【クレジットカード現金化は危険?】安全に現金化するやり方

 

この記事ではクレジットカード現金化の危険について解説しています。

 

クレジットカード現金化とは、ショッピング枠を換金して現金を工面する金策のことですよね。

ネット上では「クレジットカード現金化は危険」という情報を目にしますが、本当に危険なのでしょうか?

「初めて挑戦する」「興味がある」「もうクレジットカード現金化しか方法がない」といった方は現金化の安全性が気になりますよね。

そこで今回はクレジットカード現金化の危険性について考えていきます。

クレジットカード現金化の仕組みがまだよく分かっていない方は以下の記事をチェック!

知ってて安全!現金化の【危険】と回避する対処方法

クレジットカード現金化のやり方を知れば問題なく現金化することはできるでしょう。

ただし、クレジットカード現金化には確かに「知っておかなければ危険なこと」がいくつかあります。

ここからはクレジットカード現金化の危険性と危険を回避するための対処方法をセットで解説していきますので、ぜひご確認ください。

危険1:「カード会社によるカード利用停止」

クレジットカード会社は現金化行為を禁止しています。そのため、カード会社に現金化を疑われてしまうと、クレジットカードが利用停止になってしまう危険性があります。

上記の記事で解説するように「換金性の高い商品の連続購入を避ける」など疑われにくくする工夫は存在します。

しかし、仮にもし利用停止になった場合、必ずカード会社に連絡して購入意図を説明するようにしてください。利用停止が解除される可能性があるためです。

詳しくは以下の記事をご覧ください。

危険2:「手数料が高い」「悪質業者の詐欺リスク」

クレジットカード現金化には主流な方法として「現金化サービス」があります。

このような現金化サービスを提供する現金化業者の一部には悪質な業者も存在しているのは事実です。

詐欺に遭う危険性もあるのでどうしても現金化サービスを利用する際には注意しておきたいですね。

特に「高額な手数料の請求」といったケースが多いようです。以下の記事をご覧になっていただき、その実態を理解しておきましょう。

また、こうした悪質業者を避ける方法もありますので、現金化サービスの利用を検討している方は以下の記事をご参照ください。

現金化サービスは優良店での現金化が絶対!

スピードワン

カード利用停止になりづらいスピードワンの秘密は、カード決済システム。
海外経由での決済、しかも毎月数十億円の決済の中にスピードワン利用分が紛れますので、カード会社も「現金化利用」と判別できません。
実は、自力で現金化するより、現金化業者を利用したほう利用停止になりづらいって知ってましたか!?安心で選ぶなら、スピードワン一択!
換金率も入金ベースで75~83.3%と業界最高水準。
とにかく入金が早いので、一度相談してみてはいかがでしょうか。

エーキャッシュ

エーキャッシュ安心感は、80%の固定換金率制度。
サイトで入金ベースの換金率を80%と公言し、その通り実行してくれる優良業者です。
そしてエーキャッシュの決済システムも俊逸。
数億円単位の決済の中に「現金化利用分」が紛れ込みますので、利用停止事故0を継続中!
商品の納品もメールなので、非常にお手軽♪
主婦など、家族に内緒の利用では「宅配が届かない」というのは非常に安心感があります。

現金化堂

「100%ご成約主義」なので、成約するまで、換金率や送金時間を柔軟に調整してくれる優しい業者。安心感が違います!
・名前・フリガナ・携帯番号・利用額、の4項目を入力するだけで申し込みは完了!
・85%換金率保証
・初回利用で現金プレゼント
など、優良店としてすばらしい運営を行っています。

危険3:「自分で現金化する際のリスク」

「そもそも現金化サービスを利用しなければ危険ではない」という意見は確かに一理あります。

そして幸運にもクレジットカード現金化には自力で現金化する方法があります。方法が気になる方はご覧ください。

こうした自力での現金化方法は少なくとも現金化サービスを利用するよりかは悪質業者に引っかかる心配がないという点において「危険ではない」と言えます。

ただし、自力で現金化する方法であっても利用停止リスクやこれから解説するリスクがあることには変わりありません

なので、この記事の内容は事前に理解しておこう!

危険4:「信用情報への傷」

クレジットカード現金化の危険性として、可能性は低いですが信用情報に傷がついてしまう恐れも考慮しておく必要があります。

信用情報といえば、新たに金融サービスを利用する際に金融機関が信用情報機関に照会する情報のことですよね。

過去に金融事故を起こすとこの信用情報に傷が付き、ブラックリスト入りもありえる、ということもご存じでしょう。

クレジットカード現金化によってカードを止められてしまうと、「強制解約」という名目で金融トラブルとして信用情報機関に情報が登録される恐れがあります。

カードの「利用停止」には十分に注意しておきたいところです。

危険5:「違法性」

ネット上ではカード会社を中心に「クレジットカード現金化の違法性」を説いているケースが多いようです。

「利用したら捕まる?」という不安が残る。

 

実際に、現金化サービスを提供する「業者側」には法的な問題点があります。詳しくは以下の記事をご覧ください。

ただし、現金化サービスを利用する「利用者側(みなさん)」に違法性があるという考え方はほとんどありません

所有権留保の問題が議論されていますが、これはまだ結論が出ていない議題であり、利用者側に違法性があるかどうかはまだわからないのです。

ゆえに、現時点では利用者側に違法性がない(推定無罪の原則)と考えられています。

「クレジットカード現金化をする人も違法」などと述べる記事も多いが、早計であり、そのような表記はあくまでも啓発ととるべきだろう。

危険6:「自己破産できなくなる」

こちらも法的な問題ではありますが、クレジットカード現金化を行うと万が一の時に「自己破産」ができなくなる可能性が高いです。

これは、法律上で、クレジットカード現金化をすると法律上に自己破産を許可されないと明記されているためです。

ただし「裁量免責」と呼ばれる制度もあるので、一概に自己破産できないとは言い切れません。詳しくは上記の記事をご覧いただければと思います。

危険7:「他人のカードでの現金化するリスク」

中には、まだ自分のカードを持っていない未成年やパートナーのカードを利用している方も現金化を検討していると思います。

ただし「(例え当人が身内であっても)他人名義のカード利用を禁止事項としていること」や現金化自体が禁止されており、二重規約違反として利用停止リスクが高いことに注意すべきです。

以下の記事で解説するような例外もありますが、くれぐれも現金化は自分のカードで、自己責任で行うようにしてください。

カード1枚と身分証で現金化できるサービス!

スピードワン

換金率は入金ベースで75~83.3%と業界最高水準。
交渉すればするほど高くしてくれるというウワサの業者さんです^^
カード決済は、海外経由なので利用停止の心配もなし。
高換金率、安心、スピードと三拍子そろった業者はいません。ゲンキンマンいちおしです!

エーキャッシュ

「98%!」とか、あり得ない数字でひきつけ、実際の入金額が70%以下、なんていう業者が多い中、はじめから入金ベースの換金率を80%と公言し、その通り実行してくれる現金化業者はすごく好感が持てます。
自力での現金化は利用停止リスクもあり、手間と時間もかかる。換金率が商品によってバラバラ。エーキャッシュなら商品を買う必要もなく即現金化で8割入金。利用停止の心配もなし。これでも自力で現金化しますか?^^

現金化堂

「100%ご成約主義」なので、成約するまで、換金率や送金時間を柔軟に調整してくれる優しい業者。ある意味、わがまま言い放題です!
85%換金率保証、初回利用で現金プレゼントは基本、交渉次第はそれ以上の条件を引き出せるという、ありえないクレカ現金化業者。
他のサイトと比較しても面白いかもしれません!
・名前・フリガナ・携帯番号・利用額、の4項目を入力するだけで申し込みは完了!
どこよりも簡単な申し込みが評価されています。

まとめ:クレジットカード現金化は本当に「危険」なのか

クレジットカード現金化はみなさんにとって「危険」な一面があることは事実です。

ですが、これは結局どのようなサービスを利用するときでも同じで、リスクがない金策はありません。

この記事では安全に現金化するための方法もあわせて解説してきたので、ぜひ参考にしていただきたく思います。

以下の記事もチェック!

コメント

タイトルとURLをコピーしました