買い物枠の現金化は厳禁?【やり方と注意点】

 

この記事では買い物枠の現金化について解説しています。

 

「買い物枠」といえば、日々の買い物で利用できるクレジットカードの毎月の利用限度額のことですよね。

買い物枠は「与信」と呼ばれる考え方に基づくもので、現金ではありません。この買い物枠を換金することで現金不足を解消することができるため、一部で人気の方法となっています。

買い物枠は「ショッピング枠」とも言うぞ。ショッピング枠の換金については以下の記事でも解説してるのでチェックだ!

この方法は「クレジットカード現金化」としても有名な行為です。

しかしながら、この買い物の現金化はカード会社によって禁止されています。

本当に禁止されているのか、どのようなやり方で買い物枠が現金化されているのか解説していきます。

買い物枠の現金化は禁止されている

買い物枠を現金化する行為は禁止されています。以下の記事ではクレジットカードの現金化がカード会社の会員規約で禁止されていることについて説明しました。

買い物枠を換金して現金に換える行為は規約違反行為であり、上記の記事で解説するように規約に則りカードの利用停止になる恐れがあります

しかし、このように禁止されてはいるものの、カード会社が会員に対して安易に「クレジットカード現金化を行った」と断定することはできません

クレジットカード現金化は「確実に行った」という立証が難しい行為であるためです。次章ではその理由について解説していきます。

クレジットカード現金化サービスは代行業者しか残らない決済代行業者を利用しているので利用履歴から現金化を悟られにくい。

スピードワン

カード利用停止になりづらいスピードワンの秘密は、カード決済システム。
海外経由での決済、しかも毎月数十億円の決済の中にスピードワン利用分が紛れますので、カード会社も「現金化利用」と判別できません。
実は、自力で現金化するより、現金化業者を利用したほう利用停止になりづらいって知ってましたか!?安心で選ぶなら、スピードワン一択!
換金率も入金ベースで75~83.3%と業界最高水準。
とにかく入金が早いので、一度相談してみてはいかがでしょうか。

エーキャッシュ

エーキャッシュ安心感は、80%の固定換金率制度。
サイトで入金ベースの換金率を80%と公言し、その通り実行してくれる優良業者です。
そしてエーキャッシュの決済システムも俊逸。
数億円単位の決済の中に「現金化利用分」が紛れ込みますので、利用停止事故0を継続中!
商品の納品もメールなので、非常にお手軽♪
主婦など、家族に内緒の利用では「宅配が届かない」というのは非常に安心感があります。

現金化堂

「100%ご成約主義」なので、成約するまで、換金率や送金時間を柔軟に調整してくれる優しい業者。安心感が違います!
・名前・フリガナ・携帯番号・利用額、の4項目を入力するだけで申し込みは完了!
・85%換金率保証
・初回利用で現金プレゼント
など、優良店としてすばらしい運営を行っています。

禁止されてはいるが、現金化をした証拠は残らない

買い物枠の現金化は禁止されていますが、カード会社は「会員が絶対に買い物枠を換金した、規約違反だ」などと断定することはできません

なぜなら、カード会社はカード利用履歴から「購入情報」しかわからないためです。

これは一体どういうことか、まずはクレジットカード現金化(買い物枠現金化)の仕組みから解説します。

クレジットカード現金化の仕組み

クレジットカード現金化の仕組みは極めて簡単であり、買い物枠で購入した商品を換金するというものです。買い物枠を「商品」を介して換金するということもできますね。

現金化をするためには「商品を換金する必要があること」を覚えておいて欲しい。

現金化を確実に探知できる方法がない

これから現金化すると仮定しましょう。まず、買い物枠を現金化するために商品を購入したとします。

この時、当然ながらカード会社には「〇日に〇〇という加盟店でカードを利用した」というカード利用履歴が残ります。

そして、買い物枠の現金化を完了させるために商品を換金するとします。

しかし、カード会社は商品を換金されたことまで知ることができません。カード会社はカード決済で購入された商品がどのように利用されているかなど知る由もないのです。

カード会社が分かるのは「カードを利用した」という事実だけ。

クレジットカード現金化を行った決定的な根拠は存在せず、あくまでも「疑い」のレベルで利用停止などの措置をとっていることになるのだ。

このように、カード会社が現金化行為を完璧に探知できる方法は現時点では存在しないのです。

「換金性の高い商品」の購入で現金化を推測する

買い物枠の現金化に利用される商品はある程度ラインナップが決まっています。例えば、金券類、ブランドアイテム、家電製品などといったものです。

こうした商品がカード会社からは「換金性が高い商品」として扱われているよ。

こうした商品を短期間で同一商品を複数購入したり、一度に大量購入したりと不自然な履歴がある場合にカード会社は現金化を疑うと考えられます。

換金する前提でカードで商品を購入していないか、監視しているわけだね。

しかし、あくまでこれはカード会社の推測に過ぎませんので、カード会社に対して、きちんと購入意図を説明できれば現金化を疑われる心配もありません。

カード会社はクレジットカード違法性を唱えるが・・・

ネット上にはカード会社がクレジットカード現金化の違法性を主張し、クレジットカード現金化行為を厳禁という流れに繋げている記事は多いです。

しかしながら、クレジットカード現金化「行為」の違法性は今のところ法的な立証することはできません。現金化を行っても逮捕される心配はありません。

ただし、現金化行為に法的な問題がなくても、一部の現金化業者には法的な問題があります

気になる現金化の違法性について、詳しくは以下の記事をご覧ください。

買い物枠の現金化の方法と注意すべき点

買い物枠の現金化はカード会社に禁止されてはいるものの、「完璧に現金化をした」と断言することはできませんでしたね。ここからは買い物枠の現金化の方法と注意すべき点について解説します。

買い物枠現金化の方法

買い物枠を現金化する方法には様々な方法がありますが、以下の4種類に分けることができます。

  • 現金化業者の現金化サービス
  • リサイクルショップを利用してクレジットカード現金化
  • メルカリ・ヤフオクを利用して現金化
  • 親族・友人・知人の立て替え

詳しくは以下の記事をご覧ください。

注意すべき点3点

買い物枠を現金化するのであれば以下の点に注意しましょう。

  • 「同一商品で複数回現金化」「一度に商品を大量購入して一気に現金化」といった怪しまれやすい行為は避ける
  • カードを止められた場合、必ずカード会社に連絡
  • 即日現金化は難しい

まず、再三伝えてきたようにカード会社に怪しまれやすい行為は避けましょう。

「このように購入したら履歴に残って不自然になる」と結果を考えてから商品を購入するようにしていくと良いかもしれません。

また、カードを止められたら、必ずカード会社に連絡を取り、以下の記事で紹介する「言い訳(購入意図の説明)」を行ってください。利用停止が撤回される可能性が残っています。

また、即日で現金化するのは難しいです。

多くの方法が「配送」や「振込」を利用するので、2日以上かかる可能性があります。詳しくは以下の記事で解説します。

即日で現金化したい時に使われているのが「現金化サービス」!Web上で手続きをして振込みを待つだけ!

スピードワン

換金率は入金ベースで75~83.3%と業界最高水準。
交渉すればするほど高くしてくれるというウワサの業者さんです^^
カード決済は、海外経由なので利用停止の心配もなし。
高換金率、安心、スピードと三拍子そろった業者はいません。ゲンキンマンいちおしです!

エーキャッシュ

「98%!」とか、あり得ない数字でひきつけ、実際の入金額が70%以下、なんていう業者が多い中、はじめから入金ベースの換金率を80%と公言し、その通り実行してくれる現金化業者はすごく好感が持てます。
自力での現金化は利用停止リスクもあり、手間と時間もかかる。換金率が商品によってバラバラ。エーキャッシュなら商品を買う必要もなく即現金化で8割入金。利用停止の心配もなし。これでも自力で現金化しますか?^^

現金化堂

「100%ご成約主義」なので、成約するまで、換金率や送金時間を柔軟に調整してくれる優しい業者。ある意味、わがまま言い放題です!
85%換金率保証、初回利用で現金プレゼントは基本、交渉次第はそれ以上の条件を引き出せるという、ありえないクレカ現金化業者。
他のサイトと比較しても面白いかもしれません!
・名前・フリガナ・携帯番号・利用額、の4項目を入力するだけで申し込みは完了!
どこよりも簡単な申し込みが評価されています。

まとめ

今回は買い物枠の現金化について解説してきました。禁止されているものの、現金化を確実にしたと見なせる証拠は残りません。

今回紹介した方法と注意すべき点を正しく意識すれば安全に現金化することはできるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました