クレジットカード現金化業者を慎重に比較してみる【令和最新】

 

この記事ではクレジットカード現金化をテーマに様々な視点から「現金化」について比較してみなさんに現金化サービスについてさらに理解していただけれる記事を目指しています。

お金に困って現金化サービスを頼るなら、できれば安心して利用できるサイトを選びたいはず。徹底的に比較してみたよ!

現金化業者の「現金化サービス」はどれがいいの?本物の現金化業者が知りたい!という方はこの記事をチェックしておこう。

【必読】検索上位の現金化比較サイトは信用できない

まず知っておいてほしいのがいわゆる「比較サイト」という部類のサイトの記載内容が信頼できないということです。

実際にGoogle上で「クレジットカード現金化」などと検索すると検索上位には「現金化業者の比較サイト」が軒を連ね、ページにアクセスしてみると様々な業者の紹介が行われていますよね。

ランキング形式やリスト形式、おすすめ形式で現金化業者が紹介されており、視覚的にも見やすい工夫が施されています。それと同時に「公式サイト」へと呼ばれる多数のリンクを目にするでしょう。

しかし、これらの比較サイトの実態は広告収入が目的である収入目的サイトであるケースがほとんどです。

事実それがお金になるのですからそれをとがめるつもりはありませんが、記載内容が不正確であったり表現が曖昧であるケースが多く、誇大広告感や違和感を感じている方も多いのではないでしょうか

ほかにも、

  • 口コミのソースがなく「やらせ」感
  • 根拠のない「おすすめ」発言
  • 「厳選」などと記載しているのに、膨大で読み切れないほどの業者紹介数

といった記載内容は頻繁に見られます。

そのサービスの価値は実際に利用してみるまでわかりません。

比較記事を執筆した者が現金化業者を実際に利用したことがなく、広告収入を目的として過剰な表現で広告へと誘導するような行為はビジネスモラル的に問題があるでしょう。

また、このような比較記事は誇大広告にあたり、特定商取引法で禁止されている行為となります。その点に留意して、この記事では現金化業者の比較を行います。

クレジットカード現金化業者を正しく比較【2020年最新】

ここからは現金化サービスを比較・紹介していきます。

現金化サービスの「優良店」として紹介した記事もあるのでチェックしておこう。

今回は数十社という業者の紹介はせず、上記の記事執筆の課程で選出した以下の5つの業者で比較を行います。

実際に利用した現金化サービスは以下の通りだ。今すぐ現金化サービスを利用したい方はこちらが近道!

スピードワン

カード利用停止になりづらいスピードワンの秘密は、カード決済システム。
海外経由での決済、しかも毎月数十億円の決済の中にスピードワン利用分が紛れますので、カード会社も「現金化利用」と判別できません。
実は、自力で現金化するより、現金化業者を利用したほう利用停止になりづらいって知ってましたか!?安心で選ぶなら、スピードワン一択!
換金率も入金ベースで75~83.3%と業界最高水準。
とにかく入金が早いので、一度相談してみてはいかがでしょうか。

エーキャッシュ

エーキャッシュ安心感は、80%の固定換金率制度。
サイトで入金ベースの換金率を80%と公言し、その通り実行してくれる優良業者です。
そしてエーキャッシュの決済システムも俊逸。
数億円単位の決済の中に「現金化利用分」が紛れ込みますので、利用停止事故0を継続中!
商品の納品もメールなので、非常にお手軽♪
主婦など、家族に内緒の利用では「宅配が届かない」というのは非常に安心感があります。

「口コミの有無」で現金化業者を比較する

口コミの有無で先ほどの5つの現金化業者を比較してみます。口コミは5ちゃんねるを中心に集められたものです。

口コミ
『おひさまクレジット』
約1,000件(推定)※
「俺も6万現金化した」
「おひさまクレジットで交換する人多いんじゃない」
「75%で換金した」
「この辺が無難」
「今一番気になってる」
『安心くん』
約600件(推定)※
「超優良だよ」
「危機を乗り越えた」
「申込みから20分足らずで振込」
「換金率に嘘はなかった」
「情報が完全に消えた」
『換金クレジット』 なし
『プライムウォレット』 なし
『クレカ堂』
約400件(推定)※
「一番信頼できる」
「日数がかかる」
「長い付き合いをさせてもらっている」
{変なところはなかった」

参考5ちゃんねる爆サイ.com※独自のシステムで算出

掲示板上にある口コミの数で比較した場合、単純に投稿の数で比べると『おひさまクレジット』や『安心くん』、『クレカ堂』の口コミ数が圧倒的に多いです。

しかし、投稿内容がコピペで重複していたり敬語が目立ったりとステマ感が否めません。

口コミの列であげたような口コミは体感的にそのような「業者の自演感」のない口コミの例ですが、最も「批判的」な口コミが多かったのが『安心くん』であり、「肯定的」な口コミが多かったのが『換金堂』です。

『おひさまクレジット』は口コミ数がダントツで多かったものの重複が多かったり、ステマ感のある口コミが多かったりと信頼できる口コミがあまり多くなかったのが印象的でした。

しかしながら、リピートしたような内容の口コミが存在することから『おひさまクレジット』や『安心くん』、『クレカ堂』には一定の利用者がいることが分かります

繰り返し利用している利用者がいる現金化業者というのは、安心して利用している利用者がいる業者と言えます。

自力で調べる場合口コミの調べ方は悪質な現金化サービスに騙されないためにも大切です。以下の記事を参考にしてクレジットカード現金化サービスの口コミを確認しておきましょう。

「運営会社情報の有無」で現金化業者を比較する

運営会社情報を開示しているケースがありますので紹介していきます。詐欺を行うような悪質業者は会社情報のような「足のつく」情報を残しません。

5つの現金化業者が運営会社の情報を掲載しているかどうか検証していきましょう。

運営会社情報の有無
『おひさまクレジット』 記載なし
『安心くん』 記載なし
『換金クレジット』 記載なし
古物商許可:東京都公安委員会
第303330907865号
『プライムウォレット』 ゴールドスタイル合同会社
沖縄県浦添市伊祖1丁目1番21号
法人番号:第6360003007471号
『クレカ堂』 株式会社ユナイテッド
東京都港区高輪3-25-27
法人番号:第2010401098993号
古物商許可:東京都公安委員会
第301101207220号

『おひさまクレジット』と『安心くん』、『換金クレジット』については、運営会社情報が確認できませんでした。

ただし、前述の通り『おひさまクレジット』と『安心くん』については口コミが存在し、利用者がいることも分かります。

運営会社情報がなくても利用者がいて実際に取引もできているのであれば利用は検討しても良いでしょう

また、『換金クレジット』に関しては運営会社情報の記載がありませんでしたが、古物営業法に基づいて古物許可番号をWebサイト上に記載している法律遵守の姿勢が見える業者となっています

法人情報がないのは恐らく、都内で個人事業の形態で現金化サービスを提供しているものと思われます。

『プライムウォレット』『クレカ堂』については運営元がサイト上に明記されている希少な現金化サービスであり、信頼できると言えるでしょう。

このような会社情報の有無も現金化業者選びでは大切になってくるよ。詳しくは以下の記事をチェック!

「運営年数」で現金化業者を比較してみる

クレジットカード現金化サービスの運営年数をみると2020年現時点で4,5年というケースが多いです。

5つの業者ではどうでしょうか。

運営開始時期
『おひさまクレジット』 2016年11月17日
(2020年8月現時点で約4年)
『安心くん』 2014年4月24日
(2020年8月現時点で約6年)
『換金クレジット』 2016年11月21日
(2020年8月現時点で約4年)
『プライムウォレット』 2017年9月28日
(2020年8月現時点で約3年)
『クレカ堂』 2009年3月18日
(2020年8月現時点で約11年)

このように3~6年程度が多く、一定期間サイトを運営できていることがわかります。『クレカ堂』に関しては老舗現金化サービスと言えるほどの長さであり、長寿と言えるでしょう。

「換金率」でも現金化業者を比較してみる

現金化サービスを選ぶ上で換金率は重要です。以下はサイト上に記載されていた換金率となります。

換金率
『おひさまクレジット』 1万円〜10万円 91%
11万円〜30万円 93%
31万円〜50万円 95%
51万円〜100万円 98%
100万円以上 応相談
『安心くん』 5万円以上30万円未満
:90%(当日) 92%(通常)
30万円以上60万円未満
:93%(当日) 95%(通常)
60万円以上100万円未満
:95%(当日) 98%(通常)
100万円以上:応相談
『換金クレジット』 1万円〜10万円
:91%(当日)92%(通常)
11万円〜50万円
:93%(当日) 94%(通常)
51万円〜100万円
:95%(当日) 96%(通常)
101万円〜200万円
:97%(当日) 98%(通常)
『プライムウォレット』 応相談
『クレカ堂』 応相談

上記の換金率はあくまでも目安ですので上下する可能性があります。そのため、サイト上だけの換金率で比較するのは危険です。やはり事前に現金化業者に電話やメールで確認しておくのが良いでしょう。

クレカ現金化の「方法」の比較

ここまで現金化業者の現金化サービスを中心に紹介してきましたが、現金化する方法は何も現金化サービスだけではありません。

現金化には大きく分けて「現金化業者を利用する方法」と「業者を使わない現金化方法」の2パターンがあります。

以下をご覧ください。

  • 現金化方法1:現金化業者の現金化サービス
  • 現金化方法2:自分でクレジットカード現金化(リサイクルショップ)
  • 現金化方法3:メルカリ・ヤフオクを利用して現金化
  • 現金化方法4:親族・友人・知人のおつかい

現金化方法2~4は「業者を使わない現金化方法」のパターンとなります。

どの方法が良いのかはみなさんの状況にもよりますので、以下の記事を参考にしながら現金化の方法を比較してメリット・デメリットを理解し、自分に合ったものを選んでいきましょう。

クレカ現金化の「換金率」と「手数料」の比較

クレジットカード現金化の方法は理解できたでしょうか。

現金化において重要なのは現金化の方法ではありません。「実際にいくら現金化できて、手元に戻ってきたか」ですよね。

上記の方法でどのくらいの換金率で換金できるのか、どのくらいの手数料がかかって損をするのか、あらかじめ理解しておく必要があります

以下の記事では換金率と手数料のシミュレーションを行いましたのでクレジットカード現金化を比較する際はぜひご覧くださいませ。

まとめ

現金化サービスには様々な業者が存在します。

比較サイトや口コミレビューサイトなどを「参考」にするのもいいですが、一番は「ネットでおすすめ」を信じずに一度は自分の力で調べてみることが安全な現金化への第一歩です。

今回はその比較について紹介してきましたので、これから現金化サービスの利用を検討する方のお役に立てれば幸いです。

ネットから利用できる現金化サービスを利用して手間なく現金化しよう。

スピードワン

カード利用停止になりづらいスピードワンの秘密は、カード決済システム。
海外経由での決済、しかも毎月数十億円の決済の中にスピードワン利用分が紛れますので、カード会社も「現金化利用」と判別できません。
実は、自力で現金化するより、現金化業者を利用したほう利用停止になりづらいって知ってましたか!?安心で選ぶなら、スピードワン一択!
換金率も入金ベースで75~83.3%と業界最高水準。
とにかく入金が早いので、一度相談してみてはいかがでしょうか。

エーキャッシュ

エーキャッシュ安心感は、80%の固定換金率制度。
サイトで入金ベースの換金率を80%と公言し、その通り実行してくれる優良業者です。
そしてエーキャッシュの決済システムも俊逸。
数億円単位の決済の中に「現金化利用分」が紛れ込みますので、利用停止事故0を継続中!
商品の納品もメールなので、非常にお手軽♪
主婦など、家族に内緒の利用では「宅配が届かない」というのは非常に安心感があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました