クレジットカード現金化「家族名義」のカードOK【注意】

 

この記事では家族名義のカードでクレジットカードを現金化する際の注意点と方法について解説しています。

 

家族名義のクレジットカードを利用すれば、収入がなくても名義人である「家族」のショッピング枠(信用)を利用して現金が準備できます。

まだカードを持っていない未成年や主夫・主婦であっても現金化のチャンスがある、ということです。

そこで今回解説するのが家族名義のカードで現金化する際の注意点と方法です。

この注意点を押さえておかないと家族に迷惑がかかってしまうだろう。くれぐれも理解しておいて欲しい。

家族名義のカードで現金化する方法までわかりやすく解説していくよ!最後までお見逃しなく!

家族名義のクレジットカードの現金化で注意したい6点

家族名義のカードを使って現金化する場合、いくつかの注意点があります。現金化の方法を解説する前に押さえておきましょう。

注意:「家族カードと家族名義のカードは違う」

この記事で取り扱うカードは家族名義のカードですが、以下の2パターンがあるでしょう。

  • パターン1:家族カード
  • パターン2:自分以外の家族名義のクレジットカード(例:主人のカード、父親のカードなど)

「家族カード」とは家族の1人が代表の「契約者」となり、発行されるクレジットカードの一種で、家族ならば誰でも利用できるカードだよ!

パターン2は、そのような家族カードではない単なる家族名義の個人カードだ。夫名義、妻名義、父親名義、母親名義のカードなどがあるだろう。

パターン2の場合、たとえカード名義人が家族であっても「他者」とみなされ、子供や配偶者が家族名義のクレジットカードを利用することはできません

しかしながら、家族名義のカードで通販サイトで商品を購入したことがある方も多いでしょう。

ゆえに、家族名義のカードを使って現金化することはできますが、本来であれば会員規約違反となりますので注意しましょう

まだまだ注意点はあるゾ!

家族カードも家族名義のカードも現金化サービスで現金化できる!

スピードワン

カード利用停止になりづらいスピードワンの秘密は、カード決済システム。
海外経由での決済、しかも毎月数十億円の決済の中にスピードワン利用分が紛れますので、カード会社も「現金化利用」と判別できません。
実は、自力で現金化するより、現金化業者を利用したほう利用停止になりづらいって知ってましたか!?安心で選ぶなら、スピードワン一択!
換金率も入金ベースで75~83.3%と業界最高水準。
とにかく入金が早いので、一度相談してみてはいかがでしょうか。

エーキャッシュ

エーキャッシュ安心感は、80%の固定換金率制度。
サイトで入金ベースの換金率を80%と公言し、その通り実行してくれる優良業者です。
そしてエーキャッシュの決済システムも俊逸。
数億円単位の決済の中に「現金化利用分」が紛れ込みますので、利用停止事故0を継続中!
商品の納品もメールなので、非常にお手軽♪
主婦など、家族に内緒の利用では「宅配が届かない」というのは非常に安心感があります。

注意:「ショッピング利用枠の使いすぎ」

ご存じの通り、クレジットカードは1ヵ月に利用できる限度額があります。クレジットカード現金化はこの利用枠を現金化する行為です。

クレジットカード現金化は「現金がいくらでも手に入る魔法」と勘違いしている方も多く歯止めが利かずに数十万円分に相当する大きな金額を一度に現金化しがちです。

そのような金額を現金化すれば家族カードであれば他の家族が利用できる利用枠、家族名義のカードであれば名義人の家族が利用できる利用枠がほとんどなくなります

以下の記事を参考にして、少額ずつ複数回で現金化を行い、家族が利用できる利用枠に気を遣いながら現金化しましょう。

注意:「家族名義カードの利用停止リスク」

家族カード、家族名義のクレジットカードともに現金化を行えばカード利用停止のリスクがあります。その理由は現金化行為がカード会社の規約違反行為であるためです。

しかしながら、カード会社が確認できるのは「購入履歴」だけで実際に現金化したかどうかについては追求できません。

そのため、現金化行為を「推察」し、怪しげな行為を発見次第利用停止にするという断定的な措置を行っているわけです。

つまり、カード会社の勘違いでカードが止められることもあるのだ。それくらいあやふやな措置となっている。

ゆえに、言い訳次第では利用再開が可能となる可能性もあります。詳しくは以下の記事をご覧ください。

注意:「クレカ現金化が家族にバレる」

クレジットカード現金化は家族にバレる可能性もあります。バレるパターンは以下の2種類です。

  • 家族が利用明細で不審な取引を見つけた
  • 実家宛に現金化用の商品が届いた

まず、現金化バレで一番考えやすいパターンが利用明細上で不審な取引がある場合です。

現金化をする場合、取引の金額は大金となりがちです。さらに日常生活であまり利用しない商品券や回数券、ブランドアイテム、家電、ゲーム機などといった商品を同一種複数回購入します。

利用明細上は取引店舗しか記載されませんが、上記の商品は購入場所が限定されているので、複数回同一の店舗が並んだ利用明細は不自然ですよね。

こういった明細の不審点から現金化が家族(名義人)にバレる可能性はあります。詳しくは以下の記事をご覧ください。

また、現金化をする際には上記のような商品のカード決済購入が必要ですので、通販サイトを利用して購入した場合、自宅や実家宛に商品が届きます

不審に思った家族が現金化を疑う可能性もわずかながらにあるでしょう。

注意:「家族名義のカードで信用情報に傷を付けると・・・」

クレジットカード現金化がカード会社に発覚して利用停止になってしまった場合、家族(カード名義人)の信用情報に傷がついてしまう可能性もあります

利用停止処分を受け、さらに信用情報機関に「強制解約」とみなされた場合、JBA(KSC)、JICCでは「5年間」その情報が記録されることになる。

いわゆる「ブラックリスト」のことだね。

信用情報機関に「強制解約」といった事故情報が記載されてしまうと様々な影響があります。

例えば、カード名義人である家族が新規で口座開設を断られる、消費者金融を利用できない、カード増枠の審査に落ちるなど、金融サービスを利用する上で不利になります。

それも「5年」の間信用情報機関のデータベースに残り続けますので注意が必要です

現金化がカード会社にバレずに利用停止にならない工夫が必要だね。

注意:「未成年でも家族名義のカードで現金化できるか」

クレジットカード現金化は未成年であっても理論上可能です。

注意点や詳しい方法は以下の記事で紹介するので割愛しますが、自分名義のカードを持っているか、家族名義のカードを利用しているのかで「やり方」が異なります。注意しましょう。

家族名義のクレジットカードで現金化する方法

後述の記事で解説しますが、現金化の方法は大きく分けて以下の4つの方法があります。
  • 現金化方法1:現金化業者の現金化サービス
  • 現金化方法2:自分でクレジットカード現金化(リサイクルショップ)
  • 現金化方法3:メルカリ・ヤフオクを利用して現金化
  • 現金化方法4:親族・友人・知人のおつかい

それぞれの方法にメリット・デメリットがありますので以下の記事でご確認ください。

家族のカードで現金化する場合は「利用枠使いすぎ」「家族バレ」「利用停止リスク」の3点を考慮し、「家族名義のカードで信用情報に傷を付けない」工夫をする必要がありましたね。

おすすめなのは1ヵ月に現金化する金額をあらかじめ決めておき、目標の金額に向けて少額ずつ現金化していくという方法です。

同一の商品や店舗を利用しないように、現金化商品のラインナップを変えながら現金化すると現金化の発覚リスクが小さくなります。

購入した商品は上記の「現金化方法2」や「現金化方法3」で換金して現金化すると良いだろう。

逆に大金を一括・連続で現金化すると現金化を疑われるリスクが大きくなるのでそれを避ける、という意味合いもあるよ!

また「使いすぎ」も承知の上で一度にある程度の金額が必要な場合、利用履歴上で現金化がバレにくい現金化サービスを利用するという方法もあります。

ただし悪質業者が多いのもこの業界の特徴ですので業者選びは必須です。詳しくは以下の記事をご覧ください。

現金化サービスなら決済代行業者を利用しているので利用履歴上も決済代行業者名しか残らないゾ!現金化したかどうか判断しにくいので現金化バレしにくいのだ!

スピードワン

カード利用停止になりづらいスピードワンの秘密は、カード決済システム。
海外経由での決済、しかも毎月数十億円の決済の中にスピードワン利用分が紛れますので、カード会社も「現金化利用」と判別できません。
実は、自力で現金化するより、現金化業者を利用したほう利用停止になりづらいって知ってましたか!?安心で選ぶなら、スピードワン一択!
換金率も入金ベースで75~83.3%と業界最高水準。
とにかく入金が早いので、一度相談してみてはいかがでしょうか。

エーキャッシュ

エーキャッシュ安心感は、80%の固定換金率制度。
サイトで入金ベースの換金率を80%と公言し、その通り実行してくれる優良業者です。
そしてエーキャッシュの決済システムも俊逸。
数億円単位の決済の中に「現金化利用分」が紛れ込みますので、利用停止事故0を継続中!
商品の納品もメールなので、非常にお手軽♪
主婦など、家族に内緒の利用では「宅配が届かない」というのは非常に安心感があります。

まとめ

今回は注意点を中心に家族名義のカードの現金化方法について解説してきました。以下の6つの点には注意しましょう。

  • 「家族カードと家族名義のカードは違う」
  • 「ショッピング利用枠の使いすぎ」
  • 「家族名義カードの利用停止リスク」
  • 「クレカ現金化が家族にバレる」
  • 「家族名義のカードで信用情報に傷を付けると・・・」
  • 「未成年でも家族名義のカードで現金化できるか」

家族のカードは通常の現金化方法で同様に現金化することができますが、上記の注意点に配慮することが重要になってくる、注意点の多い現金化方法となっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました