クレジットカード現金化の方法【1記事で完全に理解!】

 

この記事ではクレジットカード現金化の方法について解説しています。

「クレジットカード現金化したいけど方法がわからない」と思っていない?カード現金化の方法ははじめは「難しい」と感じる方が多いと思う。

今回はこの記事を読んだ方なら“誰でも”クレジットカードを現金化できるような現金化の方法を解説していくゾ!

今回のテーマはクレジットカード現金化の方法です。

初心者から経験者まで簡単に方法が理解できるように解説していきますのでクレジットカードを現金化したい方は必見です。この1記事で現金化のやり方をマスターしてしまいましょう。

クレジットカード現金化とは?違法・危険?【基本】

クレジットカード現金化とは、クレジットカードの利用枠のひとつ「ショッピング枠」を換金して、現金を調達する方法のことです。ショッピング枠の利用限度までの現金なら用意することができます。

まずは現金化をするにあたり、必要な基礎知識から押えておきましょう。ここを押えておくと現金化の手続きをスムーズに進めることができますよ。

クレジットカード現金化の仕組みと流れ

クレジットカードのショッピング枠を現金化するためには、ショッピング枠で商品を購入し、その商品を換金する必要があります。これが現金化できる仕組みというわけです。

仕組みや流れをさらに詳しく知りたい方は下記の記事もチェック!

とはいえ、

  • どのような商品をカード決済(ショッピング枠)購入して、
  • どうやって換金すればいいのか

という点が気になるでしょう。この記事で解説するのは上記2点です。カード現金化をする上ではこの2点を解決する方法を考えていく必要があります。

気になる「クレジットカード現金化の違法性」について

ネット上の記事ではとりわけ「クレジットカード現金化の違法性」をうったえる記事が多いですが、クレジットカード現金化行為自体に違法性はありません。

クレジットカード現金化は自分で現金化する以外にも、現金化のサービスを提供する「現金化業者」と呼ばれる業者を利用します。

現金化を専門とした業者で利用者に商品を指定しカード決済購入させ、業者が買い取るか現金キャッシュバックして利用枠を現金化するものだな。

その一部の業者の“やり方”に違法性があるというだけであり、すべての業者が違法というわけではありません。

現金化の違法性は「現金化する側」ではなく「業者側」に法的な問題がある場合があるというわけだね。

違法性についてネット記事を読んで不安になった方は以下の記事を参考に解消していきましょう。

危険を回避するための注意点2つ

はじめに言っておきますが、クレジットカード現金化は絶対に安全な方法ではありません。それでも工夫次第で安全にクレジットカードを現金化することはできます。

注意点1:カードの利用停止リスク

まずはカード利用停止リスクです。

カード会社は与信を換金される行為を嫌っており会員規約違反となっています。カード会社がなぜ禁止しているのか、本当の理由は定かではありません。

カード会社はカードの換金行為を利用履歴(購入履歴)から推測、検出しているとされています。しかし、購入履歴から知れることはたかが知れています。

換金行為といっても、その商品が現金化されるかどうかなど憶測に過ぎず、通常の取引と見分けはつきません。カード会社の疑心暗鬼という可能性も十分に考えられます。

そこで、このカード停止リスクを回避する為にはカード会社に現金化を疑わないような利用履歴を心がけることが重要です。

詳しい内容は以下の記事で解説しているので以下の記事をチェックして対処していこう。

注意点2:現金化業者の詐欺リスク

本来は現金化業者の現金化サービスは店舗で展開されているものでした。しかし、ネットの発達により、インターネット上で完結する現金化サービスが登場しました。

店舗を用意する必要がないので、様々な業者が参入し、中には闇金融のような業者がいるのも事実です。もちろんすべての現金化業者がそのようなブラックな業者というわけではありません。

そのような業者を避けるためにも、「優良店選び」「業者選び」はとても大切です。

以下の記事で詐欺行為を平然と行うような悪質業者の特徴を理解し、業者選びに役立てて見てくださいね。

ココまでの内容をふまえたうえで、自己責任で現金を調達していこう。

現金化方法1:現金化業者の現金化サービス

まずは現金化業者の現金化サービスを利用した現金化です。

現金化サービスを利用するメリット・デメリット

現金化サービスを利用するメリットは「業者の指示に従うだけで一括で現金化ができる」というものです。

現金化はカード決済で購入した商品を換金することで自分ですることもできますが、商品を購入する店舗と商品を監禁する店舗の2つの業者を使い分ける必要があり、手間や時間がかかります。

これに対して現金化サービスはクレジットカード現の現金化自体を専門としたひとつの業者で完結しているため、即日現金化も可能であり、スマートに現金化できる方法となっています。

それに対して、デメリットは現金化業者の詐欺業者が存在し、業者選びには時間をかけて慎重に行う必要があります。業者選びの方法は前章の「注意点2:現金化業者の詐欺リスク」をご覧ください。

現金化サービスの失敗例もあるので下記の記事もチェック。

その1:『店舗型の現金化サービスを利用』

店舗型の現金化サービスを利用する方法を見ていきましょう。

店舗型を利用する現金化方法
  • STEP1
    現金化業者選び
    近所の現金化業者をピックアップし、優良店を探す
  • STEP2
    現金化業者の店舗に向かう
    現金化業者の店舗に向かい、利用方法の確認し(接客態度が分かるので来店前にメールや電話などで確認する方が良い)、店頭で現金化の手続きを行う
  • STEP3
    業者指定の商品をカード決済購入後、即時買取
    業者が指定した商品をカード決済で購入したら、業者がそのまま買取をするので即時換金され、現金化が完了

店舗型ではいわゆる「買取式」という現金化業者が多い。

店舗型の現金化サービスがあるのは、首都圏のみです。首都圏で現金化をご用命の方は以下の記事をご参照ください。

その2:『ネット型の現金化サービスを利用』

近年、店舗型の現金化サービスは衰退傾向にあり、ネット上の現金化サービスに移行しつつあります。ネット上で一括で現金化できるのでスマホやパソコンだけで簡単に現金化できるのが特徴です。

ネット型を利用する現金化方法
  • STEP1
    現金化業者選び
    ネット上の現金化業者をピックアップし、優良店を探す
  • STEP2
    現金化サービスのサイトで現金化手続き
    ネット型の現金化サービスで利用方法を確認し(接客態度が分かるので利用前にメールや電話などで確認する方が良い)、ネットで現金化手続き開始
  • STEP3
    業者指定の商品をカード決済購入
    業者が指定した商品をカード決済で購入
  • STEP4
    その後の流れは2種類
    指定した商品をカード決済で購入後、業者に買い取ってもらうために指定された住所に送付するか、あるいは業者が売る商品をカード決済購入してその現金キャッシュバックされるかの2種類で業者によって異なるのでSTEP2で確認しておく
  • STEP5
    現金振込
    現金化の手続きが完了すれば現金は指定した口座に振り込まれる

このように、スマホを利用してネット上で一括でクレジットカード現金化できるので自力現金化の手間が面倒な方の味方となってくれるサービスとなってくれます。

優良サイトについては以下の記事をご覧ください。

クレジットカード現金化はネットからできる現金化サービスという選択肢もあるゾ!ネットから手続きすれば現金化されるのを待つだけだ!

スピードワン

カード利用停止になりづらいスピードワンの秘密は、カード決済システム。
海外経由での決済、しかも毎月数十億円の決済の中にスピードワン利用分が紛れますので、カード会社も「現金化利用」と判別できません。
実は、自力で現金化するより、現金化業者を利用したほう利用停止になりづらいって知ってましたか!?安心で選ぶなら、スピードワン一択!
換金率も入金ベースで75~83.3%と業界最高水準。
とにかく入金が早いので、一度相談してみてはいかがでしょうか。

エーキャッシュ

エーキャッシュ安心感は、80%の固定換金率制度。
サイトで入金ベースの換金率を80%と公言し、その通り実行してくれる優良業者です。
そしてエーキャッシュの決済システムも俊逸。
数億円単位の決済の中に「現金化利用分」が紛れ込みますので、利用停止事故0を継続中!
商品の納品もメールなので、非常にお手軽♪
主婦など、家族に内緒の利用では「宅配が届かない」というのは非常に安心感があります。

換金比較ネット

〈最大20社〉換金率の比較が30秒で完了。
簡単なフォーム送信だけで比較できるので非常に便利。
換金率で比較したり、送金スピードで比較したり、あなたにピッタリな条件の業者を一括で探せる、クレカ現金化業者の一括見積もりサイトです!

現金化方法2:自分でクレジットカード現金化(リサイクルショップ)

ここからは業者を使わないクレジットカード現金化について解説していきます。以下の記事の考え方を参考にしています。

現金化の流れは以下の通りです。

自分で業者を使わない現金化方法
  • STEP1
    クレジットカードで商品購入
    高く売れやすい商品を選び、クレジットカードのショッピング枠で通常購入
  • STEP2
    リサイクルショップで買取依頼・換金
    カード決済で購入した商品は複数店舗で相見積もりを出してもらい、最も高い査定金額を出してくれたリサイクルショップで換金してもらう

高く売れやすい商品には商品券や新幹線回数券、ブランドアイテムといったものがあります。詳しくは以下の記事もご覧ください。

後はリサイクルショップで換金するだけなのですが、この時買取依頼に利用する店舗は大手チェーン系の総合リサイクルショップではなく、特定の商品の高価査定も可能な専門リサイクルショップがおすすめです。

お近くのリサイクルショップをピックアップしたら、複数の優良店を選び、相見積もりを出して最も高い査定金額で換金していきましょう。

自分で現金化するメリット・デメリット

自分で現金化するメリットは「換金率が高い」という点です。自分で高く売れる商品を自由に選べる上に、高く買い取ってくれるリサイクルショップを選べるので業者を利用するよりも換金率は高いです。

ただし、自力での現金化は歯止めが利きにくく、ついつい短期間で複数回、高額な商品を一括購入してしまい、カード会社に目を付けられる可能性は高く、カードを止められるリスクが大きくなります

その1:『商品券』を利用した現金化

商品券を利用したクレジットカード現金化は自力現金化の王道です。カード決済で購入した商品券を金券専門のリサイクルショップである「金券ショップ」で売ります。

以下の記事を参考にして商品券を利用した現金化に挑戦してみましょう。

その2:『新幹線回数券』を利用した現金化

新幹線回数券を利用した現金化も換金率が非常に高く、常套的な手段です。みどりの窓口でカード決済で購入した新幹線回数券を金券ショップで売ることで利用枠を現金化していきます。

ただし、換金率が高すぎるため、購入しすぎるとほぼ確実に現金化を疑われます。失敗したくない方は以下の記事を参考にしながらの現金化をおすすめします。

その3:『ブランド品』を利用した現金化

ブランドアイテムを利用した現金化は通常の取引と区別がつきにくく、現金化が疑われるのが怖い方にオススメの方法となっています。また、ブランドアイテムもカード決済で購入しやすいです。

カード決済で購入したブランドアイテムは「大黒屋」「なんぼや」などの質屋系のリサイクルショップで売ると高く売れやすいのでおすすめですよ。

その4:『amazonギフト券』を利用した現金化

Amazonギフト券は基本的にはカード決済購入できませんが、Amazon公式サイト上で販売されている「eメールタイプ」のみカード決済購入可能です。公式サイト上でeメールタイプを購入しましょう。

Amazon公式サイトにアクセスしたら、ヘッダーメニューから「ギフト券」を選び、Eメールタイプを購入しましょう。

Amazonギフト券のような残高を登録するようなギフト券は商品券とは異なり、金券ショップで売ることはできません。

後は「換金サイト」と呼ばれるネット上の買取業者(リサイクルショップ)で換金してもらいます。以下の記事をご参照ください。

現金化方法3:メルカリ・ヤフオクを利用して現金化

メルカリ・ヤフオクを利用することでもクレジットカード現金化できます。方法はとても簡単でカード決済で購入した商品をフリマアプリ(ネットオークション)に出品して換金するだけです。

購入する商品はなんでも良い。以下の記事を参考にリサイクルショップで高く売れるような商品を買うと良いだろう。

フリマアプリで現金化するメリット・デメリット

自力で現金化するならカード決済で購入した商品をリサイクルショップで売れば良いと思うかも知れませんが、実はフリマアプリやネットオークションを活用することでより高く売ることができます

フリマアプリやネットオークションを利用することで購入価格以上の値段で売ることもできる。つまり、利益が発生するというわけだな。

デメリットとしては、発送の手続きがあるので、出品してから入金されるまで2日~1週間程度かかるという点であり、とにかく時間がかかります

高く売れる方法ではありますが、すぐに現金化できないのがネックです。それでも高く売りたい方にはおすすめの方法となります。

その1:『メルカリ』

カード決済で購入した商品をメルカリに出品していきましょう。

『メルカリ』で現金化
  • STEP1
    カード決済で商品購入
    クレジットカード決済で商品を購入
  • STEP2
    メルカリに出品・手続き
    出品ルールと相場を確認して出品、出品した商品が購入されたら、購入者に取引メッセージを送り、支払いの完了を確認したら、商品の発送、購入者のもとに出品したAmazonギフト券が届いたら取引完了

無事にカード決済で購入した商品が売れれば現金化は完了です。時間はかかりますが、値段の付け方によっては利益が出るのでおすすめですよ。

その2:『ヤフオク』

クレジットカードで購入した商品をヤフオクに出品することでも利用枠を現金化できます。詳しい方法は以下の記事でヤフオクで現金化できますが、注意点もあるので確認しておきましょう。

現金化方法4:親族・友人・知人のおつかい

オンラインショップの中にはクレジットカード決済だけに対応しているショップやカード払いの方が便利なショップが存在します。

そのため、親族・友人・知人の中でカードを持っていない方の「おつかい」をして、商品を立て替えてカード決済で購入し、現金で返済してもらいましょう。

メリットは身内のやり取りとなるので信頼できる方とのやり取りであれば安全性が高く、おつかいでありどのような商品でも良いのでカード会社から現金化を悟られにくく利用停止リスクが低いです。

デメリットとしては身内がいつでもオンラインショップで買い物をしたいとは限らないという点です。いつでも現金化できる方法ではないので現金化できるタイミングは限られます。

まとめ:メリット・デメリットを見て選ぼう

今回紹介したクレジットカード現金化の方法をまとめます。

  • 現金化方法1:現金化業者の現金化サービス
  • 現金化方法2:自分でクレジットカード現金化(リサイクルショップ)
  • 現金化方法3:メルカリ・ヤフオクを利用して現金化
  • 現金化方法4:親族・友人・知人のおつかい

様々な方法がありますが、それぞれのメリットデメリットをふまえてお好みの方法でクレジットカードを現金化していきましょう。

現金化が必要な状況は急ぎの場合の方が多い。現金化サービスでネットで素早く現金化できれば急に現金化必要になっても困らないだろう。

スピードワン

カード利用停止になりづらいスピードワンの秘密は、カード決済システム。
海外経由での決済、しかも毎月数十億円の決済の中にスピードワン利用分が紛れますので、カード会社も「現金化利用」と判別できません。
実は、自力で現金化するより、現金化業者を利用したほう利用停止になりづらいって知ってましたか!?安心で選ぶなら、スピードワン一択!
換金率も入金ベースで75~83.3%と業界最高水準。
とにかく入金が早いので、一度相談してみてはいかがでしょうか。

エーキャッシュ

エーキャッシュ安心感は、80%の固定換金率制度。
サイトで入金ベースの換金率を80%と公言し、その通り実行してくれる優良業者です。
そしてエーキャッシュの決済システムも俊逸。
数億円単位の決済の中に「現金化利用分」が紛れ込みますので、利用停止事故0を継続中!
商品の納品もメールなので、非常にお手軽♪
主婦など、家族に内緒の利用では「宅配が届かない」というのは非常に安心感があります。

換金比較ネット

〈最大20社〉換金率の比較が30秒で完了。
簡単なフォーム送信だけで比較できるので非常に便利。
換金率で比較したり、送金スピードで比較したり、あなたにピッタリな条件の業者を一括で探せる、クレカ現金化業者の一括見積もりサイトです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました