【クレジットカード現金化】カード会社への『言い訳』解説

 

この記事ではクレジットカード現金化が発覚した場合のカード会社への言い訳について解説しています。

 

クレジットカード現金化がカード会社にバレてしまうとカードが止まられてしまう可能性があります。

カードを止められたりカード会社から利用履歴上の不審な取引について言及する電話があった場合、「現金化はしていない」という『言い訳』が必要になります。

この『言い訳』を言えるかどうかでみなさんのカードの命運が決まりますので、しっかり押さえておくことが大切です。

今回はその『言い訳』をテーマに解説していきます。

カードが利用停止になる理由・流れ・対処【基本】

なぜ・どうやってクレジットカードが止められしまうのか、事前に理解しておくと現金化バレ対策の理解が深まります。早く『言い訳』が知りたい方は次章をご覧ください。

カード会社「現金化は会員規約違反だから・・・」

クレジットカード現金化によってカードが止められてしまう理由は、現金化行為がカード会社の会員規約違反であるためです。

最悪、「強制解約」ということもあるようだな。

カード会社が本当に会員規約で禁止しているかどうかは下記の記事で詳しく解説していくので不安な方はチェック!

カード会社は『利用履歴』上で怪しげな取引を確認次第「制裁」

クレジットカード現金化はカード決済(ショッピング枠を利用)で購入した商品を何らかの手段で換金し、ショッピング利用枠を間接的に換金して現金を調達する金策です。

カード会社がカード決済商品の「換金」を知る由もありませんが、以下のような「購入の事実」は利用履歴上に残ります

  • カード会員の基礎的情報
  • 購入日時
  • 購入金額
  • 加盟店の基礎的情報
  • 加盟店の業種
  • 加盟店の所在地

上記のような情報が購入の際にカード会社の方に送られます。

カード会員の「購入した商品」のデータまで集めてしまうとデータが膨大になるのでその情報は収集されていないとされているゾ。

 

ではどうやってカード会員の現金化行為を利用履歴上から判断しているのか

クレジットカード現金化に頻繁に利用される商品が存在しています。そういった商品の複数購入や短期間の連続購入などを検出して、現金化行為を「推察」していると考えられます。

しかしながら、カード会社は「会員が購入した商品データ」までは集めるとデータの容量上の問題が発生するとされています。

そこでカード会社は加盟店の業種や加盟店の基礎的情報、そして会員の利用金額といった利用履歴上の断片的な情報から、現金化行為を推察し、断定しているものと思われます。

つまり、あいまいな根拠を元にクレジットカード現金化を疑われている、というわけだな。
これはきちんとした根拠を提示すれば疑いが晴れることを意味する

そのため、現金化をしていない人でも現金化を疑われ、カード会社から確認の連絡が来た例もあるよ。現金化行為はカード会社の推測に過ぎないんだ。

クレカ現金化の疑いを晴らすための対処方法

クレジットカード現金化が発覚すると利用履歴上の購入商品については確認の連絡がかかってくるか、いきなりカードが利用停止となります。

いかなる状況であっても、現金化を疑われたら一度はカード会社に連絡を試みるということを忘れないでください。

カードが止められている場合は一度カード会社に連絡し、なぜカードが止められたのか、現金化が原因であればどの利用履歴を見てそう判断したのかを確認しよう。

カード会社に問題となった利用履歴の購入意図の説明など『言い訳(弁明)』を行うことで、現金化の疑いが晴れる可能性があります。詳しくは次章をご確認ください。

現金化サービスなら「決済代行業者」を利用しているのでカードが止まりにくいとされているゾ!

スピードワン

カード利用停止になりづらいスピードワンの秘密は、カード決済システム。
海外経由での決済、しかも毎月数十億円の決済の中にスピードワン利用分が紛れますので、カード会社も「現金化利用」と判別できません。
実は、自力で現金化するより、現金化業者を利用したほう利用停止になりづらいって知ってましたか!?安心で選ぶなら、スピードワン一択!
換金率も入金ベースで75~83.3%と業界最高水準。
とにかく入金が早いので、一度相談してみてはいかがでしょうか。

エーキャッシュ

エーキャッシュ安心感は、80%の固定換金率制度。
サイトで入金ベースの換金率を80%と公言し、その通り実行してくれる優良業者です。
そしてエーキャッシュの決済システムも俊逸。
数億円単位の決済の中に「現金化利用分」が紛れ込みますので、利用停止事故0を継続中!
商品の納品もメールなので、非常にお手軽♪
主婦など、家族に内緒の利用では「宅配が届かない」というのは非常に安心感があります。

クレジットカード現金化で利用停止を避ける『言い訳』

クレジットカード現金化の疑いを晴らすためには『言い訳』つまり『弁明』が必要です。

現金化の場合は、問題となった利用履歴の利用意図の説明ができると良いですね。

クレジットカード現金化は商品の購入から発覚する行為ですので、商品ごとに『言い訳』の内容を考えていきます。

カードが止められてしまったり、カード会社から連絡が来た場合にこれから紹介する内容を説明できると良いね。

言い訳パターン:『商品券・ギフト券』で現金化

商品券・ギフト券は高く売れます。そのため、カード決済購入して換金すると非常に良いレートで現金化できるケースがほとんどです。

現金化の常套手段として「商品券現金化」が挙げられるほど有名な方法だな。

ただし、こうした現金化方法はカード会社に目をつけられやすいのも事実です。

もし商品券やギフト券の購入履歴で疑われてしまった場合、以下のような言い訳を言えると良いですね。

  • 複数の結婚祝いのお返しをするために複数枚のカード決済購入が必要だった
  • 新築祝い(引越祝い)を複数もらったので複数枚の商品券やギフト券をカード購入した
  • 二次会の景品として複数枚の商品券やギフト券を準備した
  • ゴルフコンペの景品として複数枚の準備が必要だった
  • 快気祝いのお返しに商品券やギフト券を複数枚準備した

商品券やギフト券の購入の際には「プレゼント」といった利用シーンでの購入が自然です。複数枚や同一商品券・ギフト券の短期購入をする場合、上記のような『言い訳』が考えられます。

個人の場合は複数もらったお祝いの品への「返礼品」として複数枚の商品券やギフト券をカード決済する必要があるシチュエーションが考えられるね。

また、会社から頼まれて複数枚購入したといったシチュエーションも考えやすいでしょう。以下をご覧ください。

  • 各種社内イベント景品
  • 各種社内報奨
  • 来場謝礼
  • 調査謝礼
  • トラブル発生のお詫び
  • 頂いた意見への御礼

こういったシチュエーションでは複数枚の商品券やギフト券を購入するケースも多いです。切羽詰まっており個人カードで購入する必要があったなどと言い訳をすると良いかもしれませんね。

言い訳パターン:『ブランドアイテム』で現金化

ブランドアイテムも換金率が高い商品の1つです。

質屋系・宝飾品系リサイクルショップでは高価買取が期待できるため、直営店や代理店の店頭でカード決済購入したブランドアイテムをその足で買取依頼することで即日現金化できます。

売れ筋のハイブランドアイテムを狙う「目利き」スキルも必要になってくる現金化方法なので難易度は高め。

このようなブランドアイテムは商品1つあたりの単価が高く、同じ型を複数回購入するケースも少ないため、クレジットカード現金化を悟られにくい、とされています。

もしブランドアイテムの購入で現金化を疑われた場合は以下のように購入意図の説明(言い訳)しましょう。

  • ブランドアイテムにも流行廃りがあるので流行の型が欲しくなった
  • ノーキャッシュでものが買えるため、流行を追っていたらカードでついつい買いすぎてしまった

ブランドアイテムは嗜好品ですので、こうした「買いすぎ」のリスクは充分にあります

カードを持つとブランドアイテムを買いすぎてしまう方もいるのでこういった言い訳は通りやすいと考えられる。

言い訳パターン:『新幹線回数券』で現金化

新幹線回数券は換金率が高い上に、カード決済購入できるJR系列の駅の近くに「金券ショップ」が多い傾向があり、手軽でレートの高い現金化方法として人気のある方法となっています。

そのため、カード会社が目をつけるのもまた必然です。

新幹線回数券は特定の区間の6枚綴り1セットをカード決済購入できます。

とりわけ利用者が多く、出張の多いビジネスマンにニーズのある東京新大阪間、東京名古屋間、東京新神戸間、東京京都間といった区間の回数券は高く売れやすいです。

しかし、上記区間外にお住まいの方が普段利用しない区間の回数券を大量購入すればカード会社に怪しまれやすくなります。

そこで、もしカード会社に現金化を疑われた場合は以下のように言い訳しましょう。

  • 祝いものを複数の方から頂いたので返礼品として複数枚の購入が必要だった
  • 近日中に東京・大阪で2拠点生活することになるため購入した
  • 出張で利用するために購入した
  • 会社から大口購入するように頼まれた

意外にも新幹線回数券には商品券やギフト券のように「返礼品」としての利用シーンもあります。複数枚購入しても遠隔地に住む親類や友人へのお返しとして購入した、と言い訳することもできます。

出典金券ショップレンジャー「新幹線回数券の格安購入」

また、出張や日常生活で「いつか自分で使うため」と言い訳してしまうと、カード会社はその区間内の地域でカードを利用しているか、チェックしているケースもあるようです。注意しましょう。

言い訳パターン:『家電製品』で現金化

最新パソコンや最新スマホ、最新ゲーム機、最新人気ゲームソフトタイトル、人気家電などの家電製品も高く売れやすい商品です。このような家電製品を利用した現金化方法も存在します。

短期間の連続購入を怪しむカード会社もいるかもしれませんが、家電製品には増税前、キャンペーン終了前や引っ越しシーズンの品薄に「駆け込み買い」といった購入の実態があるのが事実です。

  • 近所の家電量販店で品薄と聞いて購入した
  • 引っ越しのために購入した

とくにゲーム機の場合はコロナ渦で需要が増え、供給量が減っているため、家電量販店では品薄状態が続いているとされています。

こうした品薄も背景に駆け込み需要が発生するので、大量購入が発生しても違和感はありません。

また、近々引っ越す予定などがあればそちらを理由にしてもよいでしょう。

言い訳パターン:現金化業者の現金化サービスを利用

現金化業者の現金化サービスの場合、利用履歴上では現金化業者が導入している「決済代行業者」の情報が表示されるため、具体的にどのような取引を行ったのか、実態を把握することは困難とされます。

つまり、カード会社が利用履歴から現金化業者との取引を確認するのは困難ということです。

ただし、この方法は業者が販売する商品を購入、即時換金する「店頭購入型」に限ります。

現金化業者の中でも「おつかい型」では現金化業者から新幹線回数券や家電製品の購入を依頼されることになりますので、結局は自力で現金化する場合と状況は変わりありません。

買取方式で現金化するのであれば、ここまで紹介してきたように商品の購入意図をカード会社に説明できるように準備しておきましょう。

クレジットカード現金化を疑われにくくするための注意点や方法

クレジットカード現金化が疑われやすくなるのは特定の商品の一括購入といったシチュエーションでしたね。

そのため、以下のような注意点に配慮しておけば利用停止のリスクを大きく減らすことができるとされています。

  • 現金化に利用される商品の購入を避ける
  • 短期間で同一商品の大量購入を避ける
  • 同一商品の定期購入を避ける
  • その他不自然な購入履歴を避ける

詳しくは以下の記事をご覧ください。

現金化の方法には様々な方法がありますが、どの方法でも同じ商品や高い換金率商品の連続購入を避けることだけは意識しておきましょう。

また、メルカリを利用した現金化方法ではカード利用履歴上の取引先が「メルカリ」となりますので、どんな商品を購入したか、現金化を悟られにくいとされています。これは「Amazon」も同様です。

メルカリやAmazonを利用した現金化の方法については以下の記事をご覧ください。

『言い訳』要らずの現金化方法は・・・

「クレジットカード現金化サービス」であれば利用履歴上に残るのは「決済代行業者」となりますので、現金化を悟られにくくなります。

様々な現金化方法の中で最もカードが止まりにくい方法と言えるでしょう。

ただし前述の通り、現金化サービスには買取方式の「おつかい式」も存在し、通常の現金化方法とリスクが変わらない場合があります。

しかしながら、「キャッシュバック方式」の現金化方法であれば現金化業者の自前のカード決済装置(決済代行業者)で商品を購入することになり、履歴上では決済代行業者の情報のみが記載されます。

ゆえに、カード会社が現金化を悟りにくい仕組みとなっているとされています

現金化サービスで言い訳いらずの現金化!

スピードワン

カード利用停止になりづらいスピードワンの秘密は、カード決済システム。
海外経由での決済、しかも毎月数十億円の決済の中にスピードワン利用分が紛れますので、カード会社も「現金化利用」と判別できません。
実は、自力で現金化するより、現金化業者を利用したほう利用停止になりづらいって知ってましたか!?安心で選ぶなら、スピードワン一択!
換金率も入金ベースで75~83.3%と業界最高水準。
とにかく入金が早いので、一度相談してみてはいかがでしょうか。

エーキャッシュ

エーキャッシュ安心感は、80%の固定換金率制度。
サイトで入金ベースの換金率を80%と公言し、その通り実行してくれる優良業者です。
そしてエーキャッシュの決済システムも俊逸。
数億円単位の決済の中に「現金化利用分」が紛れ込みますので、利用停止事故0を継続中!
商品の納品もメールなので、非常にお手軽♪
主婦など、家族に内緒の利用では「宅配が届かない」というのは非常に安心感があります。

まとめ

今回は以下の5つのパターンに分けて現金化の言い訳について解説してきました。

  • 『商品券・ギフト券』で現金化
  • 『ブランドアイテム』で現金化
  • 『新幹線回数券』で現金化
  • 『家電製品』で現金化
  • 現金化業者の現金化サービスを利用

もし疑われた場合は必ず筋の通る購入意図を説明できるようにしておきましょう。現金化をするのであれば大切なカードを止めないような工夫も必要なのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました