クレジットカード現金化とは?利用目的は?なぜ厳禁【解説】

 

この記事では「クレジットカード現金化」の意味について解説しています。

  • クレジットカード現金化とは何か
  • 意味・仕組み
  • 目的・用途
  • メリット・デメリット(リスク)
  • クレジットカード現金化の方法

クレジットカード現金化の意味からやり方まで押えていきましょう。

借金ができないならクレジットカードの「現金化」がおすすめ!その理由を解説していくゾ!

「現金化をしても良いのか」「しても良いならどうやって現金化するのか」について解説するゾ!

クレジットカード現金化とは?現金化の利用目的

クレジットカード現金化とは、カードの利用枠「ショッピング枠」を換金して現金を調達する方法です。

クレジットカード現金化の利用目的(利用シチュエーション)は主に「現金でしか払えない状況」に対応するためと思われます。

現在はキャッシュレス化が進んでいるが、以下の支払いにはいまだに現金でしか払えない。

  • 公共料金の支払い
  • 病院
  • 借金返済
  • 住民票等各種証明書の発行にかかる手数料
  • 学費
  • その他現金でしか払えない商品・サービス等

「手持ちや口座にもう現金がない」という時に、こうした現金支払いのみに対応するものをクレジットカード現金化で対処できるんだ

これがクレジットカード現金化の利用目的だね。

キャッシングの場合「審査」が必要なので審査に通らないという方やキャッシング枠を使い切ってしまった方は利用できません。

クレジットカード現金化は「審査なしで現金不足を間に合わせる」というのが目的です。

クレジットカード現金化=カード利用なのでカード利用代金の引落日までに利用分を用意しておきましょう。

クレジットカード現金化なら「現金化専門サービス」!

現金化堂(クレジットカードのみ)

「100%ご成約主義」なので、成約するまで、換金率や送金時間を柔軟に調整してくれる優しい業者。ある意味、わがまま言い放題です!
85%換金率保証、初回利用で現金プレゼントは基本、交渉次第はそれ以上の条件を引き出せるという、ありえないクレカ現金化業者。
他のサイトと比較しても面白いかもしれません!
・名前・フリガナ・携帯番号・利用額、の4項目を入力するだけで申し込みは完了!
どこよりも簡単な申し込みが評価されています。

クラッチ(クレジットカードのみ)

「98%!」とか、あり得ない数字でひきつけ、実際の入金額が70%以下、なんていう業者が多い中、はじめから入金ベースの換金率を80%と公言し、その通り実行してくれる現金化業者はすごく好感が持てます。
自力での現金化は利用停止リスクもあり、手間と時間もかかる。換金率が商品によってバラバラ。クラッチなら商品を買う必要もなく即現金化で8割入金。利用停止の心配もなし。これでも自力で現金化しますか?^^

クラッチ(後払いアプリ専用)

入金額で80%確定で有名なクラッチの後払いアプリ専用サイト。
後払いアプリでも80%を口座に振り込んでくれる優良な現金化業者さんです。
実際の換金率は問い合わせてみないと分からないので、様々な業者に問い合わせるのは非常に手間。
そんな中、はじめから80%と公言し、その通り送金してくれる業者さんは大変ありがたい!

クレジットカードを現金化できる仕組みと具体的な方法

クレジットカード現金化ができる仕組みを簡単に説明すると「カード決済で買った商品を売る」ということになります。手順を見るとさらに理解が深まります。

クレジットカード現金化できる仕組みと手順

クレジットカード現金化の手順
  • STEP1
    カード決済で商品購入
    クレジットカード決済の「ショッピング枠」で商品を購入。ショッピング枠は普段のカード利用で使う利用限度額のこと。
  • STEP2
    商品を換金
    買取業者等でクレジットカード決済で購入した商品を買い取ってもらい、換金。
  • STEP3
    ショッピング枠換金完了
    ショッピング枠で購入した商品が換金されれば、ショッピング枠の換金は完了

上記のようにしてショッピング枠を換金していくことで現金を準備できます。現金化の方法は大きく2つに分けられます。

  • 方法①:カード決済で購入した商品を買取業者で買取依頼
  • 方法②:専門の「クレジットカード現金化サービス」を利用

ここで知りたいのは「具体的にどのような方法なのか」というポイントですよね。ここからは上記の方法について解説していきます。

方法①:カード決済で購入した商品を買取業者で買取依頼

カード決済で購入した商品を買取業者に売ればすぐにクレジットカード現金化できます。いわゆる「(現金化専門の)業者を使わない」クレジットカード現金化です。

詳しくは上記の記事で解説しますが、主に以下のような方法があります。

  • 方法①:「新幹線回数券」でクレジットカード現金化
  • 方法②:「プリペイドカード」でクレジットカード現金化
  • 方法③:「家電製品」でクレジットカード現金化
  • 方法④:「ブランドアイテム・貴金属類」でクレジットカード現金化
  • 方法⑤:「リサイクルショップ・質屋」でクレジットカード現金化
  • 方法⑥:「メルカリ」でクレジットカード現金化
  • 方法⑦:「商品券」でクレジットカード現金化
  • 方法⑧:「Amazon」でクレジットカード現金化

自力でのクレジットカード現金化は換金率が高く、優良業者も多いので詐欺に遭うリスクも減らせるのですが、カード会社に目を付けられやすくなり、時間や手間がかかるのがネックです。

方法②:専門の「クレジットカード現金化サービス」を利用

「クレジットカード現金化サービス」とは現金化を専門としたサービスで、自分で商品を購入したり買取の手続きをする手間を省いて、ショッピング枠を直接換金できます。

クレジットカード現金化を専門としているので、現金化の手続きはテンポよく進み、カード会社によるカードの監視にも配慮されているのでカードも止められにくいです。

ただし、手数料が高く、業者はしっかりと選ばないと悪質業者に引っかかりトラブルに巻き込まれる可能性もあります

業者さえ選べばOK!クレジットカード現金化専門サービスを使おう!

現金化堂(クレカ○、アプリ✕)

「100%ご成約主義」なので、成約するまで、換金率や送金時間を柔軟に調整してくれる優しい業者。安心感が違います!
・名前・フリガナ・携帯番号・利用額、の4項目を入力するだけで申し込みは完了!
・85%換金率保証
・初回利用で現金プレゼント
など、優良店としてすばらしい運営を行っています。

クラッチ(クレカ○、アプリ✕)

クラッチ安心感は、80%の固定換金率制度。
サイトで入金ベースの換金率を80%と公言し、その通り実行してくれる優良業者です。
そしてクラッチの決済システムも俊逸。
数億円単位の決済の中に「現金化利用分」が紛れ込みますので、利用停止事故0を継続中!
商品の納品もメールなので、非常にお手軽♪
主婦など、家族に内緒の利用では「宅配が届かない」というのは非常に安心感があります。

クラッチ(クレカ✕、アプリ○)

クラッチ安心感は、80%の固定換金率制度。
その安心感はそのまま、後払いアプリ専用サイトができました!
もちろん、換金率は入金ベースで80%!
申し込めばスムーズに80%を送金してくれます。
後払いアプリのサービスもメジャーになってきましたのでありがたいサイトですね^^

クレジットカード現金化のメリット・デメリットとは

クレジットカードを現金化するならばメリットとデメリットを知っておくべきです。重要なものをチョイスしてご紹介します。

現金化のメリット(利用目的)

メリットを3つ厳選して紹介します。

メリット①:利子が存在せず、換金率100%も可能

クレジットカードのショッピング枠には利子が存在しません。そのため、利用した分をそのままカード会社に遅滞なく返済すれば大丈夫ですよね。

実はショッピング枠で購入した商品によっては購入金額の100%以上で換金することも可能です。仮にできれば損失は一切なくなります。

つまり、タダでお金を借りることでできるということです。

メリット②:返済先は「カード会社」で「審査」は不要

クレジットカード現金化は現金を引き出せる便利な方法ですが、元々はカードのショッピング枠部分です。そのため、利用した分を返す先は「カード会社」となります。

普段通りにカード会社の自動引落を待つだけですので消費者金融を利用するよりは気楽に返済することができます。

メリット③:必要なものは「クレジットカード」と「身分証」だけ

現金化に必要なものはクレジットカードと商品を売る際に利用する身分証だけです。面倒な審査書類や利用条件は一切必要ありません。

カード決済で商品を購入して売るだけという手軽さも現金化の魅力だな。

現金化のデメリット(リスク)

メリットがあればデメリットもあります。これから紹介するポイントを利用して現金化に挑戦してみてくださいね。

デメリット①:換金率は上下する

クレジットカード決済の商品は必ずしも高く売れるわけではありません。安く売れやすい商品を購入してしまえば現金化できるレートである「換金率」は低くなります。

また、高く売れやすい商品を購入しても売り方や買取業者の査定スタッフによって査定金額が安くなることもなります。このように換金率は一定ではありませんのでご注意ください。

一定のレートで現金化したいならば現金化業者の現金化サービスを利用しよう。

デメリット②:「業者」の中には違法な悪質業者もいる

自力でクレジットカード現金化をしない場合、現金化業者を頼ることになります。しかし、業者の中には違法行為を平気で行う悪質な現金化業者も存在し、詐欺に遭うリスクがあります。

現金化自体には違法性はありませんが、こういった業者は「違法」ですので下記の記事を参考に業者の「見極め」を行いましょう。悪質業者は利用しない工夫が大切です。

デメリット③:カードの利用停止リスクがある

クレジットカード現金化はカード会社の会員規約違反行為です。そのため、カード会社の不正監視システムに引っかかり、カード会社から確認の電話がかかってくる可能性があります。

利用停止リスクについては下記の記事で詳しく解説していますので現金化の前に一度チェックしておきましょう。

「クレジットカード現金化は厳禁」は本当?

ネット上でもカード会社公式の警告ページが多数存在しますが、クレジットカード現金化はカード会社側に禁止されています。そのため、クレジットカード現金化をすればカード会社の利用規約違反です。

利用規約違反で厳禁とは言われていますが、利用規約違反とする根拠は不明です。

よく規約違反とする理由に「カード会員が悪質業者に遭わないようにするため」というものがあげられますが、悪質業者の場合、そもそもカード会員は被害者であり、カード会員を罰する理由にはなりません

恐らくは「詐欺罪に加担しているため」というのが正解です。

クレジットカード現金化業者はカード会社に対する詐欺罪が成立するとして利用者もそれに加担しているとみなせるという理屈がかつては語られていました。実際に業者側(利用者側ではない)に逮捕例もあります。

しかし、今現在では逮捕例が存在せず、クレジットカード現金化が厳禁ではなく、むしろ黙認されている状況にあります。

その理由は、業界人によると、クレジットカード現金化の利用目的には冒頭で述べたように「借金返済のため」も多く、貸金業者からすれば「現金化してでも返してほしい」というのが本音のようです

このような背景があるためか、金融庁も厳しく取り締まる姿勢を見せていませんそのため、警察もかつてのように動かないのでしょう

結論として「クレジットカード現金化は形式上、厳禁とされているが、黙認されているのが現状」となる。

まとめ

クレジットカード現金化とは、カードの利用枠「ショッピング枠」を換金して現金を調達する方法のことでしたね。そのクレジットカード現金化の意味は「手軽に現金を引き出せること」にありました。

この現金化には現金化サービスや業者を使わない現金化がありますが、特に現金化サービスを利用する場合は悪質業者にご注意ください。

不安な場合はこの記事で紹介した内容を思い出しながら現金化してみてね。

即日現金化には「クレジットカード現金化サービス」がおすすめだ!安定した換金率で早く現金が欲しいなら現金化サービスがおすすめ!

現金化堂(クレジットカードのみ)

「100%ご成約主義」なので、成約するまで、換金率や送金時間を柔軟に調整してくれる優しい業者。ある意味、わがまま言い放題です!
85%換金率保証、初回利用で現金プレゼントは基本、交渉次第はそれ以上の条件を引き出せるという、ありえないクレカ現金化業者。
他のサイトと比較しても面白いかもしれません!
・名前・フリガナ・携帯番号・利用額、の4項目を入力するだけで申し込みは完了!
どこよりも簡単な申し込みが評価されています。

クラッチ(クレジットカードのみ)

「98%!」とか、あり得ない数字でひきつけ、実際の入金額が70%以下、なんていう業者が多い中、はじめから入金ベースの換金率を80%と公言し、その通り実行してくれる現金化業者はすごく好感が持てます。
自力での現金化は利用停止リスクもあり、手間と時間もかかる。換金率が商品によってバラバラ。クラッチなら商品を買う必要もなく即現金化で8割入金。利用停止の心配もなし。これでも自力で現金化しますか?^^

クラッチ(後払いアプリ専用)

入金額で80%確定で有名なクラッチの後払いアプリ専用サイト。
後払いアプリでも80%を口座に振り込んでくれる優良な現金化業者さんです。
実際の換金率は問い合わせてみないと分からないので、様々な業者に問い合わせるのは非常に手間。
そんな中、はじめから80%と公言し、その通り送金してくれる業者さんは大変ありがたい!

コメント

タイトルとURLをコピーしました