クレジットカード現金化向きの【商品】解説!何がある?

 

この記事ではクレジットカード現金化に向いている商品をご紹介します。

今回のテーマはクレジットカード現金化と商品です。

クレジットカードは便利な金策です。

そのクレジットカード現金化にはどうしても「商品」のカード決済が必要となります。でもどうしてクレジットカード現金化には商品が必要なのか、基本的な知識も理解しておきたいところでしょう。

今回は現金化向きの商品のリストと自分でできる現金化の方法について詳しく解説していくので、これから現金化したいという方には重要な内容となっています。

現金化の前に必ずチェックしておこう!

クレカ現金化でなぜ「商品」が必要なのか

クレジットカード現金化に商品が必要な理由は、商品を介してショッピング枠の現金化が図れるためです。

クレジットカード現金化の仕組みを簡単に説明すると、カード決済のショッピング枠で購入した商品を転売や買取などで換金し、商品を介してショッピング枠を換金して現金を調達する、というもの。

つまり、カード決済のショッピング枠で購入した商品ナシで、クレジットカードのショッピング枠現金化はできない、ということになります。現金化をする上でこれは決定事項なのです。

商品選びが大変なら現金化サービスを頼ろう。業者の指示通りに現金化の手続きを購入するだけ!

スピードワン

換金率は入金ベースで75~83.3%と業界最高水準。
交渉すればするほど高くしてくれるというウワサの業者さんです^^
カード決済は、海外経由なので利用停止の心配もなし。
高換金率、安心、スピードと三拍子そろった業者はいません。ゲンキンマンいちおしです!

エーキャッシュ

「98%!」とか、あり得ない数字でひきつけ、実際の入金額が70%以下、なんていう業者が多い中、はじめから入金ベースの換金率を80%と公言し、その通り実行してくれる現金化業者はすごく好感が持てます。
自力での現金化は利用停止リスクもあり、手間と時間もかかる。換金率が商品によってバラバラ。エーキャッシュなら商品を買う必要もなく即現金化で8割入金。利用停止の心配もなし。これでも自力で現金化しますか?^^

クレジットカード現金化向きの商品を考える

現金化にはどうしても商品の購入が必要である事がわかりました。しかし、どのような商品を購入すれば良いのでしょうか。まずはそこから考えていきます。

どんな「商品」が現金化に向いているのか

どのような商品でもクレジットカード現金化に向いているわけではありません。購入する商品によっては「換金率」が大きく下がり、手元に戻ってくる現金の金額が減ってしまいます。

したがって、現金化向きの商品を選ぶことは現金化をするうえで重要なポイントとなってきます。

しかし、どのような商品が現金化に向いているのでしょうか。以下のように考えます。

  • カード決済で購入できること
  • 換金率が高いこと
  • 手数料が抑えられること

上記のような条件を考えた上で商品を選んでいく必要があるようです。

ただし、クレジットカードで購入できて、なおかつ換金率が高い商品(=販売価格に近い値段で高く売れる商品)となるとかなり限られてきます。

現金に準ずる価値のある「金券類」であればカード決済で購入するのは困難ですが、ほぼ額面通りの値段で売ることが可能です。このように「高く売ること」と「カードで購入できること」を同時に意識することが重要となります。

また、商品を購入する際にもサービスによっては送料やサービス利用料など「手数料」も同時にかかりますので、お得に現金化するためには手数料の存在も忘れてはいけません。

上記のポイントを考慮したうえでクレジットカードを現金化していきましょう。

現金化向きの商品のリスト

当記事では厳選済みの商品を選んだリストを作りましたので、みなさんが探す必要はありません。

商品1:『信託系商品券』

販売価格相場 5,000円~50,000円
換金率相場 85~95%
購入場所 カード会社の公式サイトで発注

商品券は贈答品として需要があるので金券ショップなどリサイクルショップを中心に高く売れやすい商品となっています。換金率は販売価格(額面)の9割に相当し、非常に高く売れやすい商品です。

このように現金化向きであるためカード会社に目を付けられる商品となっており、現にほとんどの店舗では商品券を販売していてもカード決済での購入を断られるなどカード決済購入できません

ただし、カード会社が発行する信託系の商品券であれば例外的にカード決済購入できます。

さらにこの信託系の商品券は、国内でカード会社の加盟店も多く、クレジットカード決済が普及しているため、国内の至る箇所で使える商品券となっており、金券ショップでの換金率も高めです。

信託系の商品券はカード会社の公式サイトから指定枚数を発注可能であり、支払い方法にカード決済を指定できます。有名なものではJCBギフトやVISAギフトが挙げられるでしょう。

商品券を利用した現金化については以下の記事で詳しく解説します。

商品2:『ハイブランドのアイテム』

販売価格相場 10,000円~2,000,000円
換金率相場 60~80%
購入場所 直営店でカード決済購入/ネット上の販売サイトで購入

断捨離するときに「ブランドアイテムが高く売れやすい」というのは何となく理解している方も多いでしょう。

購入するアイテムの種類や買取を依頼する場所にもよりますが、ブランドアイテムは高く売れやすいです。

金券類よりもカード決済で購入しやすい、というメリットが大きい。

高く売れる型の見極めが難しく、査定スタッフによって査定金額もまちまちなので換金率が安定しないというのがデメリットだろう。

そのねらい目としては例えば、

  • ルイヴィトン
  • エルメス
  • シャネル

などのハイブランドです。

このようなブランドが販売する一部のブランドアイテム(人気の財布やバッグの型)が高価査定となりやすいとされています。

ただし、どの型がいくらでやり取りされているかは買取を依頼する店舗で大きく変わりますので、まずは最初に近所の「ブランド専門リサイクルショップ」を探し、高く売れやすい商品のラインナップを確認しておきましょう。

後はそのブランドアイテムと同じ型を直営店かWeb上で探し、見つけたらカード決済購入してそのブランド専門リサイクルショップで売るだけとなります。

商品3:『新幹線回数券』

販売価格相場 ~100,000円
換金率相場 85%~
購入場所 みどりの窓口、券売機

新幹線回数券は最寄りのJR駅のみどりの窓口でカード決済購入できます

回数券は頻繁に出張を行うビジネスマンに需要があり、東京と名古屋、大阪を結ぶ東海道新幹線沿いの金券ショップでは商品券よりも高値でやり取りされています。

ただし、手軽にカードで購入できて高く売れる一方でカード会社に目を付けられやすい商品であることを忘れてはいけませんよ。詳しい内容は以下の記事で解説します。

商品4:『Amazonギフト券』

販売価格相場 10,000円~(額面指定可能)
換金率相場 80%~
購入場所 Amazon公式サイト上

Amazonギフト券はコンビニや薬局、家電量販店などでPOSAカードとして売られているのはご存知でしょう。

しかし、店頭に並ぶ「POSAカード」は現金支払いのみ対応でカード決済での購入は不可能です。

そこで利用するのがAmazon公式サイト上で購入できる「Amazonギフト券eメールタイプ」となります。こちらのタイプは文字通りeメール宛にAmazonギフト券のコードが届くというもの。

さらに購入時に額面を自分で指定することができる優れモノだ。

このeメールタイプの決済方法は「クレジットカードのみ」なのでご安心ください。

Amazonギフト券のようなプリペイドカードは金券ショップでは買取に対応していませんので、購入後は「ギフト券買取専門サイト」と呼ばれる専門の買取業者に換金を依頼していきます。

以下の記事ではAmazonギフト券を利用したクレジットカード現金化とAmazonを利用した現金化方法について解説していきます。

商品5:『最新ゲーム機・最新人気ゲームソフト』

販売価格相場 5,000円~50,000円
換金率相場 ~80%
購入場所 家電量販店、通販サイトなど

最新のゲーム機や最新のゲームソフト(人気タイトル)は発売後に転売ヤーが買い占めたり、お店の前に長蛇の列ができるほどの需要があります。

このことからも最新人気ゲームソフトや最新ゲーム機は需要があり、高く売れることが明らかでしょう。

ゲームソフトやゲーム機であればカード決済もしやすいですし、中古ゲームリサイクルショップも見つけやすいと思います。

ただし、ゲーム業界はブランド業界以上に流行り廃りが激しく商品が値崩れしやすいので、常にゲームソフトのラインナップを確かめておくことが大切であり、特に人気タイトルの発売に合わせて現金化するとなればある程度待つ必要もあります。

買いやすいく売りやすいのですが、高く売るためにはゲームソフトやゲーム機をきちんと選ばなければ損をすることになるので注意が必要です。

商品さえ決まれば自分でクレジットカードを現金化できる

購入する商品は決まりましたか?購入する商品が決まれば後は売るだけで自力で現金化することが可能です。ここからはその方法を紹介してきます。

自分で現金化する方法(業者を使わない)

自分で現金化する方法は以下の通りです。

自分で現金化する方法
  • STEP1
    カード決済で商品購入
    カード決済で購入する商品を選び、クレジットカードのショッピング枠でいつも通り購入。できればリサイクルショップの買取商品ラインナップを確認しておき、事前に高く買い取ってくれる店を絞っておく
  • STEP2
    リサイクルショップで買取依頼・換金
    カード決済で購入した商品は複数店舗で相見積もりを出してもらい、最も高い査定金額を出してくれたリサイクルショップで換金してもらう

商品を購入したらリサイクルショップで買取を依頼してもらいましょう。現金化の方法については複数あり以下の記事でも解説していますので自分にあった現金化方法を検討してみても良いでしょう。

現金化の違法性?危険性?安全面の心配

カード会社の公式サイトで現金化の違法性について解説している記事がありますが、現金化をする側には違法性がありません。詳しくは以下の記事をご覧ください。

現金化による被害も悪質業者によるものであり、業者を使わないで自分で現金化する際には関係がありません。悪質業者と危険性については下記の記事で解説しますので不安な方はチェックしましょう。

それでも心配な方以下の記事もご覧ください。

まとめ:現金化業者なら商品を「選ぶ」手間はない

自分で現金化するならカード決済で購入する商品は自分で選ぶ必要があります。この記事で紹介したのは以下の5つです。

  • 商品1:『信託系商品券』
  • 商品2:『ハイブランドのアイテム』
  • 商品3:『新幹線回数券』
  • 商品4:『Amazonギフト券』
  • 商品5:『最新ゲーム機・最新人気ゲームソフト』

ここまでは自分で現金化する方法を紹介してきました。しかし、自分で現金化するためには商品を選ぶ手間がかかり、Web上で購入すれば「発送」されて手元に「到着」するまで待つ必要があります

そこからさらに買取を依頼するリサイクルショップを探し、複数店舗で見積もりを出してもらい、最も高い店舗で買取依頼となるのとかなりの労力を要することは容易に想像できます。

これに対して、現金化業者の「現金化サービス」であれば業者が指定した商品を購入して、商品を受け取るだけなので商品を選ぶ手間はありません。業者側でカード決済から代金の支払いまで短縮しているので即日現金化も可能です。

即日で現金化できるサービスですが、悪質業者がいることも事実です。そのような業者は業者選びと口コミ探しを徹底して避けていきましょう。以下の記事をご覧ください。

優良店を選ぶ方法はあるので試行錯誤することはできるね。以下の記事もチェック。

現金化サービスなら商品選び不要!商品の発送到着や査定を待たずに即日現金化を目指そう。

スピードワン

換金率は入金ベースで75~83.3%と業界最高水準。
交渉すればするほど高くしてくれるというウワサの業者さんです^^
カード決済は、海外経由なので利用停止の心配もなし。
高換金率、安心、スピードと三拍子そろった業者はいません。ゲンキンマンいちおしです!

エーキャッシュ

「98%!」とか、あり得ない数字でひきつけ、実際の入金額が70%以下、なんていう業者が多い中、はじめから入金ベースの換金率を80%と公言し、その通り実行してくれる現金化業者はすごく好感が持てます。
自力での現金化は利用停止リスクもあり、手間と時間もかかる。換金率が商品によってバラバラ。エーキャッシュなら商品を買う必要もなく即現金化で8割入金。利用停止の心配もなし。これでも自力で現金化しますか?^^

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました