クレジットカード現金化で後悔?悔いナシで現金調達しよう

クレジットカード現金化をして後悔してしまうこともあると思っていませんか

確かに現金化によって失うものもあるかもしれません。事前にどのようなリスクや注意点、デメリットがあるのか、現金化のネガティブな側面についても理解しておいた方が良さそうですね。

事前に何も知らず現金化して後悔するのは最悪だろうからな。

また、後悔しない現金化のために必要な知識も解説していくのでぜひ最後までお付き合いくださいね。

今回はクレジットカード現金化の後悔するポイントと後悔しない現金化方法を解説していくよ!

クレジットカード現金化で後悔した体験談

クレジットカード現金化する人が後悔しがちなポイントを5つご紹介します。

後悔その①:「現金調達までに時間がかかった」

クレジットカード現金化はカード決済で購入した「商品」を換金することでショッピング利用枠を現金化する方法なので、必ず「商品」を介する必要があります

そのため、クレジットカード現金化の方法によっては、商品の「発送」が必要になる場合もあります

発送を利用する場合、商品が発送手続きを行ったその日のうちに届くということは少なく、2日以上かかります商品の発送に時間がかかるほど現金化にかかる時間も長くなるということですね。

そのため、「夜のうちにクレジットカード現金化しておきたかったのに2日以上かかった」「祝日のうちに現金を準備できなかった」と後悔する可能性があります。

特に「早く現金が欲しい」と急ぎの方はクレジットカード現金化の方法によっては所要時間が異なるということを覚えておきましょう。

後悔その②:「商品が届いたり明細から現金化が職場・家族にバレた」

クレジットカード現金化には商品の購入が必要ですので、現金化の際に購入した商品が自宅や勤務先など届く場合もあります。

クレジットカード現金化に利用する商品は普段買わないような商品や高額になる商品も多いので「なぜこのような商品を購入したのか」問いただされてしまう可能性もゼロではありません。

何らかの手違いで職場に商品が届いてしまったケースもあります。

クレジットカード現金化とすぐに疑われることはないとは思いますが、やはり商品を受け取った家族や職場の人間が不信に思うことはあるようです

家族に不審な思いをさせてしまったという後悔だな。

また、現金化したカードが家族カードであったり、パートナーがWeb上の利用明細にアクセスできる場合、家族が明細上でクレジットカード現金化時の高額商品の連続購入など不審なお金の動きに気づくこともあります。

やはり家族をお金のことで不安にさせてしまったという後悔は防ぐ必要がありますね。

後悔その③:「カード利用停止になったり、カード会社から確認の電話が来た」

クレジットカード現金化はカード会社の会員規約違反行為です。

そのため、カード会社がカードの利用履歴から会員のクレジットカード現金化行為を検出すると、カードを止められたり、商品購入意図の確認の連絡を入れてくる場合があります。

「カードが使えなくなった」という後悔は大きいな。

後悔その④:「信用情報に傷が付いてしまった」

クレジットカード現金化行為自体が直接的に信用情報を傷つけることはありません。

しかし現金化によって「利用停止」になってしまうと、JBA(KSC)、JICCなどといった信用情報機関では「強制解約」という「金融事故情報」に分類され、5年間情報が登録されることがあります

つまり、利用停止から5年の間、信用情報に傷が残るということも考えられるわけです。

信用情報機関であるJBA(KSC)は銀行系、またJICCは貸金業系ですので、銀行口座の新規開設やカードの新規会員登録・発行、ローンの審査などに影響を及ぼす恐れもあります。

こうした信用情報への傷は今後のことを考えて避けたい「後悔」ではあります。

後悔その⑤:「債務整理ができなくなった」

クレジットカード現金化ほか金銭的事情でカード会社に当月の利用代金を支払いできなくなった場合、カード会社に対してショッピング利用枠の「債務整理」を行う必要があります。

しかしながら、クレジットカード現金化はカード会社の会員規約違反行為でしたね。

そのため、カード会社はこの債務整理の交渉に中々応じてくれないということがよくあります。

債務整理ができないと返済額を減額して貰えず、全額カットや大幅カットといった恩恵を受けることができません。

このように「クレジットカード現金化で債務整理ができなくなった」といった後悔もあるので、お金に困っている方には要注意だゾ。

後悔その⑥:「現金化業者が悪質業者だった」

クレジットカード現金化の方法には様々な方法があります。自力で現金化する方法もあれば、現金化を専門とする業者を利用する方法もあります。

中でも現金化業者のサービスを利用してクレジットカード現金化する場合、即日現金化可能で、現金化の申込~振込まで一括で行ってくれることから「手軽」として利用する方も少なくないようです。

しかし、このようなクレジットカード現金化御者の中には「後で高額な手数料を請求」「実際の換金率と異なるレートでショッピング利用枠を換金」など詐欺行為を働く悪質業者も存在しているのが現実です。

このような悪質な業者に引っかかってしまい、「詐欺被害に遭った」という声も少なくはありません。

そこで重要となるのは業者選びでしょう。詐欺を行うような業者を選ばない工夫が重要になるはずです。

この現金化サービスでクレジットカード現金化するのであれば、以下の記事を参考にして業者選びの基本を押さえておきましょう。

後悔しないためにも「優良」とみなせる現金化サービスの見極めが肝心だな。

現金化堂

「100%ご成約主義」なので、成約するまで、換金率や送金時間を柔軟に調整してくれる優しい業者。安心感が違います!
・名前・フリガナ・携帯番号・利用額、の4項目を入力するだけで申し込みは完了!
・85%換金率保証
・初回利用で現金プレゼント
など、優良店としてすばらしい運営を行っています。

クラッチ

クラッチ安心感は、80%の固定換金率制度。
サイトで入金ベースの換金率を80%と公言し、その通り実行してくれる優良業者です。
そしてクラッチの決済システムも俊逸。
数億円単位の決済の中に「現金化利用分」が紛れ込みますので、利用停止事故0を継続中!
商品の納品もメールなので、非常にお手軽♪
主婦など、家族に内緒の利用では「宅配が届かない」というのは非常に安心感があります。

クレジットカード現金化で後悔させない!対策はこちら【全まとめ】

クレジットカード現金化で後悔しないためには対策が肝心です。これからクレジットカード現金化する方は以下の対策を講じましょう。

後悔しないための対策①:換金性の高い商品の連続・大量購入は避ける

カード会社はそのカード会員の利用履歴をモニタリングしています。とある業界人の話ですと、クレジットカード現金化する人間の統計的モデルがあるので、利用履歴から現金化した人間と推定できるとされます。

換金率の高い商品の連続購入や大量購入は、カード会社からすればクレジットカード現金化の「前兆」と受け取れるのかもしれません。

特にそのカード会員が過去に延滞を繰り返していたりするとカード会社は信頼できずにクレジットカード現金化の可能性ありとみなしてしまうと思われます。

クレジットカード現金化とみなされれば規約違反としてクレジットカードは利用停止の制裁を受けます。

後悔する前に換金性の高い商品の連続・大量購入を避けましょう

後悔しないための対策②:電話で換金率と手数料を聞き、詐欺業者を避ける

クレジットカード現金化専門サービスを利用する際は詐欺業者に注意しなければなりません。

大半のクレジットカード現金化専門サービスには「電話番号」が記載されており、電話の問い合わせにも応じます
現金化サービスを利用する前にまず換金率と手数料を聞いておきましょう。

クレジットカード現金化サービスを利用した結果、実際に受け取れる金額がいくらなのかも確認しておきます。

もしこのような質問をして、業者側が接客態度を変えて怒り出すようなら悪質業者と認定でOKです

詐欺に遭う可能性もあるので後悔しないためにも利用しないようにしてください。

後悔しないための対策③:原則的に個人情報は与えない姿勢を貫く

クレジットカード現金化の手続きの中で個人情報が必要になる場面は「商品の購入時」の「カード番号」「セキュリティコード」「有効期限」「名義人」だけです。

クレジットカード現金化の実態はクレジットカードを利用した売買取引に過ぎません。

クレジットカード現金化業者の現金化専門サービスは「現金キャッシュバック」によりカードのショッピング枠を換金します。

本人確認が必要となる買取を行うわけでもなければ、本人確認の必要などどこにもないのです

いくら切羽詰まっていても、クレジットカードや銀行の暗証番号や運転免許証の写真、自宅の住所などを業者に教えないようにしましょう。

悪用されて後悔するだけだ。

後悔しないための対策④:利用者がいることを確認

きちんとクレジットカード現金化業者の現金化サービスに利用者、主にリピーターがいることを確認しましょう。困った時にちゃんと使えているか、が重要な指標です。

後悔しないための対策⑤:日本語に問題がないか確認

クレジットカード現金化サービスの説明文や利用規約を確認し、日本語や文脈に問題がないか確認しておきましょう。

一般的な企業のサービスであれば、サービス上の記載における日本語や文脈に問題があれば修正が入ります。

普通に考えておかしな表現や筋が通っていないような内容を放置しないよね。

悪質業者に引っかかって後悔する前にしっかり確認しておこう。

後悔しないための対策⑥:自宅に現金化に使った商品が届かないものを利用する

クレジットカード現金化業者を利用すると自宅にクレジットカード現金化に利用した商品が届くことがあり、家族同居人に不信がられる可能性があります。

そこからクレジットカード現金化を行なっていると導き出される可能性は低いですが、家族や同居人に迷惑ですので後悔する前に業者に商品が届くサービスか聞いておきましょう

後悔しないための対策⑦:返済計画を立てる

クレジットカード現金化した分は「カード利用代金」として後でカード会社に支払います

なので、後で支払い用の現金を用意できる金額でクレジットカード現金化するのが後悔しないために重要です。

払えないとなった時にカード会社に制裁を受けるのが目に見えています。

後悔しないための対策⑧:カード会社への支払いを滞納しない

カード会社は利用代金の支払いを滞納するような人を信用しません。

つまり、怪しげな利用履歴があった時にクレジットカードを利用停止されやすくなります。

当然のことかもしれませんが、後悔しないためにもカード会社への支払いは滞納しないようにしましょう

後悔しないクレジットカード現金化サービス利用

クレジットカード現金化で後悔しないためにも、後悔を避けるポイントを考えていきます。

  • 対策1:「現金調達までに時間がかかった」「商品が届いたり明細から現金化が職場・家族にバレた」2日以上かかる「発送」を利用しない現金化方法(来店式など)を使う。家族カードで現金化しない。カードのWeb上のマイページのログインパスワードを変えておく
  • 対策2:「カード利用停止になったり、カード会社から確認の電話が来た」「信用情報に傷が付いてしまった」「債務整理ができなくなった」とにかく利用停止を防ぐ工夫が第一。換金率の高い商品や高額商品の連続購入を避ける。現金化は1ヵ月に一度程度
  • 対策3:「現金化業者が悪質業者だった」→優良店業者選びの方法を極める

対策1について、即日かつ発送を利用せずに現金化したいのであれば、まずは以下の記事をご覧ください。

対策2について、現金化を疑われない工夫が重要であると考えられます。詳しくは以下の記事をご覧ください。

対策3については、業者選びが肝心です。悪質業者の避け方と優良店の選び方については前章で紹介した通りとなります。

ここまで紹介した対策を講じれば後悔のない現金化も可能だろう。

キャッシュバック型で商品もメールで届くようなPDF形式の情報商材、おまけに決済代行業者で利用明細から現金化を特定しにくいような「現金化サービス」なら後悔のない現金化も期待できるネ!

現金化堂

「100%ご成約主義」なので、成約するまで、換金率や送金時間を柔軟に調整してくれる優しい業者。ある意味、わがまま言い放題です!
85%換金率保証、初回利用で現金プレゼントは基本、交渉次第はそれ以上の条件を引き出せるという、ありえないクレカ現金化業者。
他のサイトと比較しても面白いかもしれません!
・名前・フリガナ・携帯番号・利用額、の4項目を入力するだけで申し込みは完了!
どこよりも簡単な申し込みが評価されています。

クラッチ

「98%!」とか、あり得ない数字でひきつけ、実際の入金額が70%以下、なんていう業者が多い中、はじめから入金ベースの換金率を80%と公言し、その通り実行してくれる現金化業者はすごく好感が持てます。
自力での現金化は利用停止リスクもあり、手間と時間もかかる。換金率が商品によってバラバラ。クラッチなら商品を買う必要もなく即現金化で8割入金。利用停止の心配もなし。これでも自力で現金化しますか?^^

まとめ

今回紹介した内容をまとめます。
  • 後悔と対策1:「時間がかかる」「商品や明細が不安」→来店式の現金化を利用する
  • 後悔と対策2:「利用停止」→同一商品の連続購入を避ける。現金化は月1ペース
  • 後悔と対策3:「現金化業者が悪質」→優良店業者選びの方法を極める
このような対策をとることで、後悔のない現金化を実現することは可能でしょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました