クレジットカード現金化は安全?【これで怖くない】

 

この記事ではクレジットカード現金化が安全かどうかについて解説しています。

「最近クレジットカード現金化を知ったが、試す前に安全かどうか知りたい」と思っているだろう。クレジットカード現金化が安全なものなのか、リスクはないのかが知りたいところ

今回のテーマはクレジットカード現金化の安全性です。

安全に現金化する方法を紹介しますので初めて現金化に挑戦する方はぜひご参照ください。

安全なクレジットカード現金化の仕組み【基本】

まずは現金化の仕組みから押えておきましょう。現金化の基本なのですでにご存じの方は次章へとお進みください。

その1:自分でする(業者を使わない)クレジットカード現金化

クレジットカード現金化は業者を使わず、自分ですることができます。仕組みは簡単でカード決済で購入した商品をリサイクルショップで買取依頼して換金するだけです。

利用するのも「カード決済で商品を購入する際に利用する店舗」「リサイクルショップ」だけとなりますので、近所の店舗で自力で現金化できますし、現金化業者を利用する必要もありません。

詳しい流れは以下の記事をチェック!

その2:「現金化業者」を利用したクレカ現金化

自分で現金化するとなると、スムーズに現金化できずに現金の準備が遅れてしまう恐れもあります

すぐに現金が欲しい方は、クレジットカードの現金化を専門とした現金化業者を利用して即日で現金を準備していきましょう。

現金化業者の仕組みは自力で現金化する場合と同様で、業者に指定された換金用の商品を事前にカード決済購入し、現金化業者の店舗に売りに行くというものです。

ネット上でもできるサービスであり、現金化までの流れがひとつの業者で完結しているのでスムーズな対応が可能であり、即日現金化も可能です。

現金化するなら現金化サービスも利用していこう!

スピードワン

カード利用停止になりづらいスピードワン♪
その秘密は、カード決済システムにありました。
スピードワンが使っている決済は、日本の中でも有数な決済代行会社。
毎月数十億円も決済している中に、スピードワン利用分が紛れますので、カード会社も「現金化利用」と判別できません。
実は、自分で買って売って現金化するより、現金化業者を利用したほう利用停止になりづらいって知ってましたか!?
安心で選ぶなら、スピードワン一択!
換金率も入金ベースで75~83.3%と業界最高水準。
とにかく入金が早いので、一度相談してみてはいかがでしょうか。

エーキャッシュ

エーキャッシュ安心感は、80%の固定換金率制度。
サイトで入金ベースの換金率を80%と公言し、その通り実行してくれる優良業者です。
そしてエーキャッシュの決済システムも俊逸。
数億円単位の決済の中に「現金化利用分」が紛れ込みますので、利用停止事故0を継続中!
商品の納品もメールなので、非常にお手軽♪
主婦など、家族に内緒の利用では「宅配が届かない」というのは非常に安心感があります。

クレジットカード現金化は違法?逮捕は?

仕組みが分かったところで現金化の安全性を見ていきましょう。まずは気になる現金化と法的な問題の有無についてです。

クレジットカード現金化行為には違法性はない

クレジットカード現金化をする側には違法性はありません。クレジットカード現金化の仕組みはカード決済で購入した商品の換金です。違法性はありません。

問題があるのは現金化サービスを提供する「現金化業者」の方です。

中古品の買取に必要な「古物商免許」の無所持や出資法上の「高額金利の貸付行為」「詐欺罪」などに該当する悪質業者が問題視されています。

詳しくは以下の記事をご参照ください。

逮捕されるのは「業者」の方

2011年8月に警視庁が都内の貴金属販売会社の元代表がクレジットカードのショッピング枠を「キャッシュバック式」で現金化するサービスを提供したとして出資法違反(高金利)で逮捕されています。

キャッシュバック式の現金化サービスは、現金化業者が販売する商品をクレジットカード決済で購入し、高額な現金キャッシュバックを指定口座に振り込むというもの。

この業者の問題点は、顧客がカード決済購入した商品の中身を知らせなかったことや、取引金額が商品価格よりも極端に高額なこと(商品価格が数百円程度なのに、取引金額が数百万円)など、通常の商取引からあまりにも逸脱していることです。

もちろんすべての現金化業者がそのような違法業者というわけではありません。現金化する側には問題はありませんが、このような違法業者は避ける必要があります。安全な現金化は可能です。

クレカ現金化の手数料と換金率について

クレジットカード現金化には「手数料」がかかります。例えばカードのショッピング枠のうち、10万円を現金化する場合を考えてみます。

現金化の際に重要なのは商品がいくらで売れるかという点です。10万円分の商品を購入しても、10万円以下で売れると損をします。そのため、なるべく購入金額から落とされない工夫が必要です。

100,000円分の商品を換金
換金率 換金する際に手数料
90% 10,000円
80% 20,000円
70% 30,000円

上記の表の通り、換金率が高いほど手数料が安いということなので、手元に還ってくる現金の額が増えます。

つまり、換金率がなるべく高いリサイクルショップや現金化業者を選ばないと手元に還ってくる現金の額が減ってしまうので注意しましょう。

ただし、80%を下回るようであれば損失の額が増えますので最低限80%超え、90%超えの換金率を狙って現金化をしていきましょう。

疑われた?利用停止リスクと悪徳業者の詐欺リスク

クレジットカード現金化はカード会社の会員規約違反です。そのため、クレジットカード現金化をすると現金化を疑われるケースもあります。

ゆえに、「ある日突然、カード会社から確認の電話がかかってきた」という例は実際にあります。

確認の内容は「〇〇という商品を購入されたようですが、購入目的を教えてください」というものです。購入目的を説明できない場合、カード現金化とみなされ、カードを止められるリスクがあります。

無事に現金を準備するためにも以下の記事を参考に現金化を疑われない工夫をしていこう!

また、詐欺行為を行うような悪質な業者も存在します。以下の記事を参考にして悪質な業者の特徴や手口を起きましょう。

カード会社や各省庁が奨める方法でもデメリットはある

金融庁、消費者庁など国の各省庁は「銀行カードローン」や「消費者金融カードローン」「信販会社カードローン」といったカードローンをおすすめする場合もあります。

しかし、このような貸付けは総じて「利息の支払いに追われる」というデメリットがあり、支払いに遅れれば遅延損害金が発生するケースも少なくありません。

これに対してクレジットカード現金化の場合、カードローンなどの利息部分にあたる手数料は商品を換金する際に一度に支払われます。換金時に支払っていますので、利息の支払いに追われ、落ち着きのない日々を過ごすことはありません

まとめ:クレカ現金化で安全に現金を準備する方法

クレジットカード現金化は現金化業者を利用することもできますが、自力で業者を使わない方法でも可能です。

安全に現金化するためには、現金化業者の利用を避けて自力での現金化をおすすめしますが、現金化に時間がかかったり移動費がかかったりと何かとコストがかかります。

また、現金化業者を利用する場合、安全ではないわけではありません。悪質な業者を利用しなければ詐欺に遭うリスクは小さくなります。

大切なのは現金化業者の選び方です。優良店舗を選ぶためにはコツがありますので、下記の記事を参考にして現金化業者選びをマスターしていきましょう。口コミのチェックも重要ですよ。

現金化業者を利用するなら安全な方法を押えてから現金化していこう!

スピードワン

カード利用停止になりづらいスピードワン♪
その秘密は、カード決済システムにありました。
スピードワンが使っている決済は、日本の中でも有数な決済代行会社。
毎月数十億円も決済している中に、スピードワン利用分が紛れますので、カード会社も「現金化利用」と判別できません。
実は、自分で買って売って現金化するより、現金化業者を利用したほう利用停止になりづらいって知ってましたか!?
安心で選ぶなら、スピードワン一択!
換金率も入金ベースで75~83.3%と業界最高水準。
とにかく入金が早いので、一度相談してみてはいかがでしょうか。

エーキャッシュ

エーキャッシュ安心感は、80%の固定換金率制度。
サイトで入金ベースの換金率を80%と公言し、その通り実行してくれる優良業者です。
そしてエーキャッシュの決済システムも俊逸。
数億円単位の決済の中に「現金化利用分」が紛れ込みますので、利用停止事故0を継続中!
商品の納品もメールなので、非常にお手軽♪
主婦など、家族に内緒の利用では「宅配が届かない」というのは非常に安心感があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました