メルカリでクレカ現金化する方法を本気で考える【違法性は?】

 

この記事ではメルカリで現金化する方法を考えて解説していきます。

スマホから利用できるフリマアプリ『メルカリ』を利用して、手軽にクレジットカードの利用枠を現金化できる!と思いつく方もいるかもしれませんね。この記事を見つけた方はそのような方でしょう。

実際にやってみようと思っても、メルカリに不慣れだとどこからとっつけばいいのかわかりにくいですよね。そもそもメルカリを使ったことがない方もいると思います。

しかし、「メルカリでの現金化で逮捕された」という話も聞いたことはありませんか?このままでは不安が残るままでしょう。

そこで今回考えていくのが「メルカリを利用したクレジットカード現金化の方法」と「メルカリ現金化の違法性」です。こちらの内容をわかりやすく解説していきたいと思います。

この記事を読み進めていく前に以下の記事で現金化の仕組みをおさらいしておくとさらに理解が深まるよ!

メルカリでクレジットカード現金化をする方法

メルカリでクレジットカードを現金化する方法は以下の3つが考えられます。

  • 方法1:いわゆる「自演」でクレジットカードを現金化
  • 方法2:カード決済で購入した商品をメルカリに出品
  • 方法3:メルカリでカード決済購入した商品を専門店で買取依頼

以上のように3つの方法があって悩むと思うので、それぞれの方法のメリット・デメリットを解説しながら、やり方を解説していきます。

メルカリを利用したことがない方にもわかりやすく解説していくゾ!

方法1:いわゆる「自演」でクレジットカードを現金化

「自演」とは、メルカリのアカウントを2つ用意して、片方のアカウントで商品の出品、もう片方のアカウントでカード決済する、というものです。

自作自演で出品して購入しているので「自演」と呼ばれています。

自由に商品を出品できるメルカリが「カード決済」を導入していることを利用して自演で現金化する方法だね。

メジャーな方法ではあるが、この記事ではこの現金化方法をおすすめしない詳しい理由(デメリット)を説明する前にまずは流れを見ておこう。

いわゆる「自演」でクレジットカードを現金化
  • STEP1
    メルカリアカウントの用意
    メルカリのアカウント登録。すでにアカウントを所持している方はメルカリで「サブ」のアカウントを登録
  • STEP2
    片方のアカウントで出品
    片方のメルカリアカウントでまず商品を出品。出品の仕方は簡単で、メルカリ上にある「カメラマーク」を押下。商品を撮影して商品写真を登録、商品説明に関する記載項目は適当に入力するが「配送方法」は未定、「価格」はショッピング枠残高から現金化したい金額を記入して出品手続きを終了
  • STEP3
    もう片方のアカウントで購入
    もう片方のアカウントにクレジットカードを登録しておき、カード決済購入
  • STEP4
    商品が売れた後の処理を行う
    支払いが完了すると「通知」が届くので出品した方のアカウント上(やることリスト)をよく確認しておく。発送はもちろん行わないので購入した方のアカウントですぐに「受取評価」を行ってから、出品者が購入者を評価すると取引が完了となり、指定口座に売上となる
  • STEP5
    振込申請
    ホーム画面下にある「メルペイ」から「振込申請」に移り、口座を登録して指定の口座に振込(振込申請手数料200円/振込反映には1週間程度かかる)

上記の流れでメルカリ上で「自演」で現金化できます。

一見して画期的な現金調達方法に見えますが、一度以下のメリット・デメリットをご覧ください。

まずはメリットです。

  • フリマアプリなので買い手がつかないこともあるが、自分で購入するため確実かつすぐに買い手が付く
  • 指定した金額で出品して全額購入(換金)できるのでショッピング枠の換金率は100%(別途手数料)
  • 見かけ上は正常な取引であり、カード会社にも怪しまれない

フリマアプリなので「売れない」というリスクはつきものですが、自演で購入することでそのリスクを回避できます。

また、クレジットカード現金化は換金率の低さが度々問題視されていますが、自分で価格設定した商品をメルカリのサービスを介してカード決済購入しているので換金率がほぼ100%となります。

手数料によって現金化できないショッピング枠の残高部分も減らしやすいというわけです。

さらに、見かけ上はメルカリを利用した正常な商取引であり、カード会社からクレジットカード現金化を疑われる心配はほぼありません。

 

ただし、この方法はメルカリの「利用禁止事項」に抵触するというデメリットがあります。

2. 複数登録の禁止
個人のユーザー及びユーザー登録をされようとする方(以下併せて「ユーザー等」といいます)は、複数のユーザー登録を行うことができないものとします。

引用メルカリ利用規約「第 4 条 ユーザー登録及びアカウント情報」

このように一人で複数のユーザー(アカウント)を登録する行為は禁止されており、上記の流れでいえばステップ1の時点で利用規約違反となります。

規約違反となればもちろんメルカリ上でのユーザー資格は取り消しとなり、今後メルカリでアカウント登録することもできなくなる可能性もあります。

このような措置をとるメルカリですが、「メルカリガイド」には複数アカウントの保有をほのめかすユーザーの発言がいくつかみられますので、すべての複数アカウント登録行為を取り締まっているわけではないようです。

すべてはメルカリの裁量次第ということでしょう。

自演での現金化はこのデメリットを考慮したうえで、リスクを理解したうえで判断してくださいね。

方法2:カード決済で購入した商品をメルカリに出品

自演のような現金化方法で現金化しなくても、メルカリを利用した低リスクな現金化方法はいくらでもあります。この「カード決済で購入した商品をメルカリで出品」も低リスクな現金化方法です。

まずは全体の流れを見ていきましょう。

カード決済で購入した商品をメルカリに出品
  • STEP1
    商品をカード決済購入
    現金化に使える商品をクレジットカード決済で購入
  • STEP2
    メルカリに出品
    カード決済で購入した商品の出品手続き。メルカリ上にある「カメラマーク」を押下し、商品写真を登録、商品説明に関する記載項目は指示通り記入(配送方法は「配送ナビ」を参考に記入)
  • STEP3
    商品が売れた後の処理を行う
    支払いが完了すると「通知」が届くので出品した方のアカウント上(やることリスト)をよく確認しておく。購入者が支払いが完了すると「やることリスト」に「発送をお願いします」と表示されるので、「配送について」を確認しながら商品を梱包、発送方法を確認。発送の手続きが完了したら取引画面の「発送通知」を押下。発送へ
  • STEP4
    商品が購入者の元に到着
    商品到着後、購入者が商品の「受取評価」をすると
    やることリストに「評価してください」と表示されるので購入者の評価を行う
  • STEP5
    振込申請
    ホーム画面下にある「メルペイ」から「振込申請」に移り、口座を登録して指定の口座に振込(振込申請手数料200円/振込反映には1週間程度かかる)

上記の流れを見ると分かるように、カード決済で購入した商品をメルカリに出品して売っているだけです。

メルカリへの出品手続き自体は「慣れ」が必要であり、利用している内にスムーズに手続きをこなせるようになってくるので問題はありません。

しかし、気になるのはカード決済で購入する商品はどれを選べばいいのか、という点です。

カード決済で購入する商品には現金化向きの「おすすめ」商品があるので以下の記事を参考に現金化向きの商品を購入しておきましょう。

さてこの現金化方法の流れを確認したうえでメリット・デメリットも見ていきましょう。まずはメリットから。

  • 指定した金額で出品できるのでリサイクルショップで売るよりも損失が少なく、購入時の値段を設定できれば換金率100%も可能
  • メルカリのルールを守り出品している(自演でない)のでメルカリ運営にアカウントを止められる心配もない

「自演」の現金化方法にはないメリット「アカウント停止リスクがない」があります。デメリットは以下の通りです。

  • 買い手が必ずつくとは限らない
  • とにかく時間がかかる(現金化にかかる時間は数週間)

アカウント停止のリスクはありませんが、今度は商品が「売れない」というリスクが発生します。

さらに購入者が現れるのを待つのにも、商品を発送するのにも時間がかかりますし、購入者が購入手続きをスムーズにこなさない場合、中々購入代金が「売上」にならず、さらに待つことになります。

カード決済購入~ATMでの現金受取まで数週間~1ヶ月程度かかる方法となりますので時間に余裕がない方には不向きな現金化方法です。

方法3:メルカリでカード決済購入した商品を専門店で買取依頼

メルカリ上には現金化向きの商品が数多く出品されています。特におすすめなのはルイヴィトンやグッチ、コーチ、シャネルなどといったハイブランドのバッグや財布です。

この方法はメルカリ上でそのような商品をカード決済購入後、専門店で買取を依頼するというものです。

メルカリでカード決済購入した商品を専門店で買取依頼
  • STEP1
    メルカリ上で商品をカード決済購入
    メルカリ上で現金化に使える商品をクレジットカード決済で購入。「取引メッセージ」を利用して値引き交渉することも可能
  • STEP2
    商品到着後は専門店で買取依頼
    メルカリでの購入手続きを済ませ、商品が発送されて手元に届いたら、メルカリで「受取評価」を行って取引を終了し、専門店に購入した商品の買取を依頼(ブランドアイテムの買取ならブランド専門の買取店舗を選ぶ)
  • STEP3
    買取査定が終了したら現金化完了
    専門店での買取手続きが完了し、商品の買取が決まったら換金してもらい現金化

このように、メルカリで(安く)カード決済購入した商品をリサイクルショップで買取依頼してなるべく高く売る、という現金化方法となります。

先ほどの方法は「出品」にのみメルカリを利用しましたが、今度の方法は「購入」にのみメルカリを利用します。流れを見て分かるとおり、購入の方は出品ほど手続きは面倒ではありません。

この現金化方法のメリットは以下の通りです。

  • 出品する方法のように買い手が現れるのを待つ時間がかからない上に、振込申請の必要もないのでさらに時間がかからない(1週間以内での現金化が可能)
  • 値引き交渉もできるのでカード決済で購入する商品を安く仕入れられる
この現金化方法の大きなメリットはとにかく時間がかからないことです。

発送の手続きが必要である以上、即日現金化は不可能ですが、出品者が発送して家に届いてさえしまえば後はその商品を換金するだけとなります。

これまで紹介した方法の中でも一番安全かつ最短の現金化方法です。ただし、デメリットもあります。

  • リサイクルショップで売るので価格設定は自分でできない(換金率100%はほぼ不可能)
  • リサイクルショップによっては買い叩かれる心配もある
  • リサイクルショップ選びが肝心であり、査定も相見積もりで高価買取を目指して複数店舗に出してもらうのである程度、慣れが必要

リサイクルショップで売るので自分で価格設定はできませんし、リサイクルショップ側の事情が勘案されて査定金額が安くなってしまう可能性も高いです。

せっかくメルカリで良い商品を購入できても買取を依頼するリサイクルショップによっては安値を付けられてしまうかもしれないので注意しましょう。

このメディアでは買取に利用していきたいリサイクルショップを地域別で紹介しているゾ!現金化の際はホームから確認してぜひ参考にして欲しい。

メルカリ現金化は「わずらわしい?」「めんどくさい?」現金化サービスを使えば手続きをするだけですぐに現金化可能!指定口座に振り込まれるのを待つだけ!

スピードワン

カード利用停止になりづらいスピードワンの秘密は、カード決済システム。
海外経由での決済、しかも毎月数十億円の決済の中にスピードワン利用分が紛れますので、カード会社も「現金化利用」と判別できません。
実は、自力で現金化するより、現金化業者を利用したほう利用停止になりづらいって知ってましたか!?安心で選ぶなら、スピードワン一択!
換金率も入金ベースで75~83.3%と業界最高水準。
とにかく入金が早いので、一度相談してみてはいかがでしょうか。

エーキャッシュ

エーキャッシュ安心感は、80%の固定換金率制度。
サイトで入金ベースの換金率を80%と公言し、その通り実行してくれる優良業者です。
そしてエーキャッシュの決済システムも俊逸。
数億円単位の決済の中に「現金化利用分」が紛れ込みますので、利用停止事故0を継続中!
商品の納品もメールなので、非常にお手軽♪
主婦など、家族に内緒の利用では「宅配が届かない」というのは非常に安心感があります。

メルカリでクレカ現金化は違法?何が問題なのか考える

メルカリでのクレジットカード現金化では実は逮捕者が出ています。以下は2017年11月の朝日新聞の報道の一部です。

フリーマーケットアプリ大手で、額面以上の価格で現金を販売し、法定利率の上限を超える利息を受け取ったとして、千葉、秋田、京都の3府県警は16日、それぞれ千葉県成田市の契約社員の男(33)、秋田市の無職の女(60)、奈良県安堵町の無職の女(40)、広島県呉市の電報配達業の男(57)を出資法違反(超高金利など)の容疑で逮捕した。いずれも容疑を認めているという。

引用朝日新聞デジタル「メルカリに額面以上の価格で現金出品した疑い、4人逮捕」

この事件は、メルカリ上で額面以上の「現金」を出品し、クレジットカード決済で購入させていた複数の出品者が逮捕された、というものです。

この事件以降、メルカリでは現金の出品が禁止となっているゾ。

出品者らは現金化の対価として出品した金額(現金の額面以上の金額)と額面の差額を「利益」として得ていたとされています。

25万円の現金を約31万円で販売(約6万円の利益)したり、44万円の現金を約50万円(約6万円の利益)で販売したりしていたようだね。

まず、以下の記事でも解説していますが、現時点では日本に直接的でクレジットカードの現金化行為を裁く法律はありません。

通常、クレジットカード現金化はショッピング枠で購入した商品をリサイクルショップなどで「中古品」として売ることで換金するため、利益は発生しにくい行為となります。

しかし、メルカリ上では商品の価格設定が可能なので、商品購入時の値段よりも高く設定すればクレジットカード現金化でも利益を得ることが可能です。

では何が悪かったのか。

実はクレジットカード現金化の際の「利益」は法的に認められていません。

もしカード決済で購入した商品を現金に換える場合、商品価格の20%以上の「利益」が発生すると、出資法上の年利20%を超える現金の高額金利貸付行為とみなされ、「違法」として扱われます。

この一件のように出品者が「現金をカード決済で購入させる」など現金化の目的が明らかであり、メルカリ上で商品価格の20%以上の利益を得る(法定年利の数百倍にあたる金利に該当)など利益を得るのも目的であると「出資法」に違反するとみなされる可能性があるので注意が必要です。

結論としては、出品者側の出品の仕方に問題があると言えます。

この記事で紹介した方法であれば特に方法1と方法2で出品が必要なので「必ず商品購入金額と同額かそれ以下の価格を設定」してするように注意しましょう。

まとめ:即日でクレカ現金化をしたいなら

メルカリでの現金化の方法をまとめてみます。

  • 方法1:いわゆる「自演」でクレジットカードを現金化
  • 方法2:カード決済で購入した商品をメルカリに出品
  • 方法3:メルカリでカード決済購入した商品を専門店で買取依頼

メルカリでは以上3つの方法で現金化が可能です。

いずれの方法も「発送」の手続きが必要であり、2日以上はかかりますので、メルカリでの即日現金化は不可能です。

これはメルカリ以外の現金化方法でも同じで、「発送」の手続きがある以上、即日での現金化は困難になる。

そこで利用したいのがクレジットカード現金化サービスです。

こちらのサービスはクレジットカードの現金化自体を専門としたサービスであり、現金化の手続きから振込まで即日で済みます。商品を選んだり、商品を出品している時間でクレジットカード現金化ができてしまいますよ。

クレジットカード現金化サービスを利用して即日で現金化していこう!

スピードワン

カード利用停止になりづらいスピードワンの秘密は、カード決済システム。
海外経由での決済、しかも毎月数十億円の決済の中にスピードワン利用分が紛れますので、カード会社も「現金化利用」と判別できません。
実は、自力で現金化するより、現金化業者を利用したほう利用停止になりづらいって知ってましたか!?安心で選ぶなら、スピードワン一択!
換金率も入金ベースで75~83.3%と業界最高水準。
とにかく入金が早いので、一度相談してみてはいかがでしょうか。

エーキャッシュ

エーキャッシュ安心感は、80%の固定換金率制度。
サイトで入金ベースの換金率を80%と公言し、その通り実行してくれる優良業者です。
そしてエーキャッシュの決済システムも俊逸。
数億円単位の決済の中に「現金化利用分」が紛れ込みますので、利用停止事故0を継続中!
商品の納品もメールなので、非常にお手軽♪
主婦など、家族に内緒の利用では「宅配が届かない」というのは非常に安心感があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました