キャンセルされたことで出る損害が大きいような取引を中心に設定できる料金です。

クレジットカード現金化のような売買取引では、キャンセルされても他に買い手が見つかりやすいので、キャンセル料を設けるのは不当であり、キャンセル料を設定しても無効になります。

なのでキャンセル料といわれても無視でOKなのです。

特徴・手口5:暴言・恫喝

悪質業者はとにかく接客態度が悪いです。電話口や店頭現金化サービスなら対面で、暴言や恫喝を受ける傾向があります

試しに電話をかけて現金化できる金額を聞いてみて「こいつ態度悪いな」と感じたらすぐに利用をやめてください。
すでに取引を始めてる場合はすぐに取引をキャンセルしましょう。キャンセル料はもちろん無視です。

詐欺業者は多い…。安定の業者を利用すれば

クレジットカード現金化優良店の見分け方

これまで紹介してきた内容から、悪質業者の行っている行為は詐欺であり、なんとしてでも優良店を見分ける必要があります。優良店を見分けるためのコツ特徴や見分け方は以下の4つです。

  • 業者選び1:グーグル検索で検索上位に来ている
  • 業者選び2:「運営会社情報」を確認
  • 業者選び3:電話での接客対応
  • 業者選び4:口コミや体験談の「低評価」がある

上記の4つである程度悪質業者を見分けることができます。詳しくは以下の記事で解説していきますので一度確認しておきましょう。

安定して使えるクレジットカード現金化サービスを見つけよう!

現金化堂

「100%ご成約主義」なので、成約するまで、換金率や送金時間を柔軟に調整してくれる優しい業者。安心感が違います!
・名前・フリガナ・携帯番号・利用額、の4項目を入力するだけで申し込みは完了!
・85%換金率保証
・初回利用で現金プレゼント
など、優良店としてすばらしい運営を行っています。

クラッチ

クラッチ安心感は、80%の固定換金率制度。
サイトで入金ベースの換金率を80%と公言し、その通り実行してくれる優良業者です。
そしてクラッチの決済システムも俊逸。
数億円単位の決済の中に「現金化利用分」が紛れ込みますので、利用停止事故0を継続中!
商品の納品もメールなので、非常にお手軽♪
主婦など、家族に内緒の利用では「宅配が届かない」というのは非常に安心感があります。

悪質業者に万が一騙されてしまった際の対処法【確実】

気をつけていても悪質な業者に騙されてしまう可能性もあります。そのような場合は以下の相談窓口で「悪質業者に騙された」と相談しましょう。

消費生活センターでは、商品やサービスなど消費生活全般に関する苦情・相談などを専門の相談員が受け付け、解決・対処に導きます。

クレジットカードに関する相談も受け付けていますので安心して利用できますので最悪の場合、消費生活センターに相談しましょう。

業者を使わないクレジットカード現金化もある

業者を使わないクレジットカード現金化方法もあります。

現金化は自力で行うこともできるんだ。商品券などを適量カード決済購入し、リサイクルショップで換金するだけだ。詳しいことは以下の記事をチェック!

また、「大黒屋」をご存じでしょうか。大黒屋は全国に多数店舗を展開する大手ブランド系買取業者です。「質大黒屋」などとも呼ばれ、質入れにも強いリサイクルショップとなっています。

このようなリサイクルショップを使ってクレジットカードを現金化できれば安心ですよね。実は現金化する方法があります。

以下の記事では大黒屋でのクレジットカード現金化について詳しく解説していくヨ!

まとめ

今回は悪質業者の特徴・手口、適切な対処方法と優良店の見分け方を中心に紹介してきました。適切な方法で行えばクレジットカード現金化も安全で便利な金策となります。

ぜひこの記事を参考に安全に現金を準備していただければと思います。

現金化するならば最速の「現金化サービス」!自力での現金化の「利用停止」「遅さ」を克服したサービスだ!すばやく現金を用意しよう!

現金化堂

「100%ご成約主義」なので、成約するまで、換金率や送金時間を柔軟に調整してくれる優しい業者。ある意味、わがまま言い放題です!
85%換金率保証、初回利用で現金プレゼントは基本、交渉次第はそれ以上の条件を引き出せるという、ありえないクレカ現金化業者。
他のサイトと比較しても面白いかもしれません!
・名前・フリガナ・携帯番号・利用額、の4項目を入力するだけで申し込みは完了!
どこよりも簡単な申し込みが評価されています。

クラッチ

「98%!」とか、あり得ない数字でひきつけ、実際の入金額が70%以下、なんていう業者が多い中、はじめから入金ベースの換金率を80%と公言し、その通り実行してくれる現金化業者はすごく好感が持てます。
自力での現金化は利用停止リスクもあり、手間と時間もかかる。換金率が商品によってバラバラ。クラッチなら商品を買う必要もなく即現金化で8割入金。利用停止の心配もなし。これでも自力で現金化しますか?^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました