【クレジットカード現金化は犯罪?】専門家がお答えします

 

この記事ではクレジットカード現金化が犯罪かどうかについて解説しています。

 

クレジットカード現金化はネット上の記事で「犯罪行為」として扱われることが少なくありません

犯罪と知って驚かれる方も多いでしょう。

しかしながら、そのようなネット上の情報では「犯罪に該当します」と断言、啓発するだけで慎重にその内容を検討しているものはあまりありません

ゆえに犯罪と決めつけるには早計でしょう。

そこで今回解説はクレジットカード現金化の犯罪についてわかりやすく、慎重に検討していきたいと思います。

法律の疑問を解消しておこう!

「クレジットカード現金化は本当に犯罪?」

まず、押さえておきたい大前提は以下の3つです。

  • クレジットカード現金化「行為」は犯罪ではない
  • クレジットカード現金化業者の中の一部の悪質業者が犯罪を行っていると見なせる
  • 事例毎に犯罪かどうかしっかり見極める必要がある

まず、クレジットカード現金化行為自体は例外はありますが、犯罪とは言い切れません。こちらについては後述します。

犯罪に該当する可能性があるのはクレジットカード現金化業者のうち、一部の悪質業者です。現金化の犯罪性を考える場合、ほとんどがこのパターンに当てはまります。

つまり「クレジットカード現金化は犯罪」ではなく「クレジットカード現金化のサービスを提供する業者のうち一部の業者が悪質」ということだ。

次章では業者がどのような犯罪に該当する可能性があるのか、その犯罪の種類を考えていきます。

優良で合法な現金化業者を使えば安心なのだ!

スピードワン

換金率は入金ベースで75~83.3%と業界最高水準。
交渉すればするほど高くしてくれるというウワサの業者さんです^^
カード決済は、海外経由なので利用停止の心配もなし。
高換金率、安心、スピードと三拍子そろった業者はいません。ゲンキンマンいちおしです!

エーキャッシュ

「98%!」とか、あり得ない数字でひきつけ、実際の入金額が70%以下、なんていう業者が多い中、はじめから入金ベースの換金率を80%と公言し、その通り実行してくれる現金化業者はすごく好感が持てます。
自力での現金化は利用停止リスクもあり、手間と時間もかかる。換金率が商品によってバラバラ。エーキャッシュなら商品を買う必要もなく即現金化で8割入金。利用停止の心配もなし。これでも自力で現金化しますか?^^

現金化堂

「100%ご成約主義」なので、成約するまで、換金率や送金時間を柔軟に調整してくれる優しい業者。ある意味、わがまま言い放題です!
85%換金率保証、初回利用で現金プレゼントは基本、交渉次第はそれ以上の条件を引き出せるという、ありえないクレカ現金化業者。
他のサイトと比較しても面白いかもしれません!
・名前・フリガナ・携帯番号・利用額、の4項目を入力するだけで申し込みは完了!
どこよりも簡単な申し込みが評価されています。

クレジットカード現金化業者による「犯罪」とは

クレジットカード現金化「業者」が犯している可能性がある犯罪について解説していきます。

もちろんすべての罪を犯しているわけではありません中には以下のような犯罪の要件を満たしている可能性がある業者もいるというだけです。

どのような犯罪があるのか1つずつ見ていきましょう。

「貸金業法違反」

貸金業とは、借入れをサービスとした「貸金業」について定めている法律です。この法律の対象は「業者」であり、利用者ではありません。

クレジットカード現金化は通常、ショッピング利用枠を商品の買取などを通して換金する行為であり、貸金ではありませんよね。

現金化の仕組みについては以下の記事で解説しているよ!

仕組みから考えても貸金ではありませんが、クレジットカード現金化業者は「貸金業」とみなされ、貸金業法が適用される場合があります。

では、どのような場合に適用されるのか。

貸金業法の対象は「金銭の貸付行為」を行う業務を対象としていますので「金銭の交付」と「債務負担」がある場合、貸付行為とみなされてこの貸金業法が適用されます。

クレジットカード現金化業者の中には現金化取引上で、利用者に利用した代金の「換金代金の債務義務」の名目で、利用者が債務を負担することを明確に示すケースがあります

このような場合、金銭の交付(換金代金)と債務(代金の返済)を満たすので、金銭の貸付に該当し、貸金業法が適用されるんだ。

貸金業は「登録制」です。

現金化業者は貸金業の登録を行っていないことがほとんどであるため、貸金業法の「無登録営業(10年以下の懲役もしくは3,000万円以下の罰金)」とみなされる可能性があります。

クレジットカード現金化業者が無登録の貸金業者と見なされてしまうケースがあるんだ。

「出資法違反」

出資法も貸金業法と同様に金銭の貸付けを行う業者を対象とする法律です。この法律も金銭の貸付行為を取り締まっており、先ほどと同じように例外的に現金化業者が対象となるケースがあります。

クレジットカード現金化業者も、金銭の交付(換金代金)と債務(代金の返済)があるので金銭の貸付に該当するのだったね。

この出資法は貸付などを取り締まる法律で、高金利をとる行為を禁止しています。出資法で定める高金利とは「年20%を超える利率を超える利率」のことです。

現金化サービスの中には一度の換金レートが80%を切るものもあり、これを金銭の貸付行為とみなすと年率換算20%を超える高金利となります。

このような高金利は出資法上で認められておらず、刑罰(5年以下の懲役若しくは1000万円以下の罰金)が科せられます。

クレジットカード現金化業者が低いレートで現金化するような行為はこの出資法で禁止されているということだな。

「古物営業法違反」

古物営業法は中古品の買取業務を行う業者を取り締まる法律です。

クレジットカード現金化の方法の中には買取式の現金化方法があり、商品の「買取」と換金を通してカードを現金化するのでこの古物営業法が適用されます。

この買取業務も「免許制」であり、許可なく買取を業務として行った場合、罰則(3年以下の懲役または100万円以下の罰金)が科せられます。

また、ネット上を通して買取式の現金化サービスを提供する場合、許可が交付された際に発行される許可証の番号をWeb上に掲示する義務もあります。

キャッシュバック方式の現金化サービスの場合は関係ないが、買取式の場合には関係がある。

キャッシュバック方式の違法性について解説した記事もあるのでチェック!

「詐欺罪」

これは業者がカード会社に詐欺を行っているとみなせる、というものです。

現金化業者が「現金化目的」であるにもかかわらず、通常の商取引であると装ってカード会社にデータを送付する行為は、虚偽の情報を与えてカード会社に現金化取引の売上を支払わせる行為に等しく、詐欺とみなすことができると考えられています。

ここまで紹介してきた犯罪はすべて机上の空論だ。実際に検挙に移った例はほとんどないので心配はないだろう。

自分のクレカ現金化行為が犯罪に該当する恐れは本当にない?

ここまでは現金化業者が犯罪に該当する可能性があるとして解説してきました。

しかし、現金化する側、つまり、みなさんが犯罪に該当する可能性がないのか不安ですよね。

基本的には犯罪ではありませんが、次のような犯罪に見なされると啓発されているケースがあります

「横領罪」

なぜクレジットカード「横領」となるのか、順を追って解説していきます。

法律上ではカードで購入した商品は、利用代金支払いが済むまでカード会社のものとされており、法律ではこれを「所有権留保」と呼びます

クレジットカード現金化はカード決済で購入した商品を換金することでショッピング利用枠を現金化するよね!

この時、カード決済購入商品を換金すると、カード会社が所有する商品を不正に換金する実質的な「横領罪』」ではないかと考えられることがあるんだ。

しかしながら、現金化でこの所有権留保の問題を引き出すと、カード決済で購入した食べ物などすぐに消費してしまった場合でも「カード会社の所有物を勝手に消費した」とみなせますよね

1つでも所有権留保を認めてしまうと、なんでもかんでも所有権の問題が騒がれてしまう。これではいずれカードを利用する方はいなくなるだろう。

ゆえに所有権留保と横領罪の問題は慎重に議論されるべき問題であり、基本的にはカードでこの所有権留保が問題とされることはないとされています。

そもそも、この所有権留保が問題となるのは、クレジットカード現金化ではなく、カード会社に代金の支払いができない場合です。

そのような場合は支払いが完了せずにカード会員に所有権が移っていない商品カード会社に譲渡することで、支払いを「免責」とします。

所有権留保は元来、このようなケースを想定したものです。実際に過去に現金化行為が横領罪としてみなされたケースは存在していません

ネット上で見かける情報は、あくまでも啓発的な意味合いであり、犯罪と見なすのは早計と考えられます。

犯罪ではないが現金化が明文化されている法律

こちらは犯罪ではありませんが、現金化行為による弊害が明文化されている法律があります。

それが「破産法」です。

破産法とは、万が一の破産の手続きについて定める法律だな。借金を免除してもらう制度となっている法的な救済措置なのだ。

この破産法の第252条では「免責不許可事由」と呼ばれる11個の項目が定められており、この項目を満たすと破産できなくなります

そのうちの1つに「クレジットカード現金化行為」があります。

条文では「破産を遅らせる目的(資金を調達する目的)でクレジットカード現金化行為を行うこと」を禁止している。

クレジットカード現金化をすると破産できなくなる?と心配になってしまった方へ。以下の記事では現金化しても破産できる理由を解説していますのでご安心ください!

少しでもリスクを抑えることができる現金化サービス

クレジットカード現金化の犯罪は業者側が中心です。そのため、みなさんが現金化を行ったからと言って犯罪と見なされるわけではありません

ただし、ここまで解説した来たように業者側が、

  • 「貸金業法違反」
  • 「出資法違反」
  • 「古物営業法違反」
  • 「詐欺罪」

といった犯罪行為を満たす違法業者である可能性があります。そのような業者は利用したくないですよね。

現金化業者が「返済の義務がある」と債務を思わせるような現金化取引を持ち掛けてきた場合、貸付行為とみなされて貸金業法や出資法が適用され、犯罪に該当する可能性がある。

そうした取引がないかは、ホームページ上を確認したり、電話での利用確認することで分かります。

優良業者をまとめたゾ!

クレジットカード現金化は違法業者ではなく、実績のある優良店で行いたい!!

スピードワン

カード利用停止になりづらいスピードワンの秘密は、カード決済システム。
海外経由での決済、しかも毎月数十億円の決済の中にスピードワン利用分が紛れますので、カード会社も「現金化利用」と判別できません。
実は、自力で現金化するより、現金化業者を利用したほう利用停止になりづらいって知ってましたか!?安心で選ぶなら、スピードワン一択!
換金率も入金ベースで75~83.3%と業界最高水準。
とにかく入金が早いので、一度相談してみてはいかがでしょうか。

エーキャッシュ

エーキャッシュ安心感は、80%の固定換金率制度。
サイトで入金ベースの換金率を80%と公言し、その通り実行してくれる優良業者です。
そしてエーキャッシュの決済システムも俊逸。
数億円単位の決済の中に「現金化利用分」が紛れ込みますので、利用停止事故0を継続中!
商品の納品もメールなので、非常にお手軽♪
主婦など、家族に内緒の利用では「宅配が届かない」というのは非常に安心感があります。

現金化堂

「100%ご成約主義」なので、成約するまで、換金率や送金時間を柔軟に調整してくれる優しい業者。安心感が違います!
・名前・フリガナ・携帯番号・利用額、の4項目を入力するだけで申し込みは完了!
・85%換金率保証
・初回利用で現金プレゼント
など、優良店としてすばらしい運営を行っています。

まとめ:すべてが犯罪行為というわけではない

今回は現金化と犯罪について解説してきましたが、すべての現金化業者が犯罪とみなされるわけではありません。

もしそうなら事態は重大で、業者はただちに一斉検挙されてしまうでしょう。

しかし、現実ではそうではありませんよね。クレジットカード現金化は確かにカード会社によく思われない行為ではありますが、「犯罪」とみなすには早計なのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました