クレジットカード現金化『本人確認』が不要な方法もある?

 

この記事では本人確認が不要な現金化の有無について解説しています。

 

大切な個人情報を業者に渡すことに疑問を感じていますか?本人確認が不要な方法を探していることでしょう。

残念ながら、クレジットカード現金化は「本人確認」が必要となるケースがほとんどです。しかし、中には本人確認が不要となる可能性がある現金化方法も存在しています。

そこで今回解説していくのが、クレカ現金化が「原則本人確認必要」である理由と本人確認が不要な現金化方法です。

この記事の内容を理解すれば本人確認不要でクレジットカードを現金化する方法を見つけることができるでしょう。

本人確認が不要な方法を紹介する前にまずは現金化の「仕組み」から押さえていきます。

なぜ「原則」本人確認が必要?クレカ現金化の仕組み

クレジットカード現金化には原則的に本人確認が必要となります。その理由は次の通りです。

  • クレジットカード現金化には買取式が多く、業者の大半が「古物商」であるため
  • (ギフト券換金業者のみ)本人確認を行うことで、換金代金だけを受け取る不正な換金行為を防ぐため

基本的には1つ目の理由が存在しているため、原則的に本人確認が必要になります。

買取業務が存在しない、本人確認が不要な「現金化サービス」も存在しているゾ。

スピードワン

カード利用停止になりづらいスピードワンの秘密は、カード決済システム。
海外経由での決済、しかも毎月数十億円の決済の中にスピードワン利用分が紛れますので、カード会社も「現金化利用」と判別できません。
実は、自力で現金化するより、現金化業者を利用したほう利用停止になりづらいって知ってましたか!?安心で選ぶなら、スピードワン一択!
換金率も入金ベースで75~83.3%と業界最高水準。
とにかく入金が早いので、一度相談してみてはいかがでしょうか。

エーキャッシュ

エーキャッシュ安心感は、80%の固定換金率制度。
サイトで入金ベースの換金率を80%と公言し、その通り実行してくれる優良業者です。
そしてエーキャッシュの決済システムも俊逸。
数億円単位の決済の中に「現金化利用分」が紛れ込みますので、利用停止事故0を継続中!
商品の納品もメールなので、非常にお手軽♪
主婦など、家族に内緒の利用では「宅配が届かない」というのは非常に安心感があります。

なぜ「買取式」なのか、なぜ「古物商」なのか、現金化の仕組みを理解しておくと理解が深まりますので、まずは以下をご覧ください。

クレジットカード現金化の手順
  • STEP1
    カード決済で商品購入
    クレジットカード決済のショッピング枠で商品を購入
  • STEP2
    商品を換金
    クレジットカード決済で購入した商品を換金
  • STEP3
    ショッピング枠換金完了
    ショッピング枠で購入した商品が換金されれば、ショッピング枠の換金は完了

クレジットカード現金化は上記の流れで進んでいきます。

基本的にはカード決済で購入した商品を換金することで「ショッピング利用枠」の現金化を行う。すべての現金化方法で共通する流れだな。

上記の流れの中でSTEP2に注目しましょう。

ここでは商品の換金を行っていますが、その方法として「買取業者(リサイクルショップ)」または「買取式の現金化サービス」を利用するケースがほとんどです。

こうした業者は「買取」という業務がある以上「古物営業法」に従う必要があります。

古物営業法とは、盗品などの売買の防止する目的で古物営業(中古品の売買)にかかわる業務に規制を行う各都道府県公安委員会管轄の法律だ。

中古品の売買は営利目的の場合は免許が必要な「免許制」であり、免許がないものは中古品の売買はできないよ。

業者側も現金化用の商品を買い取る際にも、当然この古物営業法を遵守している必要があるわけだな。

それではここで「なぜ本人確認が必要なのか」という疑問に振り返って考えていきます。

この古物営業法には以下のような条文があります。

(確認等及び申告)
第十五条 古物商は、古物を買い受け、若しくは交換し、又は売却若しくは交換の委託を受けようとするときは、相手方の真偽を確認するため、次の各号のいずれかに掲げる措置をとらなければならない。
一 相手方の住所、氏名、職業及び年齢を確認すること。
二 相手方からその住所、氏名、職業及び年齢が記載された文書(中略)の交付を受けること。

古物営業法第15条では、上記のように中古品の買取の際に業者側が売り手側に本人確認が必要になると定めてあることが分かります。

確認事項としては、

  • 住所
  • 氏名
  • 職業
  • 年齢
  • 住所、氏名、職業、年齢記載された文書

といった項目です。

通例では、免許証やパスポートなどの公的書類で確認するケースが多いですね。これはリサイクルショップで不用品の買取を依頼したことがある方ならば分かるでしょう。

現金化用に購入した商品は現金に換える必要がある。業者側はそれを「中古品」として買い取るので古物営業法第15条に基づいて、本人確認を行っているということだな。

また、Amazonギフト券やiTunesギフトなどを買い取る「ギフト券換金業者」に限り、不正なギフトコードを入力して換金代金だけを受け取る「空売り行為」を防ぐ目的で、本人確認を事前に行うといった例外的なケースもあります。

本人確認に利用できる書類

現金化を行う流れの中で本人確認が求められた場合は次のような書類を要求されるので事前に用意しておきましょう。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 個人番号カード(マイナンバーカード)
  • 健康保険証(補助書類として他の書類の併用を求められるケースがほとんど)

本人確認に利用できる書類は業者によって異なりますが、通例的におおよそ上記のような書類を要求されます。業者が確認すべき事項としては以下の項目でしたね。

  • 住所
  • 氏名
  • 職業
  • 年齢
  • 住所、氏名、職業、年齢記載された文書

上記の公的書類はこういった項目を確認できるため、業者側では「本人確認書類」として事前に取り決めてあり、ホームページ上で確認できることがほとんどです

また、上記に加えて「顔写真付き」の本人確認書類を要求されることも多いですね。

なりすましを防ぐ目的で顔写真付きの確認書類を要求しているとされているよ。

いずれにせよ、法律に従い、不正な取引を防ぐ目的で本人確認を行っているというわけだな。

本人確認が必要な現金化方法の注意点2点

原則的に本人確認が必要な現金化方法が多いので、仕方なく本人確認書類を提示するケースも多いのが現実です。そのような場合に注意して欲しいポイントを2点にまとめましたのでご覧ください。

注意:本人確認不要な業者はかえって危険な場合もある

本人確認が不要な買取業者や現金化サービスはかえって危険な場合があります。

本人確認は買取業務について定める古物営業法上の義務ですので、買取業務が必要な現金化であれば本人確認は必須です。

買取の際に本人確認をしない業者は、古物営業法を守らない業者に等しく、違法業者となります。

このような違法業者は他の法律も遵守していない可能性がありますので注意が必要です。

そのような業者をどうしても利用したい場合は、ホームページ上で会社情報などを確認したうえで、口コミを確認するなど事前調査を徹底しましょう。

注意:必要以上に個人情報を提供しない

依頼の際に電話口や備考欄などに必要以上の個人情報を提供してしまう方がいます。古物営業法上で買取の際に必要なのは原則的に以下の情報に限ります。

  • 住所
  • 氏名
  • 職業
  • 年齢

口座振替手続きがないのに口座番号を要求されたり、クレジットカードの写真を送るように指示されたりと不審な手続きが目立つ場合は必ず疑ってください。

本人確認が「不要」なクレジットカード現金化方法

本人確認が不要な現金化の方法をいくつかご紹介します。

本人確認不要:「立て替え型」現金化

立て替え型現金化とは、家族・友人・知人などが買い物する際に自分が立て替えてカード決済で支払い、後で「現金」で立て替えた分を請求する方法です。

例えば、あえて家族や友人の「おつかい」を頼まれたり、飲み会の幹事になりカードで支払って後で現金で会費の支払いを請求するといった方法が有名ですね。

これならばそもそも現金化に商品の購入を介する必要がありませんので、本人確認も不要です。

ただし、そのような家族・友人・知人が都合良くいつでもいるとは限りませんので、現金が欲しい時にいつでもできる現金化方法ではありません

本人確認不要:「キャッシュバック型」現金化

キャッシュバック型の現金化方法は、買取型とは異なり、以下のような流れで現金化の手続きが進んでいきます。

クレジットカード現金化の手順(キャッシュバック型)
  • STEP1
    カード決済で商品購入
    クレジットカード決済のショッピング枠で商品を購入(ここまでは買取型と同じ)
  • STEP2
    業者が現金キャッシュバックを支払う
    クレジットカード決済で購入した商品に対して現金キャッシュバックの形式で現金を支払う
  • STEP3
    現金化完了
    カード決済で購入した商品のキャッシュバックを受け取れば現金化完了。商品は換金せず「購入したこと」になるのできちんと受け取ること

このように本人確認が必要な「買取」手続きを介さずに現金化できる仕組みとなっています。そのため、本人確認が不要というわけですね。

あくまで商品に対するキャッシュバックという形式で代金を受け取っているので、商品を換金していません。ゆえに商品を受け取る必要がありますので注意しましょう。

このような現金化方法は、キャッシュバック型は現金化を専門とした「現金化サービス」でしか実現できないんだ!

スピードワン

カード利用停止になりづらいスピードワンの秘密は、カード決済システム。
海外経由での決済、しかも毎月数十億円の決済の中にスピードワン利用分が紛れますので、カード会社も「現金化利用」と判別できません。
実は、自力で現金化するより、現金化業者を利用したほう利用停止になりづらいって知ってましたか!?安心で選ぶなら、スピードワン一択!
換金率も入金ベースで75~83.3%と業界最高水準。
とにかく入金が早いので、一度相談してみてはいかがでしょうか。

エーキャッシュ

エーキャッシュ安心感は、80%の固定換金率制度。
サイトで入金ベースの換金率を80%と公言し、その通り実行してくれる優良業者です。
そしてエーキャッシュの決済システムも俊逸。
数億円単位の決済の中に「現金化利用分」が紛れ込みますので、利用停止事故0を継続中!
商品の納品もメールなので、非常にお手軽♪
主婦など、家族に内緒の利用では「宅配が届かない」というのは非常に安心感があります。

本人確認が必要でも2回目からは不要になる方法も

初回のみ本人確認が必要であり、2回目以降は本人確認が不要である現金化方法もあります。

その例としては、ギフト券買取サイトを利用した現金化方法です。

この方法はカード決済で購入できる「ギフト券」を購入後、ギフト券買取サイトに「ギフトコード」を買取依頼して換金代金を受け取る、という現金化方法となっています。

この方法は以下の記事でも解説しているゾ。

この方法で利用する「ギフト券買取サイト」は初回のみ本人確認が必要となりますが、2回目以降は本人確認を不要としているケースがほとんどです。

そのため、同じ買取サイトを利用する間は2回目以降、本人確認が不要になるということですね。

「本人確認書類の提示自体に文句はないが本人確認という手続きが面倒」というだけならば、このような現金化方法で現金化するのもアリ!

本人確認を「してもいい」と思える現金化方法

本人確認が不要な現金化方法を探す理由として、一番は「取引先が信用ならないから」という理由が挙げられるのではないでしょうか

そうであれば本人確認をしても良いと思える現金化方法を探すことで不安を解消できます

例えば、買取業者が有名なサービスで現金化用の商品の買取を依頼する方法などが挙げられます。

具体的には、フリマアプリ『メルカリ』や全国展開の店舗型買取業者『大黒屋』を利用するのも一つの手でしょう。

名の知れた業者であれば、本人確認後の個人情報の管理も徹底されているだろうからな。

詳しい現金化方法は以下の記事をご参照くださいませ。

まとめ

本人確認が必要な理由は、現金化の流れに「商品の買取」があり、古物営業に基づいて本人確認が必要になるためでしたね。

大半の現金化方法にはこの「商品の買取」の流れが含まれているので、本人確認が必要となります。

しかしながら、この記事で取り上げたように、本人確認が不要な方法も存在しています。参考になれば幸いです。

現金を急いで用意したくても、本人確認など個人情報の提供が必要な場合には、充分に注意したいところだな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました