『メルペイスマート』を業者で現金化する方法【解説】

メルペイスマート払いとはメルカリから与えられた「与信」の残高内で買い物ができるサービスです。利用した残高分をあとでメルカリに返済します

つまりは「クレジットカード」のこと。事前にチャージした残高内でしか使えないメルペイ残高払いとは違うね。

残高は後払いで返済すれば良いので、与信を現金化できれば現金不足を一時的にしのげます。

今回はこのメルペイスマート払いを業者で現金化する方法について解説します。

メルペイスマートの現金化業者一覧

メルペイスマートはクレジットカードなので基本的には「現金化業者」であれば残高を現金化できます。

「ユーウォレット」一択のような紹介の仕方をしている業者も多いですが、ユーウォレットに限らず現金化業者ならどこでも現金化できます。

スクリーンショット出典:ユーウォレット公式サイトトップ

ただし、メルペイスマートはデフォルトの設定のままでは現金化できない可能性があるので、次章から紹介する内容を参考にするか、業者に相談してください

現金化業者はこちら!

現金化堂(クレカ○、アプリ✕)

「100%ご成約主義」なので、成約するまで、換金率や送金時間を柔軟に調整してくれる優しい業者。安心感が違います!
・名前・フリガナ・携帯番号・利用額、の4項目を入力するだけで申し込みは完了!
・85%換金率保証
・初回利用で現金プレゼント
など、優良店としてすばらしい運営を行っています。

クラッチ(クレカ○、アプリ✕)

クラッチ安心感は、80%の固定換金率制度。
サイトで入金ベースの換金率を80%と公言し、その通り実行してくれる優良業者です。
そしてクラッチの決済システムも俊逸。
数億円単位の決済の中に「現金化利用分」が紛れ込みますので、利用停止事故0を継続中!
商品の納品もメールなので、非常にお手軽♪
主婦など、家族に内緒の利用では「宅配が届かない」というのは非常に安心感があります。

クラッチ(クレカ✕、アプリ○)

クラッチ安心感は、80%の固定換金率制度。
その安心感はそのまま、後払いアプリ専用サイトができました!
もちろん、換金率は入金ベースで80%!
申し込めばスムーズに80%を送金してくれます。
後払いアプリのサービスもメジャーになってきましたのでありがたいサイトですね^^

メルペイスマートを現金化業者で現金に換える方法!業者を使わない方法も解説

メルペイスマートを現金化するためにはクレジットカードとして使えるように設定が必要です。まずは次の手順で準備、現金化していきましょう。

メルペイスマートを業者で現金化する手順

メルペイスマートを業者で現金化する準備から始めていきましょう。

ステップ①:メルペイスマート払いとバーチャルカードの準備

以下の設定を済ませておきましょう。

  • メルペイスマート払い」:「メルペイ」タブから「使い方」「メルペイスマート払い」「設定を始める」「上記の利用目的で申込む」で設定した4桁のパスコードを入力。利用上限金額を選んで「この金額ではじめる
  • 口座登録」:メルペイ残高から差し引くこともできるが、定期的に現金化するならを使うなら銀行口座登録がおすすめ。「銀行チャージ」「銀行口座を登録する」から引き落とし用の口座を選択
  • 本人確認」:メルペイスマート払いを使うなら「アプリでかんたん本人確認」が必須。利用できる本人確認書類は「免許証」「マイナンバーカード」「パスポート」。案内に従って顔と本人確認書類をスマホで撮影する
  • バーチャルカード」:メルペイスマートをクレジットカードとして登録するために必要。MasterCardブランド加盟店で使える。バーチャルカード発行手続きは「メルペイ」から「バーチャルカード」を選択し、案内を確認し、設定を済ませることで可能。

上記の設定を済ませておかないとメルペイスマートを業者で現金化できません。

メルペイ」「バーチャルカード」でメルカリアプリに表示されているカード情報の各項目をコピーするか、メモしておきましょう。

ステップ②:業者のサイト上でメルペイスマートを「クレジットカード」として登録する

メルペイスマートはクレジットカードと同様に利用できますので、現金化業者のサイトにアクセスしたらアプリからコピー・メモしたメルペイスマートのカード番号を記入していくだけです。

記入が終わったら現金化申込フォームの内容を業者に送信します。

案内に従ってメルペイスマートのカード情報をクレジットカードとして記入していくイメージだ!

ステップ③:業者に現金化依頼

あとは現金化業者に現金化を依頼していきましょう。

メルペイスマートを現金化業者を使わないで現金化する手順【即日可】

メルペイスマートの場合、サイトによっては名義人が「メルペイユーザー」としか指定できないケースがあります。

サイト上の登録名とメルペイスマートのカード名義人「メルペイユーザー」が異なる場合、認証に失敗し、現金化が失敗する可能性があります。

現金化業者の場合、サイト上では本名を記入しなければならないケースが多く、メルペイスマート側が「メルペイユーザー」という名義人になるため、認証に失敗し、現金化できないケースも考えられます。

認証に失敗して業者で現金化できないなら業者を使わずに現金化を依頼しましょう。

この方法ならメルペイスマートを即日で現金化できる!

ステップ①:Amazonギフト券を購入する

Amazonの「お支払い方法の管理」から「カードを追加」で支払い手段にメルペイスマートを追加します。

スクリーンショット出典:Amazon「お支払い方法の管理」

先程と同じようにアプリからコピーするかメモしてきて、Amazon上で支払い方法として登録しておきましょう。

メルペイスマートをAmazonの支払い方法として登録できたら、あとは「Amazonギフト券Eメールタイプ」と検索して、購入し、支払い方法をメルペイスマートにしてカード決済しましょう。

Amazonギフト券Eメールタイプはクレジットカードで購入できる金券類です。

ステップ②:Amazonギフト券を買取依頼・換金する

あとは電子ギフト券買取専門業者でステップ①で購入したAmazonギフト券を買取依頼・監禁していきましょう。

出典:Amazon公式サイト「Amazonギamazon「amazonギフト券(Eメールタイプ)」販売ページ画面

業者で現金化できないのであればこの方法が確実です。

メルペイスマートを業者で現金化するメリット・デメリット

メルペイスマートを業者で現金化するメリット・デメリットをチェックしましょう。

メルペイスマートを現金化するメリット①:業者で現金化できる

プリペイドカードのような決済手段は自力で現金化するしかありませんが、メルペイスマートは「クレジットカード」なので業者で現金化ができます。

メルペイスマートを現金化するメリット②:審査が甘い

メルペイスマートは審査が甘く、日常的にメルカリを利用していればすぐに審査が通るようです。すぐにクレジットカードを持てるのは魅力的ですね。

メルペイスマートを現金化するデメリット①:認証が失敗しやすい

メルペイスマートは名義人が「メルペイユーザー」になるので、業者に提出した個人情報やAmazon上のアカウント名義と異なっていると認証に失敗し、現金化ができない場合があります

メルペイスマートを現金化するデメリット②:準備が面倒

メルペイスマートをクレジットカードとして利用するには準備が必要ですこの準備は意外と面倒なので、クレジットカードが1枚でもあればクレジットカード現金化がおすすめです

クレジットカードであれば名義人も「本名」なので認証に失敗することもありません。

クレジットカードが1枚でもあればメルペイスマートよりもクレジットカード現金化!

現金化堂(クレカ○、アプリ✕)

「100%ご成約主義」なので、成約するまで、換金率や送金時間を柔軟に調整してくれる優しい業者。安心感が違います!
・名前・フリガナ・携帯番号・利用額、の4項目を入力するだけで申し込みは完了!
・85%換金率保証
・初回利用で現金プレゼント
など、優良店としてすばらしい運営を行っています。

クラッチ(クレカ○、アプリ✕)

クラッチ安心感は、80%の固定換金率制度。
サイトで入金ベースの換金率を80%と公言し、その通り実行してくれる優良業者です。
そしてクラッチの決済システムも俊逸。
数億円単位の決済の中に「現金化利用分」が紛れ込みますので、利用停止事故0を継続中!
商品の納品もメールなので、非常にお手軽♪
主婦など、家族に内緒の利用では「宅配が届かない」というのは非常に安心感があります。

クラッチ(クレカ✕、アプリ○)

クラッチ安心感は、80%の固定換金率制度。
その安心感はそのまま、後払いアプリ専用サイトができました!
もちろん、換金率は入金ベースで80%!
申し込めばスムーズに80%を送金してくれます。
後払いアプリのサービスもメジャーになってきましたのでありがたいサイトですね^^

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました