【『カードでお金』の看板】結局なんの店?【解決済】

繁華街や路地裏など街中で見かける『カードでお金』看板ですが、このお店の正体は一体何なのでしょうか。「お金」という表記があるので、お金に困っている方はつい気になってしまうかもしれませんね。

今回解説するのは、その『カードでお金』看板の正体です。

『カードでお金』看板を掲げる店舗ではどのような業務が行われているのか、解説していきます。

『カードでお金』『ショッピング枠を換金』『急な出費に』などと書かれており、なんだか怪しげ・・・。その正体を解説していくのでぜひ参考にしてね!

怪しい?『カードでお金』の看板の正体は「現金化業者」

『カードでお金』の看板の正体は「クレジットカード現金化業者」です。どのような業態なのか確認していきましょう。

『クレジットカード現金化業者』とは

クレジットカード現金化業者とは、顧客のクレジットカードのショッピング枠を換金するサービスを営む業者のこと。「お金」という名前の通り、資金に困った場合に活用されるサービスのようです。

そのため、看板には「ショッピング枠の現金化」などと記載されていることもあるゾ。

こういった業者は消費者金融の審査や利用条件と言ったものがなく、クレジットカード1枚と身分証だけで現金化ができるため、消費者金融での融資を断られた人や融資の見込みがない人が利用します

しかし、どうやって『カードでお金』を作り出しているのでしょうか?その仕組みを見てきましょう。

『カードでお金』看板業者の仕組みと利用の流れ

『カードでお金』看板で業者の仕組みはショッピング枠の換金ですが、もう少し詳しく言えば「カード決済で購入した商品の即時換金」です。

ショッピング枠を使って購入した商品を換金することでショッピング枠を間接的に換金し、現金を作り出しています。詳しい流れは以下の手順をご覧ください。

STEP1:業者の説明を聞く

『カードでお金』看板の業者を来店し、業者の説明を聞きます。事業者に説明される内容は主にクレジットカード現金化の流れや商品の説明です。

STEP2:業者に指定された商品をカード決済購入

『カードでお金』看板の業者の説明で「カード決済で購入してほしい商品」を指定されるので、その商品をカード決済購入します。

指定の商品を家電量販店や専門店、デパートなどで購入を指示される「おつかい型」、業者の店頭に並べられた商品(宝飾品など)を「店頭購入型」などがあります。

STEP3:商品を業者に渡し、代金を受け取る

STEP2で業者に指定された商品をカード決済購入後、業者に渡した後、現金化の代金を受け取ります

ここで厳密には「買取型」「キャッシュバック型」の2種類があり、カード決済購入した商品を業者が購入価格の6~8割の値段で買い取る「買取型」と店頭に並べられた商品を購入し、その一部(6~8割)を現金として還元する「キャッシュバック型」です。

キャッシュバック型の場合、商品は業者に渡さずに受け取ることになります。

STEP4:無事に代金が受け取れたら現金化完了

STEP1~STEP3はあくまでも”安全的かつ理想的な”現金化の流れであり、必ずしも上記の手順どおりに円滑に現金化が進むわけではない。円滑に進めばショッピング枠は換金され、現金を調達できます。

上記のような流れで現金化は可能ですが、あくまでも流れが円滑かつ安全に進んだ場合のみです。『カードでお金』の看板を掲げた業者が安全であるという保証はどこにもありません

次章ではネット上に寄せられた『カードでお金』業者の体験談を一部ご紹介します。

上記と同じような流れで自宅からネットで現金化できる現金化サービスもあるゾ。

現金化堂

「100%ご成約主義」なので、成約するまで、換金率や送金時間を柔軟に調整してくれる優しい業者。ある意味、わがまま言い放題です!
85%換金率保証、初回利用で現金プレゼントは基本、交渉次第はそれ以上の条件を引き出せるという、ありえないクレカ現金化業者。
他のサイトと比較しても面白いかもしれません!
・名前・フリガナ・携帯番号・利用額、の4項目を入力するだけで申し込みは完了!
どこよりも簡単な申し込みが評価されています。

クラッチ

「98%!」とか、あり得ない数字でひきつけ、実際の入金額が70%以下、なんていう業者が多い中、はじめから入金ベースの換金率を80%と公言し、その通り実行してくれる現金化業者はすごく好感が持てます。
自力での現金化は利用停止リスクもあり、手間と時間もかかる。換金率が商品によってバラバラ。クラッチなら商品を買う必要もなく即現金化で8割入金。利用停止の心配もなし。これでも自力で現金化しますか?^^

『カードでお金』看板の業者の体験談「やっぱり怪しい」

5chでは『カードでお金』の内情を把握していると思しき投稿がいくつかありました。まずは以下の投稿です。

スクリーンショット出典:「カードでお金」5ch

どうやら「新幹線回数券」をクレジットカードで購入し、それを『カードでお金』業者が買い取る形態をとっており、先ほどの流れで紹介した「おつかい型/買取型」に相当していることがわかりますね。

実は新幹線回数券は金券ショップなどのリサイクルショップでは90%以上のレートで買取してくれます。この書き込みの投稿者はその金券ショップを利用せずに『カードでお金』業者を利用するのはおかしいという意見を述べているようです。

また、実は『カードでお金』といった「広告」は街中の至るところに無断で張り付けられており、この投稿者のその点について述べています。やはり「怪しさ」は拭いきれませんね。

Twitter上では以下のような報告もあったゾ。

既存の看板の上に「カードでお金」広告を張り付けるような行為も散見されており、上記の投稿はそれを裏付ける投稿となります。こうした看板への悪質な貼り付け行為も「カードでお金」の実態です。

また、5chには以下のような投稿もありました。

スクリーンショット出典:5chクレジット板「ヨドバシカメラ ゴールドポイントカード・プラス 18」644 2016年

こちらは先ほどの例とは異なり、新幹線回数券ではなく家電量販店に「おつかい」に向かわせ、指定された家電製品をカード決済購入する、という形態のようです。

業者によって商品などの形態が異なることが分かります。

しかし、現金化できる金額は商品購入代金の半額程度となってしまうことも多いようで、レートの低さや手数料の高さが目立ちます。ゆえに、ショッピング枠から還元される現金は少ないと思われます

さらに、Twitterには以下のようなツイートもありました。

このような投稿はネット上の随所に見られ、やはり「怪しいサービス」であることは確かです。次章で解説するように『カードでお金』看板店舗の利用は慎重になるべきでしょう。

『カードでお金』看板店舗は利用しないほうが良い

『カードでお金』看板店舗は前章の報告で解説したように様々なリスクがつきまといます。そのうち、主な3つのリスクをご紹介します。

リスク1:換金率(還元率)が低い

『カードでお金』看板店は換金率(還元率)が60%前後と低いケースが多いです。ショッピング枠で10万円相当の商品を購入しても、その4割である4万円分を損することに値します

クレジットカード現金化は換金率が命です。いたずらに低いレートでショッピング枠を換金することはおすすめできません。80~90%以上のある程度「高い」と言える換金率で現金化しましょう。

リスク2:手数料が「後から」高くなる

最初は手数料が安くても、後々高くなることもあります。そのため「最初ときいていた額と違う」「換金できた金額が少なすぎる」といった事態が起こりかねません。

こういった場合でも業者は「ちゃんと説明した」「そういうものだ」などと述べるケースがあるとされ、非常に悪質です。

『カードでお金』業者では安全な取引は保証されませんので、こういった詐欺リスクも視野に入れておく必要があります。

リスク3:還元額が利用停止リスクに見合わない程安い

これは先ほども説明しましたが、リスク1やリスク2によって還元される金額が60%前後となってしまいます。

現金化の方法の中には90%を超える換金率を誇る方法もあり、『カードでお金』看板業者の場合は、ショッピング枠の換金によって還元される額が「安い」といわざるをえません。

これではカード利用の不正行為・規約違反行為とみなされ、カード会社にクレジットカードを止められてしまう『利用停止』リスクにそぐわないものとなっています。

どうしても店舗型の業者を利用したい方は・・・

『カードでお金』看板を掲げるような店舗型の現金化業者を利用したい場合、ある程度名前が知られており、利用者も存在する業者を利用すべきです。

例えば、首都圏を中心に展開する、

  • 『新和チケット』
  • 『新橋ギフト』
  • 『eチケット』
  • 『太陽ギフト』

といった店舗では現金化サービスの利用者も一定数存在していると思われます。

また、地方都市には「ケイネット(k-net)」と呼ばれる金券ショップの系列店舗が現金化サービスを行っている場合もあります。こちらの店舗も現金化の際に利用できますね。

こういった店舗型の現金化業者については以下の記事で解説しますのでどうしても使いたい方は以下の記事をご覧くださいませ。

『カードでお金』よりおすすめな現金調達方法

『カードでお金』看板のお店を訪ねるよりおすすめな現金調達方法は以下の5つです。

『カードでお金』看板よりおすすめ:「カードローン」

カードローンはカードさえ審査して発行しておけば必要な時にATMですぐに現金を借り入れできるという魅力があります。ただ、自由度が高い分、借り入れをしすぎて返済金額が増え返済期間が長期化する恐れがあるので注意です。

『カードでお金』看板よりおすすめ:「キャッシング」

キャッシングはクレジットカードに機能を付帯させておけば利用できる現金調達方法でショッピング枠同様に限度額があります。カードローン同様に追加で後先考えずに借り入れすれば返済期間が延びる恐れがあります。

『カードでお金』看板よりおすすめ:「日雇いアルバイト」

日雇いアルバイトということで労働内容も単純ですぐに働けて即金性も高いのですが、日雇いだからといって即日で給料が支払われるわけではありません。「日払い制」であるかどうかはきちんと確認しましょう。

『カードでお金』看板よりおすすめ:「質屋」

質入れ品が担保となるので返済義務はありません。ただし安値で買い叩かれるリスクがあるので注意が必要です。

『カードでお金』看板よりおすすめ:「不用品の買取・メルカリ」

最もリスクの小さい現金調達方法です。審査に通る自信がなかったり『カードでお金』看板のお店で被害に遭いたくないなら不用品の買取を依頼しましょう。

来店不要、ネットから利用できる『カードでお金』サービス

前章では使っても大丈夫そうな現金化業者の店舗を紹介しましたが、お金に困る方全員がそのような店舗を利用できるとは限りません

地理的に店舗までの距離が遠い方もいれば、店舗まで向かう交通費すらままならない方もいるでしょう。

そのような場合に利用されるのがネットでカードでお金『クレジットカード現金化サービス』です。

このサービスは現金化の手続きはネット上のフォームで済ませて業者が指定した購入を購入・換金することでネット上で現金化を完結させるものとなっています。

こちらのサービスも『カードでお金』業者のような悪質な店舗もありますので、以下の記事をご覧になって優良店を選ぶコツを確認していただきたく思います。

近所に現金化業者の店舗がなくて、それでも現金化で現金を調達したいのであれば利用を検討したいところだ。

現金化堂

「100%ご成約主義」なので、成約するまで、換金率や送金時間を柔軟に調整してくれる優しい業者。安心感が違います!
・名前・フリガナ・携帯番号・利用額、の4項目を入力するだけで申し込みは完了!
・85%換金率保証
・初回利用で現金プレゼント
など、優良店としてすばらしい運営を行っています。

クラッチ

クラッチ安心感は、80%の固定換金率制度。
サイトで入金ベースの換金率を80%と公言し、その通り実行してくれる優良業者です。
そしてクラッチの決済システムも俊逸。
数億円単位の決済の中に「現金化利用分」が紛れ込みますので、利用停止事故0を継続中!
商品の納品もメールなので、非常にお手軽♪
主婦など、家族に内緒の利用では「宅配が届かない」というのは非常に安心感があります。

まとめ:実は『カードでお金』は自力でできる

『カードでお金』の看板を掲げた業者の正体はクレジットカード現金化業者でした。このような業者は顧客のクレジットカードのショッピング枠を換金することをサービスとしています。

ネット上の体験談では法外な手数料や低い換金率でショッピング枠を換金することにもなりかねないことがわかりました。利用はこういったリスクをじっくり検討してから判断することをおすすめします。

また、実はクレジットカード現金化は怪しげな店舗を利用せずとも自力でもできます。新幹線回数券やギフト券買取専門サイトを利用する方法などその方法は様々なのですが、下記の記事でわかりやすく紹介していきますのでぜひご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました