クレジットカード現金化の【手数料】が高くて危険?安くしよう

 

この記事ではクレジットカード現金化の「手数料」について解説しています。

今すぐに現金化しようと思っても「手数料がいくらかかるのか」という点は疑問に思うでしょう。また、最悪「手数料が高ければ現金化を止めたい」と思っていませんか?

実際、手数料は安く抑えることができますただし、それは「現金化の仕組みや実態を知っていれば」です。

そこで今回解説するのが「クレジットカード現金化の手数料」と現金化の仕組み・実態です。

手数料がいくらかかるのかこの記事でシミュレーションしてから現金化しよう。

現金化の仕組みや実態を押さえて安全な現金化方法を極めて手数料も抑えていこう。

また、ネット上ではカード会社を中心に「現金化」について警鐘を鳴らしているケースが多いのでそちらについても解説していきますよ。

クレジットカード現金化の「手数料」はどこでかかるのか

クレジットカード現金化の手数料はどこでかかるのか、現金化の流れを見ると一目瞭然です。

仕組みや流れを詳しく知っておきたい方は以下の記事をチェック!

そこでまずは以下の現金化の流れを見てください。

カード現金化の流れ
  • STEP1
    カード決済で商品を購入
    クレジットカードのショッピング枠(通常の買い物に使う利用枠)で商品を購入
  • STEP2
    購入した商品の換金
    STEP1でショッピング枠決済購入した商品を換金
  • STEP3
    現金化完了
    カード決済で購入した商品が換金されれば、商品の購入・換金を介してショッピング枠が換金され、現金化が完了

上記を見ると分かるように、購入換金といった手続きがあるので、商品購入時にかかる税金買取や転売など換金時にかかる諸々の利用手数料がかかりそうなことは分かります。

次章では手数料やコストについて解説します。

購入から換金までひとつのサービスで一貫した『現金化専門サービス』も利用していこう。

スピードワン

換金率は入金ベースで75~83.3%と業界最高水準。
交渉すればするほど高くしてくれるというウワサの業者さんです^^
カード決済は、海外経由なので利用停止の心配もなし。
高換金率、安心、スピードと三拍子そろった業者はいません。ゲンキンマンいちおしです!

エーキャッシュ

「98%!」とか、あり得ない数字でひきつけ、実際の入金額が70%以下、なんていう業者が多い中、はじめから入金ベースの換金率を80%と公言し、その通り実行してくれる現金化業者はすごく好感が持てます。
自力での現金化は利用停止リスクもあり、手間と時間もかかる。換金率が商品によってバラバラ。エーキャッシュなら商品を買う必要もなく即現金化で8割入金。利用停止の心配もなし。これでも自力で現金化しますか?^^

現金化にかかる手数料の内訳とコスト

消費者金融でお金を借りる際に利子がかかるように、現金化もタダではできません。必ず手数料やコストがかかります

現金化したい金額から減額されたり、現金化以外のところでかかるものもありますので念頭に置きましょう。

【基本的に来店する場合】移動費

数百円~数万円/無料

クレジットカード現金化には商品の購入や換金の手間がありましたね。実際に店舗に来店して購入したり、換金したりする場合、当然ではありますがそこまでに移動するための移動費がかかります。

「近くにお店がない」「優良店舗で買取を依頼したい」「東京の店舗を利用したい」などという場合はなおさら遠出の可能性もあるだろう。

これに対してWeb上のサービスのみを利用して商品の「発送」を利用するなど来店が必要ない場合はもちろん移動費はかかりません

また、通勤ルートにあるなど幸運にも日頃頻繁に往来する経路に店舗がある場合は帰宅する際に立ち寄れば良いのでこの移動費を考えなくても良いでしょう。

商品購入時の消費税

商品代金のうち10%(2020年7月現時点)

クレジットカード現金化は「商品」のカード決済購入と換金によってショッピング枠を換金する金策です。そのため、商品の購入は確実であり、ほぼすべての現金化方法で消費税がかかります

【商品ネット購入or遠隔地買取の場合】送料

数百円~数千円/無料

商品を購入する際や換金する際にWebサイト上のサービスを利用する場合、必ず「発送」が必要であり、そのための「送料」がかかります。

もちろん「どこからどこに送るのか」「どこからどこに届けられるのか」距離によって送料は変わりますし、「沖縄・北海道・離島は送料別途」となれば送料も変わってくるでしょう

当然ですが商品を店舗で購入するか、または店舗で買取を依頼するなどして「来店」する場合はこの送料を抑えることができます。

基本的にWeb上のサービスを利用しなければこの送料はかかりませんが、場合によっては送料無料の場合もあるので送料の金額はよく確認しておきたいところですね。

換金時の業者側の利益

商品代金の1割~4割

クレジットカード現金化には商品の換金が必要であり、換金の際には現金化専門のサービスや買取業者(リサイクルショップ)、メルカリなどの換金サービスを利用しますので、この「換金時の業者側の利益」は必ずかかります

業者側もビジネスですので業者が儲かる分みなさんは損することになります

例えばリサイクルショップで不要品を売る時、商品を購入した時の代金よりも値段が落ちますよね。経験的に商品を換金する際に商品代金の1割~4割が業者側の利益となります。

チェーン展開の総合リサイクルショップでは業者側の勘案によって安く買い叩かれてしまう可能性が高いので、専門の査定スタッフがじっくりと鑑定してくれる専門リサイクルショップを利用しましょう。

口コミなどの確認も重要になってきます。

業者側のぼろ儲けにならないためにも、このようになるべくカード決済商品を高く売る工夫が大切です。

【遠隔地買取の場合】振込手数料

数百円

買取を依頼した店舗が遠隔地である場合、現金を直接受け取ることができませんので、振込の必要性が発生します。

多くの場合は、振込手数料は利用者側の負担となりますので振込が必要になる際は覚えておきましょう。

クレジットカード決済手数料

商品購入代金の数%(請求されないことの方が多い)

クレジットカード決済を利用すると必ずではありませんが、決済手数料がかかることがあります。しかし、この手数料は本来カード利用者ではなく、カード会社から加盟店側に請求されるものとなっています。

カード会社各社の加盟店規約などで明確に禁止されてはいないものの、カード利用者に商品購入代金に決済手数料を「上乗せ」するのはタブーとされており、ほとんどの場合請求されることはありません。

ただし、一部の飲食店や利益率の低い業種では決済手数料の支払いで最悪赤字になってしまうことが多いとされ、代金に決済手数料を上乗せするケースも多いとされています。

現金化業者が提供する「現金化サービス」もこの決済手数料を利用者に請求するケースが多いな。

手数料をシミュレーションしてみる

ただし、実際にいくらかかるのかは現金化の方法によって変わるといわざるを得ません。具体的な現金化の方法については以下の記事でも解説しています。

上記の記事で紹介したように、現金化の方法には以下のようなものがあります。

  • 現金化方法1:現金化業者の現金化サービス
  • 現金化方法2:自分でクレジットカード現金化
  • 現金化方法3:メルカリ・ヤフオクを利用して現金化
  • 現金化方法4:親族・友人・知人のおつかい

それぞれの方法にメリット・デメリットがあるのでどの方法が自分に合っているのか上記の記事をチェックしておこう。

この現金化方法を元に手数料の内訳と現金化までにかかる時間を整理してみました。

手数料内訳 日数
1:現金化サービス ・消費税
・送料
・業者側の利益
・振込手数料
・決済手数料
即日(翌日)
2:自分で現金化 ・消費税
・送料/移動費
・業者側の利益
・振込手数料
即日~1週間
3:メルカリなど ・消費税
・送料/移動費
・業者側の利益
~数ヶ月
4:親族など ・消費税
・送料/移動費
頼まれ次第

このように方法によって変わりますが、現金化にかかる時間を短くしようとするほど手数料が高くなる傾向があります

また、現金化の方法は店舗を利用するのか、Web上のサービスを利用するかでさらに「細分化」が可能で、手数料の内訳や日数が変わってきます。

基本的には「発送」の手続きがあると現金化に2日以上の時間がかかるので注意だ。

そこでここからはさらに細かい事例に分けて、シミュレーションしていきたいと思います。現金化の金額は10万円とします。

シミュレーション 手数料と
現金化できた額
計算
Web上で
現金化サービスを
利用して
即日現金化
手数料:30,240円
現金化:69,760円
換金率:69.76%

即日可
遠隔地可

100,000円
×0.9(消費税分)
×0.8(業者利益分)
×0.98(カード決済)
-500円(送料)
-300円(振込)
店頭で
現金化サービスを
利用して
即日現金化
手数料:29,440円
現金化:70,560円
換金率:70.56%

別途移動費
即日可

100,000円
×0.9(消費税分)
×0.8(業者利益分)
×0.98(カード決済)
商品を店頭で
カード決済購入後
リサイクルショップで
店頭買取
手数料:19,000円
現金化:81,000円
換金率:81.00%

別途移動費
商品選定必須
即日可

100,000円
×0.9(消費税分)
×0.9(業者利益分)
商品をWebで
カード決済購入後
リサイクルショップで
店頭買取
手数料:19,500円
現金化:80,500円
換金率:80.50%

別途移動費
商品選定必須

100,000円
×0.9(消費税分)
×0.9(業者利益分)
-500円(送料)
商品をWebで
カード決済購入後
遠隔地にある
リサイクルショップで
郵送買取
手数料:20,300円
現金化:79,700円
換金率:79.70%

商品選定必須
遠隔地可

100,000円
×0.9(消費税分)
×0.9(業者利益分)
-500円(送料)×2
-300円(振込)
商品を店頭で
カード決済購入後
遠隔地にある
リサイクルショップで
郵送買取
手数料:19,800円
現金化:80,200円
換金率:80.20%

別途移動費
商品選定必須
遠隔地可

100,000円
×0.9(消費税分)
×0.9(業者利益分)
-500円(送料)
-300円(振込)

※手数料については現金化サービス業者の儲けが20%、自力で買取依頼する際はリサイクルショップの儲けが10%とし、その他手数料はすべて一定とする

このように現金化の方法によっては手数料が微妙に違いますし、それぞれの現金化方法で「即日現金化が可能」であったり「遠隔地からの現金化可能」であるなど特徴も異なりますので注意しましょう。

たくさんの現金化方法が出てきてどの方法で現金化すればと迷いが生じた人は以下の記事が助けになるよ!

「現金化が禁物」なワケ

ネット上ではカード会社を中心に現金化は「危険」「違法」という言葉を見かけませんでしたか?こういった記事を見かけると頭ごなしに現金化を「悪」と否定しがちですが、実際は異なります。

現金化には違法性がないよ。ネット上や専門家の間でも議論が進んでいるけど、以下の記事にその内容をまとめてみたのでぜひ見て欲しい!

ここからはなぜ現金化が「悪」と呼ばれがちなのか、その背景に迫ります。

現金化が禁止なのは「悪質業者」のせい

クレジットカード現金化が危惧される理由は、現金化サービスを提供する業者の中でも一部の業者に悪質で違法な業者が存在するためです。例えば以下のような悪質行為の可能性もあります。

  • 「手数料」がきいていた額よりも高額
  • 入金トラブル
  • 連絡が取れなくなる
  • カードに関する個人情報の不正取得

特に事前に聞いていた手数料の金額よりも高額な手数料を請求されたという事例が多いようです

詳しくは以下の記事で解説しますが、悪質業者の存在は忘れてはいけません。

そのため、決して現金化行為自体が悪いというわけではなく、カード会社がカード会員に違法な業者の利用を避けるために、カードの現金化行為自体を禁止している、という実態もあるようです。

悪質業者を選ばずに現金化するための工夫【優良店探し】

便利な現金化サービスですが、悪質業者がいるとなれば現金化を避けがちですよね。

しかし、悪質業者は一部に過ぎず、業者選びをしっかりすれば問題はありません。その際におすすめなのが「口コミをしっかり調べること」です。その方法は以下の記事でお伝えしていきます。

現金化サービスの優良店はこちら!

まとめ:手数料を安くする方法は・・・

この記事で紹介した手数料をまとめていきましょう。

  • 【基本的に来店する場合】移動費
  • 商品購入時の消費税
  • 【商品ネット購入or遠隔地買取の場合】送料
  • 換金時の業者側の利益
  • 【遠隔地買取の場合】振込手数料
  • クレジットカード決済手数料

シミュレーションでは100,000円を現金化するにしても、手数料はその2割に値する20,000円以上かかるケースがほとんどでしたね。この手数料を安く抑える方法はないのでしょうか。

一番手っ取り早いのは、Webサービスを使わないことです。来店して直接商品を仕入れて店頭買取を依頼すれば発送や振込のステップを省けますので送料や振込手数料を省けます。

移動の際も徒歩や自転車を利用し、通勤コースなど日頃往来するルートから遠く外れない範囲で現金化することもおすすめします。

しかし、現実問題「現金はすぐに必要」ということも多く、発送を待つだけでなく移動している時間さえ惜しいはず。
やはり即日現金化可能・遠隔地からの現金化可能な「現金化サービス」がベターな選択と言えるのだ。

スピードワン

換金率は入金ベースで75~83.3%と業界最高水準。
交渉すればするほど高くしてくれるというウワサの業者さんです^^
カード決済は、海外経由なので利用停止の心配もなし。
高換金率、安心、スピードと三拍子そろった業者はいません。ゲンキンマンいちおしです!

エーキャッシュ

「98%!」とか、あり得ない数字でひきつけ、実際の入金額が70%以下、なんていう業者が多い中、はじめから入金ベースの換金率を80%と公言し、その通り実行してくれる現金化業者はすごく好感が持てます。
自力での現金化は利用停止リスクもあり、手間と時間もかかる。換金率が商品によってバラバラ。エーキャッシュなら商品を買う必要もなく即現金化で8割入金。利用停止の心配もなし。これでも自力で現金化しますか?^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました