【スマホ現金化】スマホを使って現金を作り出すやり方

 

この記事ではスマホ現金化の方法について解説しています。

 

コロナ渦のこのご時世ですので「今現金がなくて頼りになるのはこのスマホくらい・・・」という方も少なくないでしょう。スマホを売らずとも、スマホを使って現金を作り出せたら夢のようですよね

今回紹介するのはそんな「スマホ現金化」の裏技です。

この記事で紹介する内容をマスターすれば、スマホを利用して緊急時に現金を作り出すことができます。

万が一の時のことを考えて、この記事で紹介する内容を覚えておいていただければと思います。

今回紹介するのは「裏技」だ。便利で最終手段的な内容だが、正式な方法ではないので自己責任で挑戦して欲しい。

まずは押さえておきたい「スマホ現金化」のアイデア

スマホ現金化とは、スマホを利用して現金を作り出す方法のことです。

正確にはスマホで利用できる決済サービスの利用枠を換金し、現金を作り出す方法となります。

例えば、以下のような決済サービスが存在しています。

  • d払い(ドコモ払い)
  • au Pay
  • PayPay
  • LINE Pay
  • 楽天ペイ
  • メルペイ

いずれも「QRコード決済」と呼ばれる決済手段で、スマホを端末にかざして支払う決済手段となります。

いずれも事前に残高をチャージしておくプリペイド型ですが、d払いやau Payであればキャリア決済からでもチャージできるので月々の利用代金に請求を回すこともできます

つまり後払い(ツケ払い)ができるということです。

これを利用すれば事前に支払わなくても残高を今すぐ現金化してその代金の支払いは後回しにできるので、今現在金欠の方にはおすすめの方法となります。

スマホキャリアが提供する「d払い」や「au Pay」の特徴だな。

でも、こういったスマホキャリアが提供する決済サービスは払い戻しの手続きができなかったり、複雑なのが特徴・・・。

「ツケ払い」でチャージした残高を現金化する方法を知っておきたいね。

その他の方法では紐付けておいた銀行口座に払い戻しできる手続きを用意しているケースがほとんどで、比較的簡単に残高の「払い戻し」が可能です。

簡単に現金化ができますので、この記事では取り扱いません。キャリア系決済サービスの現金化を重点的に考えていきます

さて、こういったスマホ決済方法の現金化ですが、払い戻しが困難な以上、方法は1つしかありません。スマホのキャリア決済で購入した商品の換金です。

d払いやau Payといった決済方法で支払って購入した商品を買取やフリマ出品といった方法で換金します。たったこれだけで現金化が可能です。

具体的な方法は次章をご覧ください。

また、クレジットカードをお持ちの方であれば、スマホからクレジットカード利用枠の現金化をすることもできます。

スマホでクレカ現金化のアイデアも同様にスマホを使ってオンラインでカード決済した商品を換金するだけとなります。

詳しくは次章で解説していきますよ。

クレカがあるなら、スマホから手続きできる現金化サービスを使ってみるのも選択肢だろう。

スピードワン

カード利用停止になりづらいスピードワンの秘密は、カード決済システム。
海外経由での決済、しかも毎月数十億円の決済の中にスピードワン利用分が紛れますので、カード会社も「現金化利用」と判別できません。
実は、自力で現金化するより、現金化業者を利用したほう利用停止になりづらいって知ってましたか!?安心で選ぶなら、スピードワン一択!
換金率も入金ベースで75~83.3%と業界最高水準。
とにかく入金が早いので、一度相談してみてはいかがでしょうか。

現金化堂

「100%ご成約主義」なので、成約するまで、換金率や送金時間を柔軟に調整してくれる優しい業者。安心感が違います!
・名前・フリガナ・携帯番号・利用額、の4項目を入力するだけで申し込みは完了!
・85%換金率保証
・初回利用で現金プレゼント
など、優良店としてすばらしい運営を行っています。

エーキャッシュ

エーキャッシュ安心感は、80%の固定換金率制度。
サイトで入金ベースの換金率を80%と公言し、その通り実行してくれる優良業者です。
そしてエーキャッシュの決済システムも俊逸。
数億円単位の決済の中に「現金化利用分」が紛れ込みますので、利用停止事故0を継続中!
商品の納品もメールなので、非常にお手軽♪
主婦など、家族に内緒の利用では「宅配が届かない」というのは非常に安心感があります。

スマホ現金化の方法【あなたはどちらで現金化?】

早速スマホ現金化の具体的な方法を解説していきます。

方法1:スマホで使える「QRコード決済」系の利用枠現金化

方法1はスマホで使える決済サービスの利用枠を現金化する方法です。特にau Payやd払いなどキャリア決済系のまずは流れをご覧ください。

「QRコード決済」系の利用枠現金化(スマホ現金化)
  • STEP1
    事前チャージ
    auPayではauかんたん決済の設定、d払いでは電話料金合算払いを設定し、現在持ち合わせがなくても後払いで支払えるようにしておく
  • STEP2
    スマホ決済でオンライン商品購入
    Amazonや楽天でau Payやd払いなどスマホ決済で(またはキャリア決済で直接)商品を購入
  • STEP3
    商品が自宅に届いたら買取・フリマ出品
    商品が自宅に届いたら、総合リサイクルショップではなく金券やブランドアイテムなどに特化した「専門リサイクルショップ」で買取を依頼する。またはフリマ出品してフリマ相場で高く売る(ただし出金に時間はかかる傾向あり)。
  • STEP4
    後払い
    現金化した金額は後で支払うことになるので当月中に支払えるように工面しておく

流れは先ほど説明した通り、スマホ決済で購入した商品を換金しているだけです。こうすることで当月のキャリア決済利用枠の一部を現金化しています。

STEP2で購入すべき商品は以下の記事を参考にしてね!なるべく高く売れる商品を選ぼう

スマホ決済で購入可能で、かつ高く売れる商品は、ブランドアイテムや家電製品(最新ゲーム機・最新人気ゲームソフトなど)となります。

このような商品はネットショップを利用した方が品揃えが豊富で、商品を見つけやすいのでおすすめです。

ただ、上記の記事で解説した「金券類」は金券ショップなどで非常に高く売れるのですが、スマホ決済では購入できないことが大半なので注意です。

上記の記事で解説するように、他にも金策はいくつかありますが、メリット・デメリットを挙げるとすれば以下のようになるでしょう。

メリット ・通常では換金できない
利用枠を換金できる
・審査や利用条件はない
デメリット ・限度額がいずれのキャリ
アでもは10万円程度で多く
は換金できない
・商品を購入する際ほぼ確
実にネットショップを利用
することになり配送が必要
になる分だけ時間がかかる

そもそもスマホキャリア決済の当月限度額は10万円以下となっており、大きな金額を用意できるわけではありません。その点だけは注意です。

方法2:スマホで「クレジットカード」を現金化

方法2はスマホからクレジットカードの現金化の手続きをして現金を調達する金策です。流れは以下の通りになります。

スマホでクレジットカード現金化
  • STEP1
    クレジットカードで商品購入
    スマホを使ってAmazonや楽天などでクレジットカードで商品を購入。方法1同様に高く売れる商品を購入するが、おすすめはカード決済でのみ購入できる「Amazonギフト券Eメールタイプ」または現金化サービスに申し込み、説明を受け、業者指定の商品をカード決済購入
  • STEP2
    商品の換金
    購入した商品を換金する。Amazonギフト券を購入した場合、金券ショップでは売れないのでギフト券買取サイトを利用して換金する。現金化サービスを利用している場合、STEP1でカード決済した際に商品は即時換金され、指定口座に振り込まれる
  • STEP3
    後払い
    現金化した金額は後で支払うことになるので当月中に支払えるように工面しておく

いわゆる「クレジットカード現金化」をスマホ上で行う方法です。クレジットカードや身分証さえあれば現金化できます

スマホ決済の場合よりもシンプルで、カード決済で購入した商品を換金しているだけです。自力で行う方法や現金化サービス業者に依頼して行う方法が存在します。

メリット・デメリットは以下の通りです。

メリット ・ショッピング枠はスマ
ホキャリア決済の限度額
より多く、20万円~100
万円程度になる
・審査や利用条件はない
デメリット ・カードの利用停止リスク
・ネットを利用するので商
品の「発送」手続きに時間
がかかればそれだけ現金化
にも時間がかかる

クレジットカード現金化の方が方法1のようなスマホ現金化と比べて利用限度額がはるかに多いので、作り出せる現金の金額はおのずと大きくなります。

ただし、クレジットカード現金化には利用停止リスクもありますので十分に承知の上で試すようにしましょう。

スマホ現金化はサービス提供元にバレるのか

現金化は便利な裏技かも知れませんが、サービスの提供元からすれば与信を換金する行為は好ましい行為ではないでしょう。

そのため、規約違反だなどとして利用停止の可能性も否めません。

方法1のスマホ現金化は、不正を監視するシステムが存在しているものの、購入された商品から現金化行為を割り出すのはほぼ不可能であり、サービス提供元に現金化がバレるリスクは低いでしょう。

これは前章の方法2のクレジットカード現金化であっても同様です。

方法2では利用停止リスクがあると説明しましたが、

  • 「繰り返し現金化した」
  • 「高額商品を短期間で大量購入した」
  • 「現金化用の商品として目星を付けられている商品を複数購入した」

など現金化を悟られるようなことがなければ、現金化がカード会社にバレてカードを止められる心配もないでしょう。

もしバレてしまった場合、以下の記事をご参照くださいませ。

バレない現金化方法を使うのが大事!現金化サービスは決済代行サービスを利用しているのでカード会社にバレにくい。

スピードワン

換金率は入金ベースで75~83.3%と業界最高水準。
交渉すればするほど高くしてくれるというウワサの業者さんです^^
カード決済は、海外経由なので利用停止の心配もなし。
高換金率、安心、スピードと三拍子そろった業者はいません。ゲンキンマンいちおしです!

現金化堂

「100%ご成約主義」なので、成約するまで、換金率や送金時間を柔軟に調整してくれる優しい業者。ある意味、わがまま言い放題です!
85%換金率保証、初回利用で現金プレゼントは基本、交渉次第はそれ以上の条件を引き出せるという、ありえないクレカ現金化業者。
他のサイトと比較しても面白いかもしれません!
・名前・フリガナ・携帯番号・利用額、の4項目を入力するだけで申し込みは完了!
どこよりも簡単な申し込みが評価されています。

エーキャッシュ

「98%!」とか、あり得ない数字でひきつけ、実際の入金額が70%以下、なんていう業者が多い中、はじめから入金ベースの換金率を80%と公言し、その通り実行してくれる現金化業者はすごく好感が持てます。
自力での現金化は利用停止リスクもあり、手間と時間もかかる。換金率が商品によってバラバラ。エーキャッシュなら商品を買う必要もなく即現金化で8割入金。利用停止の心配もなし。これでも自力で現金化しますか?^^

まとめ

スマホ現金化の方法は以下の2つです。

  • 方法1:スマホで使える「QRコード決済」系の利用枠現金化
  • 方法2:スマホで「クレジットカード」を現金化

みなさんの事情にあったものやお好みのものを選んで金欠を解消していきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました