クレジットカード現金化の『おすすめ』迷った方はこの1記事

 

この記事ではクレジットカード現金化の「おすすめ」情報について解説しています。

「クレジットカード現金化はとっつきにくい。手っ取り早くおすすめを知りたい」という方に向けて現金化に関する「おすすめ」事項をまとめたゾ。

クレジットカード現金化は「いきなり試すと失敗するのではないか」と不安に思う方も多いでしょう。実際に方法を知らなければ失敗してしまう可能性は高いです

また「どの方法を選べばいいのか、現金化を始める前におすすめを知っておきたい」という方もいるかもしれません。

そこで今回はクレジットカード現金化を成功させるために必要なおすすめ現金化方法を整理してお伝えしていきます。

この記事を参考にして”迷わずに”現金化していこう!

現金化の方法は複数ありますのでそれぞれの方法でおすすめを紹介してきますのでぜひ最後までご覧いただき、みなさんご自身にあった現金化方法を見つけていただければと思います。

はじめにクレジットカード現金化の仕組みを押える

おすすめの現金化方法を紹介する前に現金化の基本を押えておきましょう。ここを押さえておけば、現金化する際も軸がぶれにくくなるので成功させたい方は何度も見返して覚えておきましょう。

クレジットカード現金化の仕組み

 

クレジットカード現金化はカード会社に付与された利用枠のひとつ「ショッピング枠」を換金して現金を調達する裏技です。

ショッピング枠といえば、カードでのお買物に利用するあの利用枠のことですね。つまり、クレジットカード現金化とは、いざという時にこの利用枠を換金して現金を調達する、という方法なのです。

その現金化の仕組みは非常に簡単で、カード決済で購入した商品を換金するだけです。

正確には、ショッピング枠で購入した商品を換金して(商品の購入を介して)、ショッピング枠を換金するという仕組みとなります。理解に困った方は以下の流れもご覧ください。

クレジットカード現金化の手順
  • STEP1
    カード決済で商品購入
    クレジットカード決済のショッピング枠で商品を購入
  • STEP2
    商品を換金
    クレジットカード決済で購入した商品を換金
  • STEP3
    ショッピング枠換金完了
    ショッピング枠で購入した商品が換金されれば、ショッピング枠の換金は完了

このようにして、商品の買取と換金を介してカードを現金化していきます。

仕組みについてもっと詳しく知りたい方は下記の記事をチェック!

クレジットカード現金化の方法

続いてはクレジットカード現金化の方法です。

「カード決済で商品を買って売る」だけならばいくらでも現金化の方法は思い浮かぶでしょう。ネット上でも様々な方法が奨められていますが、当メディアでおすすめするのは以下の4つです。

  • 現金化方法1:現金化業者の現金化サービス
  • 現金化方法2:自分でクレジットカード現金化(リサイクルショップ)
  • 現金化方法3:メルカリ・ヤフオクを利用して現金化
  • 現金化方法4:親族・友人・知人のおつかい

上記の現金化方法にはすべて先ほどの「カード決済で商品を買って売る」という仕組みが根底にある。

まずクレジットカード現金化には「現金化サービスを提供する現金化業者を利用して現金化する方法」というものがあります。

この業者は文字通り「現金化」を専門としており、業者が指定した商品を購入して、その商品を業者がすぐに買い取ることで利用枠を現金化していきます。これが現金化サービスです。

この業者を利用した現金化が有名ですが、実はクレジットカード現金化は業者を使わずに自分でもできます。その方法が現金化方法2~4です。

カード決済で購入した商品を売ったり、親戚におつかいを頼まれてみたり、メルカリやヤフオクを利用するなどしてクレジットカードを現金化できます。

4つの方法にはそれぞれメリット・デメリットがあるので以下の記事を参考にまず、「どの方法で現金化するのか」当面の目標を決めていきましょう。

おすすめは現金化業者の「現金化サービス」

4つあった現金化の方法の中でおすすめは現金化業者の現金化サービスです。おすすめする理由を紹介してきます。

おすすめ理由その1:「即日現金化ができる」

おすすめする理由はなんと言っても「即日現金化ができる」というポイントです。

「現金が必要」という時は、すぐにでも、その日のうちにでも現金が欲しいという場合がほとんどです。

現金化サービスは商品のカード決済購入~換金の手続きを短縮したサービスですので即日で現金化できる方法となります。

おすすめ理由その2:「審査なし・条件なし」

「お金がない」という時は消費者金融に駆け込む方も少なくありません。しかし、利用条件を満たしていない場合や金融事故など過去の経歴で審査に落ちてしまうなど、借金ができない場合もあります

クレジットカード現金化にはそのような敷居の高さがありませんので、過去・現状に関係なくカードさえあれば誰でも現金が調達できる方法となります。

おすすめ理由その3:「ネットでも現金化できるので日本全国どこからでも対応」

現金化業者の現金化サービスはネットからの利用にも対応しています。

現金化業者は店舗型とネット型の2つ!かつては店舗型がメインだったけど、インターネット技術が発達してからはネット上で現金化サービスを提供する業者も増えたよ。

むしろ現在はネットからの利用の方が主流です。日本全国どこからでも現金化ができるのは大きな強みでしょう。

現金が必要になったら、ネットの現金化サービスを探してクレジットカードの現金化を行う、というのが現金化サービスを使った現金化の基本となります。

おすすめ理由その4:「取引商品がカード会社に目を付けられにくい商品である事が多い」

クレジットカード現金化の基本はカード決済で購入した商品を売ることでしたね。

しかし、カード会社は現金化行為を毛嫌いしており、会員のカード利用履歴上で不自然な買い方がある場合、カードを止める可能性があります。

さらに、取引商品によっては、現金化を疑われやすいものもあります。

しかし、現金化サービスの場合、取引商品が文房具やアクセサリーなど現金化を疑われにくい、安くて小さなアイテムということがよくあります

カード会社に疑われるリスクを小さくできるので、カードを失いたくない人にはおすすめです。

ただし「詐欺リスク」「違法性リスク」がある

このようにおすすめの現金化方法ではありますが、現金化サービスを提供する現金化業者の中には悪質な業者も存在するのが事実です。そのため、詐欺リスクや違法性リスクには十分な注意が必要です。

詳しくは以下の記事をご参照ください。

「どの現金化サービスでも同じ」と考えず、安全な業者を利用するように心がけましょう。

【要チェック】絶対に知っておきたい業者選びのポイント

クレジットカード現金化は以下の4つのポイントを参考にして選んでいきましょう。

  • 業者選び1:グーグル検索で検索上位に来ている
  • 業者選び2:「運営会社情報」を確認
  • 業者選び3:電話での接客対応
  • 業者選び4:口コミや体験談の「低評価」がある

優良店を選ぶためには上記のポイントを意識した現金化業者選びが大切です。詳しい選び方は以下の記事をご覧ください。

クレジットカードを現金化するならば現金化サービスも視野に入れておこう!即日現金化ができるので「急ぎの用」に強いよ!

スピードワン

カード利用停止になりづらいスピードワンの秘密は、カード決済システム。
海外経由での決済、しかも毎月数十億円の決済の中にスピードワン利用分が紛れますので、カード会社も「現金化利用」と判別できません。
実は、自力で現金化するより、現金化業者を利用したほう利用停止になりづらいって知ってましたか!?安心で選ぶなら、スピードワン一択!
換金率も入金ベースで75~83.3%と業界最高水準。
とにかく入金が早いので、一度相談してみてはいかがでしょうか。

エーキャッシュ

エーキャッシュ安心感は、80%の固定換金率制度。
サイトで入金ベースの換金率を80%と公言し、その通り実行してくれる優良業者です。
そしてエーキャッシュの決済システムも俊逸。
数億円単位の決済の中に「現金化利用分」が紛れ込みますので、利用停止事故0を継続中!
商品の納品もメールなので、非常にお手軽♪
主婦など、家族に内緒の利用では「宅配が届かない」というのは非常に安心感があります。

おすすめのカード現金化業者【専門家厳選】

業者選びの方法がわかっても自分で選ぶと迷ってしまうので「おすすめの業者」を選んでご紹介します。

現金化の専門家が厳選したクレジットカード現金化業者をご紹介!

店舗型の『現金化サービス』おすすめ優良店リスト

店舗型の現金化サービス(現金化業者)はネット型と比べて店舗の営業コストがかかることから近年減少傾向にあり、現存する店舗型の大半が首都圏に集中しています。おすすめの店舗は以下の通りです。

  • 『新和チケット』
  • 『新橋ギフト』
  • 『eチケット』
  • 『太陽ギフト』
  • 全国の『ケイネット(K-net)』系列店舗

また、金券類を専門に取り扱う『ケイネット』の系列店舗では、現金化サービスを提供している場合があります。『ケイネット』は全国にありますので、近くにある場合は利用していきましょう。

上記の店舗の詳細は下記の記事をご参照ください。

ネット型『現金化サービス』おすすめ優良店リスト

さてクレジットカード現金化サービスはネットからも利用できましたね。しかし、どの現金化サービスでも同じというわけではありません。

ネット上で「ランキング」「おすすめ」などと紹介されている業者も大半はサイト運営者による「広告収入」が目的で恣意的に選ばれたものあり、正確に選ばれたものではありません。

当メディアでは数十サイトある現金化サービスの中から基準を設けて5サイト、厳選してみました。

  • 『安心くん』
  • 『おひさまクレジット』
  • 『換金クレジット』
  • 『クレカ堂』
  • 『プライムウォレット』

詳しくは以下の記事で解説していきます。

業者を使わない現金化!おすすめの商品リスト

さて「クレジットカード現金化の方法」で紹介したように現金化は業者を使わない方法もあります。業者を使わない場合、自分の力でクレジットカード決済で購入した商品を換金することになります。

しかし、「カード決済でどんな商品を購入すれば良いのか」と悩んでしまうでしょう。そこでおすすめの商品を売り方について解説していきます。

おすすめ商品1:『商品券』

商品券は企業でイベントの景品として利用される他、贈り物として個人にも人気があり、金券を専門とするリサイクルショップ「金券ショップ」では在庫確保のために、高価査定となりやすい商品です。

実際に商品券がいくらで売れているのか、相場が知りたい方は下記の記事もチェックだ。

この商品券を利用した自力現金化では、カード決済で商品券購入後、金券ショップで買取依頼、換金します

以下の記事でおおまなかな流れとおすすめの商品券を紹介しているヨ!

 

商品券を利用した現金化は換金率をより高くして損失を抑えることもできる。もっと知りたい方は次の2記事をチェック!

おすすめ商品2:『新幹線回数券』

新幹線回数券も金券ショップで高く売れやすい商品となっています。

新幹線回数券は出張などで同一区間の往来で新幹線チケットを多用するビジネスマンに需要があり、金券ショップでも在庫確保のために高値で買い取るケースが多いです。

新幹線回数券を利用した現金化は商品券を利用した現金化よりも高く売れるケースがありますが、注意点もあり、下手をすれば一発でカードを止められます。詳しい内容は下記の記事で解説していきます。

おすすめ商品3:『プリペイドカード』

Amazonギフト券やiTunesギフトなどのアカウントに残高を追加するプリペイドカードも一定の需要があり、「換金サイト」などの専門の買取サイトで一定の換金率で換金できるアイテムです。

商品券や新幹線回数券と比べて、カード決済で購入しやすく、頻繁に利用されることから用途的にも大量購入、短期間複数回しても利用履歴上で不自然さが残りにくいという印象があります。

ただし、欠点としては換金率がやや低めという店であり、「換金サイト」も不透明感があって抵抗感を感じる方も少なくありません。詳しくは以下の記事をご覧ください。

おすすめ商品4:『ブランドアイテム』

ブランドアイテムは質屋系のリサイクルショップで高く売れやすい商品であり、ブランドアイテムを利用した現金化は浸透してないため利用履歴上でもカード現金化を疑われにくい商品と考えられます。

ただし、ブランドアイテムと言っても一概に高く売れるわけではなく、高く売れやすいブランドアイテムは「型」が限られています。詳しくは下記の記事を参考にしてみてくださいね。

まとめ

今回紹介した内容をまとめましょう。

  • おすすめ現金化方法:現金化業者の現金化サービス
  • 業者を使わない現金化方法:自分でクレジットカード現金化(リサイクルショップ)

おすすめの業者やおすすめの商品を紹介してきました。この記事を参考にみなさんの迷いがなくなれば幸いです。

スマホで日本全国いつでもどこからでも現金化できるクレジットカード現金化サービスも利用していこう!

スピードワン

カード利用停止になりづらいスピードワンの秘密は、カード決済システム。
海外経由での決済、しかも毎月数十億円の決済の中にスピードワン利用分が紛れますので、カード会社も「現金化利用」と判別できません。
実は、自力で現金化するより、現金化業者を利用したほう利用停止になりづらいって知ってましたか!?安心で選ぶなら、スピードワン一択!
換金率も入金ベースで75~83.3%と業界最高水準。
とにかく入金が早いので、一度相談してみてはいかがでしょうか。

エーキャッシュ

エーキャッシュ安心感は、80%の固定換金率制度。
サイトで入金ベースの換金率を80%と公言し、その通り実行してくれる優良業者です。
そしてエーキャッシュの決済システムも俊逸。
数億円単位の決済の中に「現金化利用分」が紛れ込みますので、利用停止事故0を継続中!
商品の納品もメールなので、非常にお手軽♪
主婦など、家族に内緒の利用では「宅配が届かない」というのは非常に安心感があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました