クレジットカード『ショッピング枠』を簡単に現金化する方法

 

この記事ではクレジットカードのショッピング枠を簡単に現金化する方法を大公開しています。

今回は簡単にカード現金化する方法を紹介していくゾ!即日で10~20万円も作れるのでおすすめだ。

今回紹介するのはショッピング枠の現金化方法となります。

何だか難しそうに聞こえますか?実はショッピング枠の現金化は消費者金融でお金を借りるよりも非常に簡単でハードルが低いです。

審査や利用条件はないからね。

準備するものはクレジットカード(当月のショッピング枠残高の残っているもの)と身分証だけですので記事を読み進めながら用意していただければと思います。

カードのショッピング枠現金化は違法?やってもOK?

早速現金化していきたいところですが、不安や疑問を解消してからトライして欲しいと思います。

ネット上ではカードを発行する信託系会社のWebサイトを中心に、「クレジットカードのショッピング枠現金化は違法」「現金化は危険だから止めましょう」という記事を見かけませんでしたか?

このような記事があるので不安でクレジットカード現金化を躊躇してしまうかもしれません。まずはどういうことなのか、事情を見ていきましょう

心配な方は以下の記事もチェックしておこう。

クレジットカードの現金化は違法ではない

まず、クレジットカードのショッピング枠を現金化する行為自体には違法性はありません。そのような行為を裁く法律はありませんし、現行法で違法性を問うのは不可能です。

 

違法性について詳しくは以下の記事もチェックしよう。

それでもカード会社では「違法性」をとなえていますよね。それは「現金化業者」と呼ばれる業者の中でも一部の業者が原因です

この現金化業者は文字通り、カードのショッピング枠の現金化をサポートしてくれる業者となっています。

近年、ネットでのサービス提供が主流になってから様々な業者がネット上で現金化サービスを提供するようになりました。

その中には高額な手数料を請求したり、換金代金を振り込まないなど悪質な業者が存在しています

もちろんそのような行為は詐欺行為であり、そのような悪質業者は刑法の「詐欺罪」によって裁かれますし、出資法上の高額金利とみなされて違法行為として裁かれたケースもあります。

業者の母数が多いので中には悪質な業者が紛れるのも仕方がないことでしょう。詳しくは以下の記事で解説していきます。

ただしカード会社の会員規約違反

カード現金化はそのような悪質業者を避ければ安全に現金化できますし、そもそも業者を利用しないで自力で現金化する方法もあります。

しかし、いくら「クレジットカード現金化行為は違法ではない。違法なのは一部の現金化業者」といってもカード会社は頑として現金化行為を禁止しています。

会員に与えた与信を換金される行為はやはり気に入らないものなのでしょう。

会員規約を確認するとどのカード会社のものでも「換金目的での利用を禁止する」と明記されています。

実際にカードの利用履歴を監視し、換金目的での利用を検知した場合にカードの利用を停止するものと思われます。

しかしながら、利用履歴から分かることは「購入した」という事実のみであり、「換金した」ところまでは知る由がありません。

つまり、カード会社に現金化を疑われたところであくまで憶測に過ぎないということです。購入意図を説明できればカード会社の会員規約違反を避けることができます。詳しくは以下の記事で紹介します。

現金化サービスであれば利用履歴上に考慮した現金化となるので、カード会社に現金化と示唆されずに済む!

スピードワン

カード利用停止になりづらいスピードワンの秘密は、カード決済システム。
海外経由での決済、しかも毎月数十億円の決済の中にスピードワン利用分が紛れますので、カード会社も「現金化利用」と判別できません。
実は、自力で現金化するより、現金化業者を利用したほう利用停止になりづらいって知ってましたか!?安心で選ぶなら、スピードワン一択!
換金率も入金ベースで75~83.3%と業界最高水準。
とにかく入金が早いので、一度相談してみてはいかがでしょうか。

エーキャッシュ

エーキャッシュ安心感は、80%の固定換金率制度。
サイトで入金ベースの換金率を80%と公言し、その通り実行してくれる優良業者です。
そしてエーキャッシュの決済システムも俊逸。
数億円単位の決済の中に「現金化利用分」が紛れ込みますので、利用停止事故0を継続中!
商品の納品もメールなので、非常にお手軽♪
主婦など、家族に内緒の利用では「宅配が届かない」というのは非常に安心感があります。

換金比較ネット

〈最大20社〉換金率の比較が30秒で完了。
簡単なフォーム送信だけで比較できるので非常に便利。
換金率で比較したり、送金スピードで比較したり、あなたにピッタリな条件の業者を一括で探せる、クレカ現金化業者の一括見積もりサイトです!

「安心・安全」で現金化するために

ここまで紹介したことを整理していきましょう。

  • 現金化サービスを利用する際は違法で悪質な現金化業者に注意する
  • または業者を利用しないで自力で現金化する
  • 利用停止にならない(カード会社に疑われない)工夫をする

この3点を理解できていればクレジットカード現金化は便利な金策となります。3点について念頭に置きつつ、ここからはクレジットカード現金化の方法を解説していきます。

クレジットカード(ショッピング枠)現金化の仕組み

クレジットカード現金化の仕組みを知っているとより簡単に現金を準備できます。

現金化の仕組みといっても難しいものではなく、単にクレジットカードのショッピング枠決済で購入した商品を換金して現金化するというもの。商品の購入と換金を介してショッピング枠が換金されます

詳しい仕組みは以下の記事で紹介していますので現金化に初挑戦の方は以下の記事もご参照ください

自力で簡単にショッピング枠現金化する方法

さて仕組みを理解できたところで業者を使わないクレジットカードショッピング枠の現金化から押さえていきましょう。基本的な考え方は以下の記事をご覧ください。

この先で紹介する内容で引っかかる部分があったら以下の記事を確認して欲しい!

上記の記事の通り、業者を使わない現金化とは簡単に言えば「クレジットカード決済で購入した商品を買取依頼やフリマ出品で換金すること」となります。

現金化におすすめの商品がいくつかあるので現金化のアイデアとしてご提案していきます。

アイデア1:JCB・VISAギフトなど『信託系商品券』

従来、商品券は買取時に高く売れやすい商品であり、クレジットカード現金化用の商品として利用されてきました。その商品券の中でもカード会社が発行する「信託系商品券」はおすすめです。

クレジットカード現金化は利用履歴から検知されるのでカード決済で購入する商品には気を配りたいところです。

しかし、信託系商品券であれば元々カード会社が発行するものですので、カード決済購入可能であるうえに現金化を疑われにくいとされます。

さらには各カードブランドのカード決済を導入している店舗を中心に日本各地の店舗で利用できる商品券であり需要が高く、金券ショップでも90%以上の高い換金率で換金してくれるケースがほとんど

このようにおすすめの商品となっていますので現金化の際に利用していきましょう。購入したら金券ショップで売るだけですよ。購入~換金方法は以下の記事で解説していきます。

アイデア2:ヴィトン・コーチなど『ブランド品』

ハイブランドのブランドアイテムであれば、質屋系のリサイクルショップなどブランドアイテムに特化した買取業者で高く売れやすい商品となっています。

また、信託系商品券はWeb上でしか購入できませんが、ブランドアイテムであればネット上だけではなく駅前のデパートや繁華街でカード決済で購入することもできます。

ただし、どのようなブランドでも型でも良いわけではなく、ある程度高く売れやすいブランドアイテム「目利き」は必要です

その方法を以下の記事で解説していくのでブランドアイテムでショッピング枠を現金化したい方はチェックしておきましょう。

アイデア3:『最新人気家電』

最新で人気のある家電製品であればリサイクルショップで高く売れるケースがあります。例えば、「ゲーム」はその良い例でしょう。

最新人気タイトルのゲームソフトであれば家電量販店の入り口に長蛇の列ができますよね。このような人気で最新のソフトは高く売れやすいです。

また、ゲーム機の方も最新で人気のある現行機であれば高く売れるという特徴があります。

人気タイトルのゲームソフトの発売は転売が横行するほどの人気ぶりとなることがほとんどだな。

しかし、ゲーム機やゲームソフトは流行廃りが激しく、発売から数週間で大きく値崩れするケースも多いです。

そのため、購入するならばソフトであれば発売から1~2週間以内のもの、ゲーム機であれば現行機をおすすめします。

カード決済購入後は中古ゲームの買取に強いリサイクルショップで換金していきましょう。

アイデア4:Amazonギフト券など『プリペイドカード』

AmazonやiTunes、GooglePlayが発行する残高追加型のプリペイドカードは、カード決済で購入できるケースが多い上に、商品券と同様に「金券類」であり高く売れやすいです。

ただし、金券ショップではプリペイドカードの取り扱いがないため、「売りにくい」という欠点があります。このような商品の換金には「ギフト券換金サイト」と呼ばれる買取業者を利用します。

以下の記事はAmazonギフト券の例ですが、iTunesギフトやGooglePlayギフトの場合も同様なので、カード決済購入後、メールでコードを受け取ったら利用して換金していきましょう。

まとめ:ネットから簡単に現金化できる『現金化サービス』も

ここまで自力での現金化方法を紹介してきました。クレジットカード現金化は、

  • 違法で悪質な現金化業者に注意する
  • または業者を利用しないで現金化
  • 利用停止にならない工夫をする

といったポイントに注意すれば容易に現金化できます。

しかし、いきなり自力現金化するのが難しいという方もいるのではないでしょうか。そこでおすすめなのが「現金化サービス」です。

ネットから手続き可能であり、現金化の手続きから現金の受取(振込)までひとつの業者で完結しますのでわずらわしさがりません。簡単にショッピング枠を現金化できるでしょう。

もちろん違法で悪質な現金化業者も存在しますが、そのような業者を避けて利用すれば、ネットから利用できて画期的で便利なサービスとなっています。詳しくは以下の記事をご参照ください。

現金化サービスを利用してショッピング枠を簡単に現金化していこう!

スピードワン

カード利用停止になりづらいスピードワンの秘密は、カード決済システム。
海外経由での決済、しかも毎月数十億円の決済の中にスピードワン利用分が紛れますので、カード会社も「現金化利用」と判別できません。
実は、自力で現金化するより、現金化業者を利用したほう利用停止になりづらいって知ってましたか!?安心で選ぶなら、スピードワン一択!
換金率も入金ベースで75~83.3%と業界最高水準。
とにかく入金が早いので、一度相談してみてはいかがでしょうか。

エーキャッシュ

エーキャッシュ安心感は、80%の固定換金率制度。
サイトで入金ベースの換金率を80%と公言し、その通り実行してくれる優良業者です。
そしてエーキャッシュの決済システムも俊逸。
数億円単位の決済の中に「現金化利用分」が紛れ込みますので、利用停止事故0を継続中!
商品の納品もメールなので、非常にお手軽♪
主婦など、家族に内緒の利用では「宅配が届かない」というのは非常に安心感があります。

換金比較ネット

〈最大20社〉換金率の比較が30秒で完了。
簡単なフォーム送信だけで比較できるので非常に便利。
換金率で比較したり、送金スピードで比較したり、あなたにピッタリな条件の業者を一括で探せる、クレカ現金化業者の一括見積もりサイトです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました